短期大学
幼児教育学科

Topicsトピックス

Introduction学科の紹介

幼児教育学科とは

幼児教育学科では、子どもたちを育む確かな技術と、豊かな心を備えた質の高い保育者を育成します。これまで5000名以上の保育者を輩出してきた実績と伝統があり、2016年度に学科創設50 年(昭和40 年)を迎えました。多くの卒業生が岡山県内外で活躍しており、その中には園長や主任として現役の方も多数いらっしゃいます。本学科では、すべての学生が保育士資格と幼稚園教諭免許状(2種)を取得できます。卒業後の進路決定率は100%を維持しており、全体の8割以上が幼稚園や保育者、施設等に専門就職しています。2010年度からは男女共学となり、本学科からも男性保育士が誕生しています。

Three features幼児教育学科の3つの特徴

トップレベルの保育者養成校

伝統と実績に基づき、確かな実践力が身につくよう全力で応援。例えば、ピアノはレッスン室等が充実しており、小人数クラスで実力に応じた指導が受けられます。ダンボールハウス、首掛け式パネルシアターの制作など、就実ならではの教材も充実。実習(保育所・幼稚園・施設)では、丁寧な事前指導・事後指導があり、実習中のサポートも充実しているので安心して学ぶことができます。

子どもと触れ合いながら
学べる学科

「就実こども園」が近くにあり、授業の空き時間を利用して気軽にボランティアが可能。授業で作った手作り楽器の演奏や、手作りおもちゃを試す機会も。子育て支援イベント『就実やんちゃキッズ』に参加すれば、地域の子育て世帯とコミュニケーションしながら実践的に学ぶことができます。

クラス担任制〜学生生活を
幅広くサポート

安心の少人数クラス担任制。困ったことがあった時にも、気軽に相談できます。卒業後の進路は、キャリアセンターや担任と相談しながら一緒に考えることができます。たとえ卒業後であっても再就職支援やリカレント教育等、サポートが充実しています。

身につく知識・能力

幼稚園教諭二種免許状(卒業と同時に取得)と, 保育士資格の取得が可能でほとんど全員の学生が二資格を取得して卒業します。さらに、福祉の現場で働く人の基礎となる資格として社会福祉主事任用資格も同時に取得可能です。

取得可能な資格

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先

Curriculumカリキュラム

卒業に必要な単位数

卒業に必要な単位数
教養科目10単位,専門教育科目52単位,
以上を含め62単位以上

科目など詳細はこちら

Movie学科紹介ムービー

Faculty list学科教員一覧

澤津 まり子

教授

保育学

  • 学位:

    修士(教育学 )

  • 主要担当科目:

    保育原理、乳児保育、保育所実習

  • 保育の歴史と現状をふまえ、保育の意義と本質を理解し、保育についての基本的概念及び体系的な知識の修得を図り、これらの理解が実践につながる力になることを目指している。保育の専門性に止まらず、人間性の育成も念頭におきながら、将来の反省的実践家を目標にした保育観の構築を図る。

  • 主要業績:

    • 澤津まり子、鎌田雅史、山根薫子「潜在保育士の実態に関する調査研究-離職の要因を探る-」『就実論叢』第45号、2016
    • 澤津まり子、蔵永瞳、藤原真紀、牧里実、山下真須美、山根和枝、光守加奈子、宗田真由美、原田淳弥「実習施設と保育士養成校の協働による保育実習(保育所)の実践Ⅲ-実習日誌におけるエピソード記録を手がかりとして-」、『就実教育実践研究』第8号、2015
    • 澤津まり子、宮本安恵、岡﨑典子、牧野葉子、山根和枝、中島由香、吉永智恵、山根順子、熊代祐子、牧里実「実習施設と保育士養成校の協働による保育実習(保育所)の実践-実習日誌の検討を手がかりにして-」『就実論叢』第43号、2014
    • 澤津まり子、木暮朋佳、芝崎美和、田中卓也編著『保育者への扉』、建帛社、2012
    • 澤津まり子、堤幸一「短期大学保育学生の自己効力感の変化-保育所実習後の自己評価と他者評価(園評価・担当者評価)の関係を通じて-」、『就実教育実践研究』第4巻、2011

小谷 彰吾

教授

教師教育 道徳教育 特別活動 総合的な学習 学校運営・マネジメント 社会教育 生涯教育

  • 学位:

    修士(教育学)

