就実のキャリア支援の特徴

本学では、「キャリアセンター」「保育・教職支援センター」が学生の就職活動をしっかりサポートします。

キャリアセンター

キャリアセンターでは、就職ガイダンス等の行事開催はもちろん、日々個別にセンターを訪れる学生に対するキャリア相談に応じています。放課後や昼休憩には、多くの学生が個別相談ブースを訪れて様々な相談を行っています。

一人ひとりの個性や希望に応じる個別指導

キャリアセンターは、個人の希望はもちろん、能力や資格、その他の特性を活かし、その学生にとって望ましい職業選択を支援するためのキャリアカウンセリングを実施しています。学生の現状を総合的に分析・判断したうえで、経験豊富なキャリアカウンセラーと教職員が一丸となり、一人ひとりに必要な個別指導をタイミングに応じてきめ細かく行います。

就職内定に向けて着実に導く

学生にとって就職活動は初めての体験であり、大きな試練です。就実では入学時からキャリアガイダンスを実施。また、地元企業の経営者による講義や学内業界研究会、就職マナー講座をはじめ年間約50回以上の就職関連講座など、多彩なプログラムを用意して、学生一人ひとりが自信をもって自分の適性や生き方に合う道を選べるよう、万全の体制でサポートしています。

キャリア支援行事(約50回/年)
就職ガイダンス

自己分析、履歴書の書き方、マナー講座、面接練習など多彩なプログラムで実施される就職ガイダンス。

学内業界研究会

地元企業をはじめ、様々な企業の担当者に来学していただいて開催します。

フォローアップサポート

就職未内定者を対象に、履歴書の書き方のポイント、志望先へのエントリーや訪問の仕方、希望する進路についての相談など、きめ細かく指導しています。

キャリアガイダンス
キャリアデザイン論

膨大なデータと強力なサポート体制

キャリアセンターでは、学生一人ひとりが確実に意思決定できるよう、岡山県内外の企業に関する情報を提供。また、スタッフが各地の企業訪問を重ねるとともに、卒業生との情報交換の場を提供するなど手厚いサポートを実施しています。

きめ細やかな指導と対策講座で合格へ

公務員試験対策をはじめ、様々な資格の取得をサポートするため、各種講座を開講し、資格試験合格へと導きます。

保育・教職支援センター

保育・教職支援センターでは、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校教諭および養護教諭、保育士などの免許状・資格を取得し、採用を目指す学生に向けた支援を行います。教職課程・実習・就職など、あらゆる側面でスタッフが教員と連携しながらしっかりサポート。資格取得後、卒業する学生が希望通りの進路に進めるように、きめ細かく応援していきます。

豊富な情報量

各自治体によって条件や傾向に差がある教員採用試験。長年教育現場で活躍してきた教職のスペシャリストであるスタッフ陣が、常に情報収集を行っています。

模擬試験・学内講座

卒業年次生を中心に、外部からの講師を招いて学内講座を開講したり、模擬試験や面接練習、グループワークを多数実施。3年次秋からは教員採用試験対策講座も開講しています。

卒業生による支援

卒業生を招いた勉強会を実施。在学中の学生にとっては、採用試験の際の服装や持ち物など、他では聞けないようなアドバイスを受けられる場であると同時に、既卒者にとっても、仲間や先生方と、情報交換ができる場になっています。

トップに戻る