就実は自分の夢を全力で応援してくれた

就実は自分の夢を

全力で応援してくれた

2020年度卒
内定先 香川県中学校教諭
学部・学科 人文科学部 表現文化学科
出身校 香川県立香川中央高等学校
閲覧数閲覧数 337
お気に入りいいね数 いいねをする8

内定先を選んだ理由について教えてください。

私は中学1年生の担任の先生との出会いがきっかけで、学校の先生になりたいと思うようになりました。その先生は私たち生徒のことを第一に考えている先生で、いろんな場面で助けてくださいました。私は人前で話すことがあまり得意ではなかったのですが、そういう機会をたくさん作ってもらえたことで、徐々に人前で話せるようになりました。学校行事では、先生なのに生徒と同じくらい全力で楽しんでおられました。その先生が担任だったから中学校生活を楽しく過ごすことができたと思っています。私も先生になって、生徒たちに楽しい学校生活を送ってもらえるように支えたいと思い、教員を目指しました。

就職活動を意識し始めた時期はいつからですか?

大学1年生の時に、「表現文化学科教職課程の会」で先輩の話を聞いてからです。教員採用試験に合格した先輩方が、「私たちのときは情報があまりなかったから、後輩たちには情報を提供したい」ということで開いてくれた会なのです。そこで、採用試験の勉強方法や、ボランティア体験談を教えていただきました。それが就職活動、教員になることを意識したきっかけです。また、これからの大学生活をこういうふうに過ごせばいいんだという指針にもなりました。

就職活動を意識し始めた時期はいつからですか?

教員採用試験に向けてはどうやって勉強をしましたか?

学科内で教員採用試験を受けたのは、私を含めて3人でした。その3人は、何が何でも教員一本でいくんだと、たとえ落ちてもまずは講師として頑張るんだという気持ちで、お互いにモチベーションを高め合いながら勉強に励んでいました。周りに同じ熱量の学生がいたことで、勉強をより頑張れたと思います。
また、ボランティアを始めるようになって、実践的な経験を通じて本物の先生みたいなことがだんだんできるようにもなりました。そうやってコツコツ学んでいくうちに楽しさを感じて、「教員になりたい」という思いが一層強くなっていきました。

採用試験において不安に感じたことはありましたか?

新型コロナウイルスが全国的に感染拡大したことにより大学に通えなくなってしまい、友人たちと集まって試験対策ができない状況になりました。一方で、地元の大学ではまだ大学に通って面接練習ができているというのを聞いて、そういう学生との練習量の差が不安でしたね。いろんな先生にお願いをして、ウェブ会議ツールを使って面接や集団討論の練習をしていただきました。それでも、不安な気持ちはぬぐえませんでした。
そんな中でも試験対策を頑張っていたら、学科の先生が気にかけて様子をちょくちょく見に来てくださって。すごく協力も応援もしてくださっていたので、不安が少し和らぎました。

保育・教職支援センターを利用することはありましたか?

1年生の時からときどきセンターへ相談に行っていました。ふらっと立ち寄ったら、「ようこそ」と言って迎えていただけるんです。先輩が過去に受けた教員採用試験の情報を見せていただいたり、併願するかしないかの相談や、願書の書き方の指導、面接練習をしていただいたりもしました。センターの方にはどんな些細なことでも親身になって一緒に考えいただけたので、とても心強かったです。
私は一度不合格になり、結果的に追加合格になりましたが、悔しさのあまり、号泣しながらセンターに行って話を聞いてもらうなんてこともありました。とにかく、悩み事があったら相談をしていたので、センターの方には本当に頭が上がりません。

教員採用試験に向けてはどうやって勉強をしましたか?
保育・教職支援センターを利用することはありましたか?

採用試験で大切にしたことは何ですか?

教員採用試験に関する情報収集ですね。岡山の大学なのでどの先生も岡山県や市、近隣の広島県などの情報はたくさん持っているのですが、香川や四国の情報となると、どうしてもそれよりも少なくて‥‥‥。保育・教職支援センターの方に情報集めに協力してもらったり、高松にある予備校の無料講座に行ってみたりもしていました。あの手この手で調べました。

これから大学に入学する高校生に伝えたいことはありますか?

私は大学に入学する前から学校の先生になりたいと思っていて、大学生活はその一点だけを目標にして過ごしてきました。ですが4年生になった時に、「あの時ああいう経験をしておけばよかった」と思うことがたくさんあったんです。教員を目指すこととは全く関係のないことでも挑戦しておけばよかったと。もっと旅行に行っておけばよかったし、もっといろんなアルバイトを経験しておけばよかったと思います。
「自分はこの進路だからこれをすべき」と決めて一つのことを極めるのも大切ですが、大学生の時にしかできないこともたくさんあるので、とりあえずいろんなことをやってみてほしいです。

これから大学に入学する高校生に伝えたいことはありますか?

最後に、就職活動を控える在学生に向けてメッセージをお願いします。

教員を目指している方に向けて、ということにはなりますが、4年生になってからだと勉強をする時間がなかなか取れません。例年の流れでは5月、6月に教育実習が入って、教員採用試験が7月頃から始まります。試験間近にもかからず、実習期間中はほとんど勉強ができなくなります。私も経験して初めて実感したところではありますが、3年生の後期あたりから勉強をガツガツやっていかないと間に合わなくなるかもしれません。何事も先回りで始めることが大切だと思います。
採用試験ではこれまでの経験で得たもの、学んだことを最大限に活用して、自分の良さをしっかりアピールしてきてください。

※2021年度より以下の部署名が変わりました。
・キャリアセンター→キャリア支援・開発部
・保育・教職支援センター→保育・教職支援部
トップに戻る