  • 主要担当科目:

    教師論、教育原理、教育行政論、実習指導 他

  • 教育の現状とその背景を理解するとともに、子どもたちの将来、地域や国の未来を拓いていくのが教育であり、またそれは教師の双肩にかかっているのだという自覚と責任、使命感をもって自らを磨き高めようとする学びを展開する。

  • 主要業績:

    • 小谷彰吾 新しい道徳「character education」(品格教育)の実践『道徳教育研究大会』興譲館高等学校 研究紀要 9~18頁 2010"
    • 小谷彰吾『先人の言葉に学ぶよりよい生き方』(地域セミナー向けテキスト) 文部科学省道徳教育推進事業費 全62頁 2015
    • 小谷彰吾『学校設定科目「論語」「人間学」を中心とした道徳的学習の展開』 『教育制度論考』第12号 9~16頁 ひろしま教育制度研究会 2015
    • 小谷彰吾『社会とつながり、集団の質を高める生涯教育講座(課外活動)の研究』~部活動組織を活用した「地域セミナー」の展開と地域コミュニティとしての学校づくり「聴講コース」の実践から~『教育の法規と行政』第1号 1~8頁 岡山大学・大分大学教育行財政学研究室 2015"

土田 耕司

教授

社会福祉学、子ども学、医療社会福祉学

  • 学位:

    修士(医療福祉学)

  • 主要担当科目:

    社会福祉、児童家庭福祉、社会的養護、相談援助 他

  • 子どもの社会は大人の社会の縮図ともいわれます。子どもの問題は、大人の社会に現存する問題と相通ずることを意識し、児童虐待、子どもの貧困、発達障がい、児童養護など、近年ますます高度化・複雑化する子ども・子育て家庭が抱え持つ問題に対して、現代社会が社会福祉に求めている課題を対応できるスキルを身につける。

  • 主要業績:

    • 『医療福祉学総論』日野原重明監修、土田耕司編著、金芳堂、(2017)
    • 土田耕司、「障害者雇用促進法改正の背景に関する考察」『川崎医療短期大学紀要』第37号、(2017)
    • 土田耕司・橋本彩子、「子どもの貧困対策としてスクールソーシャルワークにおけるケースの発見 -学校現場での子どもの貧困の発見-」『川崎医療短期大学紀要 』第36号、(2016)
    • 土田耕司(共著)、『子ども家庭福祉論』黎明書房、(2011)
    • 『医療福祉学の道標』日野原重明監修、土田耕司他編著、金芳堂、(2011)

柴川 敏之

教授

絵画,美術教育

  • 学位:

    教育学修士

  • 主要担当科目:

    図画工作Ⅰ・Ⅱ

  • 子どもの造形表現活動を援助していくためには,保育者自らが想像力・創造力を持つことと,豊かな造形表現の経験が求められる。本授業では,幼児の造形表現指導に必要な基礎的な技能を養うとともに,材料・用具の特質や扱い方を経験し習得する。

  • 主要業績:

    • 「柴川敏之展|2000年後のピラミッド」展,九州芸文館(2014~2015)
    • 「柴川敏之×てんとうむしプロジェクト|2000年後の小学校」展,京都芸術センター(2013)
    • 「東京駅復原工事完成記念展『始発電車を待ちながら』」,東京ステーションギャラリー(2012~2013)

ズビャーギナ 章子

准教授

声楽

  • 学位:

    教育学修士

  • 主要担当科目:

    音楽Ⅰ,Ⅴ

  • ○豊かな発声法の確立と深い表現力を養うための声楽実技レッスンを行う。
    ○教育現場で実践力となる童謡・歌曲のレパートリーを充実させる。
    ○オペレッタを通して子どもたちとの関わりを想定し、創作活動の楽しさを味わう。

  • 主要業績:

    • 「視覚特別支援学校における音楽科教育の現状と課題についての予備調査―授業観察と教員への聞き取り調査を通して」,就実教育実践研究,第11巻(2018)
    • 「ズビャーギナ章子 ソプラノリサイタル」に出演。ムラマツリサイタルホール新大阪(2008)、岡山ルーテル福音教会(2013, 2014, 2016)
    • 「就実こども園園歌」作詞・作曲(2015)
    • 外務省「日本・ドナウ交流年2009~ドナウの流れのように~ズビャーギナ章子ソプラノコンサート」に出演。兵庫県公館・迎賓館(2009)
    • 「第19回アジア国際文化芸術フェスティバル」に出演(優秀賞受賞)。ムラマツリサイタルホール新大阪(2007)

松本 希

准教授

運動生理学

  • 学位:

    博士(健康科学)

  • 主要担当科目:

    幼児体育 健康 表現Ⅰ(身体表現)

  • 幼児期における心身の発育・発達の特徴を理解し, 調和のとれた発達を促すための運動遊びの体験学習を通して, 幼児期に必要な運動遊びのための環境構成の工夫及び指導や援助のあり方を学習する.

