日々の積み重ねがプレッシャーをチカラに変える

日々の積み重ねが

プレッシャーをチカラに変える

2020年度卒
進学先 就実大学大学院 教育学研究科
学部・学科 教育学部 教育心理学科
出身校 香川県立坂出高等学校
閲覧数閲覧数 329
お気に入りいいね数 いいねをする2

大学院への進学を決めた理由について教えてください。

将来、カウンセラーになりたいと思っていたからです。私が目指すカウンセラーになるためには大学院に進学して公認心理師の資格を取る必要があります。そのために大学院への進学を目指しました。就実大学の大学院に入りたいと思ったのは、慣れ親しんだ環境であることと、先輩や先生方の雰囲気が良かったからです。また、実習のカリキュラムが充実していることにも魅力を感じていました。

カウンセラーになろうと思ったのはいつからですか?

中学生の時からですね。カウンセラーを目指すきっかけとなったのは、中学時代に、あるベテランの先生が、私の前でふと弱音とも思える言葉を漏らしたことでした。「こんなベテランの先生でも、悩むことがあるんだ‥‥‥」。そう思った時に、私に悩みを打ち明けてくれたことがなんだか嬉しくて。人が抱える何かしらの悩みを解決するサポートができればと思うようになったんです。

カウンセラーになろうと思ったのはいつからですか?

大学院入試を意識し始めた時期はいつからですか?

大学に入学した時から大学院に進学しようと決めてはいましたが、本気で意識し始めたのは大学3年生の頃です。大学1年生の時から大学院のオープンキャンパスには参加していました。でも、当時から入試に向けてすごく勉強したというわけではなく、1年生や2年生の時は毎日授業もあったのでなかなか受験勉強をすることは難しかったです。3年生になって少し時間的な余裕ができてから入試のことを意識するようになりました。できる対策は早めにしておきたいと思っていたので、授業がない日でも学校に行って勉強していましたね。

大学院入試に向けてはどうやって勉強をしましたか?

大学院に進学した先輩と一緒に勉強をさせてもらいました。もともと、私と同学年の友人が、当時大学院2年生の先輩たちと勉強会を開いていたようで、学科の先生に何から受験勉強をしたらいいのか相談した時に、「勉強会をやっているみたいだから、一緒にやってみては?」と教えていただきました。そこから先輩たちに勉強を教わるようになりました。
オープンキャンパスに参加した時にも先輩にいろいろと質問をしましたね。大学院はどのくらい忙しいですかとか、実習はどこに行きましたか、将来はどこに就職したいですか、とかですね。いろんな話を聞けたことで、受験のモチベーション維持にも繋がりました。先輩や教育心理学科の先生には大変お世話になりました。

大学院入試を振り返ってみてどうでしたか?

入試は、後期の授業が始まってすぐのタイミングで行われました。面接と筆記試験があって、合格発表は約一週間後でした。この秋期入試を逃したら、残りのチャンスは春期入試だけになるので、なんとかここで受かりたいと思って頑張りました。3年生の時からずっと勉強をしてきたのもありますし、早く解放されたいという思いもあったと思います。また、就実大学の大学院ということで先生も知っている方ばかりなので、そこで合格しないわけにはいかないと思って、それがいい意味でプレッシャーになりましたね。
勉強ばかりだとどうしてもしんどくなることがあったので、そういう時は息抜きの時間を確保するようにしました。好きなパン屋さんを巡ってゆっくり過ごしたり、友達と会って話したり。そういう時間があったからこそ勉強を続けられたのだと思います。

大学院入試を意識し始めた時期はいつからですか?
大学院入試を振り返ってみてどうでしたか?

将来的にはどういうところに就職したいですか?

カウンセラーと一口に言っても、医療、教育、福祉などさまざまな分野があるのですが、私はその中でも「医療」の分野に進みたいと思っています。医療の中でも、がんやその他の疾患で病院を訪れる方、またそのご家族のケアをする職に就きたいと考えています。
そういったところを見据えて、大学院入学後は、授業やカウンセリングの場面で自分の意見をしっかりと持てるようになりたいです。また、実習を通じてより実践的なスキルを身に付けていきたいですね。

これから大学に入学する高校生に伝えたいことはありますか?

自分が好きなことや興味のあることにしっかり時間を使ってください。私自身はこの4年間を振り返って、ある程度自分の興味のあることに時間を使えたかなと思っていますが、それでも海外に留学している友人を見ていたら「すごいなぁ」と思ったりもします。私もできれば留学してみたかったなと‥‥‥。
就職・進学についても、高校までは先生の方から一人ひとり進路指導があったりもしますが、大学では自発的に動く必要があります。何もしなければ、ただただ時間が過ぎていくだけ。自分の意志をしっかりと持って、夢に向かって行動してみてください。自分から動けば先生も相談に乗ってくれますし、協力もしてくれます。

これから大学に入学する高校生に伝えたいことはありますか?

最後に、就職活動を控える在学生に向けてメッセージをお願いします。

試験勉強をしている時などに友人の存在の大きさを実感しました。自分と同じ大学院を目指している友人と一緒に勉強したり、情報交換したりしながら、お互いの意識を高め合っていたんです。一人では難しいことも友人とならできるものです。就職活動や受験勉強は、長くてしんどいこともたくさんあると思いますが、友人と励まし合いながら、自分のしたい仕事に就けるよう頑張ってください!

※2021年度より以下の部署名が変わりました。
・キャリアセンター→キャリア支援・開発部
・保育・教職支援センター→保育・教職支援部
トップに戻る