  • 主要業績:

    • 松本希・吉岡哲・高原皓全・野瀬由佳・斎藤辰哉・山口英峰・家光素行・髙橋康輝・飯田智行・宮地元彦・小野寺昇,「二次性徴中の女子における月経の有無が動脈スティフネスに及ぼす影響」,『就実教育実践研究』,11巻(2018)
    • 松本希・宮宅健人・澤津まり子,「男性保育者に対する保護者の意識調査」,『就実論叢』,44巻(2015)
    • 松本希・斎藤辰哉・林聡太郎・吉岡哲・山口英峰・山根薫子・小野寺昇,「幼稚園児の習い事と血圧及びカウプ指数の関連性」,『就実教育実践研究』7巻(2014)
    • 松本希・宮地元彦・高橋康輝・安東裕美・小堀浩志・小野寺昇,「生活習慣病危険因子の重複とフィットネスクラブの利用の有無が動脈スティフネスに及ぼす影響」,『岡山体育学研究』,20巻(2013)

鎌田 雅史

准教授

社会心理学,教育心理学

  • 学位:

    博士(学術)

  • 主要担当科目:

    教育心理学,保育の心理学Ⅰ,心理学ほか

  • 受講生が,心理学を身近な学問として捉え,生活に適用していくことができるような講義を目指している。特に,心理学の視点から,受講生が,子ども一人一人の多様性を理解し,それを教育実践に役立てることができるような講義を目標としている。

  • 主要業績:

    • 鎌田雅史・西山 久子・迫田 裕子, 「学校における教育相談定着化に向けた上方向の影響方略の有効性」,『心理学研究』,88巻(2017)
    • 鎌田雅史,「勢力と地位」, (2017) 坂田桐子(編), 『社会心理学におけるリーダーシップ研究のパースペクティブⅡ』, ナカニシヤ出版
    • 鎌田雅史「キャリア教育の組織と推進」, (2016), 小泉令三・古川雅文・西山 久子 (偏), 『キーワード キャリア教育: 生涯にわたる生き方教育の理解と実践』,  北大路書房
    • 鎌田雅史・淵上克義「児童の社会的勢力認知と影響戦術使用の循環的関連に関する研究」,『心理学研究』,81巻(2010)
    • 鎌田雅史・淵上克義「影響戦術スタイルが友人からのサポート入手可能性に及ぼす影響」,『心理学研究』,78巻(2007)

秋山 真理子

講師

音楽教育

  • 学位:

    文学修士

  • 主要担当科目:

    音楽ⅡⅢⅥⅦ(器楽) 表現Ⅱ(音楽表現) 教育方法論 他

  • ・音楽(器楽)においては、学生のピアノ演奏の力、特に子どもの歌の弾き歌いや伴奏の能力を向上させ、保育現場での即戦力になれるように指導している。
    ・表現Ⅱでは、幼児を取り巻く音楽活動について実践的な指導をおこない、保育の場での音楽活動を形成する基礎的能力を会得させる。
    ・教育方法論では、理論と実践を通して、幼児期にふさわしい教育・保育についての理解を深める指導をおこなっている。

  • 主要業績:

    • 秋山真理子「幼児期の表現教育」『就実教育実践研究』第11巻 pp.1-9 (2018)
    • 秋山真理子・田中誠「弘田龍太郎研究 -故郷安芸市を訪ねて-」『就実論叢』第47号 pp.143-156(2017)
    • 秋山真理子「幼児期における表現教育 -ゆかり文化幼稚園を訪問して」『就実教育実践研究』第10巻 pp.153-164(2017)
    • 「デュオとソロの楽しみ」(2017)岡山県立美術館ホール
    • 「緑のそよ風コンサート」(2013)岡山シンフォニーホールイベントホール

小川 則子

講師

音楽教育

  • 学位:

    芸術学士

  • 主要担当科目:

    音楽Ⅱ,Ⅲ,Ⅵ,Ⅶ(器楽)

  • ・学生個人のレベルに応じて、ピアノ奏法の基礎的トレーニングを行い、保育現場での即戦力になれるように、コード伴奏法、弾き歌い、即興演奏等指導している。
    ・ピアノ演奏を通してさまざまな楽曲に取りくみ、表現力を向上させ、演奏の楽しみを体感させ、実習に於ける音楽活動や音楽指導を行うための技術を会得させる。

  • 主要業績:

    • ホテルグランヴィアに於いて招待コーラス演奏の伴奏(2006)
    • カルチャーホテルに於いてバイオリン伴奏(2007)
    • 第7回チャリティーコンサートにてピアノ連弾・バイオリン伴奏(2008)
    • 第8回チャリティーコンサートにてピアノ連弾・バイオリン伴奏(2009)
    • 第10回チャリティーコンサートにてピアノ独奏(2010)

荊木 まき子

講師

臨床心理学,教育心理学,コミュニティ心理学

  • 学位:

    博士(学校教育学)

  • 主要担当科目:

    教育相談,家庭支援論,実習指導

  • 現在の保育現場は,多様で複雑な背景を抱えた子どもや保護者に対応出来る保育者が求められている。そのため受講生に対しては,多様な人々に柔軟に対応できる「話を聞く技術(才能)」やその心構えを養うことを目指している。また困難な課題に対応するために,子育て支援や保育現場のなかで,様々な専門家や関係する人たちと協働して,子どもや保護者の支援が出来る保育者としての素養をつちかう。

  • 主要業績:

    • 荊木まき子 (2016)「企画特集:コミュニティへの入り方 スクールカウンセラーから見た学校」コミュニティ心理学研究,20(1), 6-10頁.
    • 荊木まき子・森田英嗣・鈴木薫 (2015)「多職種連携教育における「模擬ケース会議」の可能性―教員養成課程における可能性―」『大阪教育大学紀要Ⅳ教育科学』 第64巻1号,231-252頁.
    • 荊木まき子・杉本伸一・淵上克義・安藤美華代(2015)「小学校教務主任のリーダーシップによる協働的職場風土構築に関する研究―SCAT法による質的分析―」 兵庫教育大学連合大学院 教育実践学論集 第16号, 23-35頁.
    • 荊木まき子(2015)「学校児童・生徒支援体制構築の背景とその方略-スクールカウンセラー協働先進校教員面接からの一考察-」『応用教育心理学研究』 第31巻2号,3-16頁.
    • 荊木まき子・森田英嗣(2012)「ある小学校低学年クラスの崩壊危機への協働プログラム介入―協働困難な教員との協働過程について―」 『コミュニティ心理学研究』 第16巻1号,65-78頁.

伊藤 優

講師

幼児教育学、保育学

  • 学位:

    博士(教育学)

  • 主要担当科目:

    教育課程論

  • 乳幼児保育における長期的見通し、指導計画の重要性と計画の作成方法及び、それらの土台となる保育に関する認識について、総合的に検討する。また、保育に関する記録の方法や、記録を用いた実践の改善方法といった、子ども理解や保育の見直しのプロセスについて理解を深め、子どもの実態に即した保育を計画し、実践していくための能力を培う。

  • 主要業績:

    • 伊藤優(2018)「第13章 3・4・5歳児の保育内容」中村恵・水田聖一・生田貞子編著『新・保育実践を支える 保育内容総論』福村出版, pp.166-181
    • 伊藤優・山本奈美・伊藤圭子(2018)「中学校家庭科の「幼児とのふれあい体験学習」における教師の危険意識に関する検討」『就実論叢』第47号, pp.125-131
    • 伊藤優(2017)「乳児に対する保育士と保護者の連絡帳を用いた連携の様相―「食事の連絡帳」のやりとりの分析から―」『日本保育学研究』第55巻, pp.33-45
    • 伊藤優(2017)「「食事の連絡帳」を媒介とした保育者による保護者支援 ―遊び食べや好き嫌いが激しい1歳半の男児Yの事例から―」『日本家政学会誌』第68巻11号, pp.609-620
    • 伊藤優(2017)「乳児の食事改善における連絡帳の役割―保護者の意識に焦点を当てて―」『小児保健研究』第76巻1号, pp.86-92

幼児教育学科アーカイブサイトはこちら