経営学部
経営学科

Introduction学科の紹介

経営学科とは

Think Globally, Act Locally.
マーケティングや会計などの経営学の専門知識に加えて、充実した英語教育と、留学プログラムもしくは長期インターンシップを経験していきます。さらに4年間の少人数ゼミナールなどのきめ細やかな指導によって、世界と地域に精通した「グローカル」な人材を育てます。

Three features経営学科の3つの特徴

4年間を通じた少人数ゼミナール

教員1人あたりの学生数は、1学年につき5.3人、4学年全体でも21.3人。女性教員比率も31%。初年次ゼミから卒業研究にいたる4年間、親しみやすく、一人ひとりに目の届くきめ細やかな指導の下で、多様な専門分野を追求します(2017年4月時点)。

4ヶ月の留学と
インターンシップ

2年次には4ヶ月の留学、または長期インターンシップに参加します。留学先はアジアのトップスクールや欧米の名門校など9ヵ国・地域13大学。いわゆる語学留学だけでなく、海外の経営学を本格的に学びます。インターンシップの提携先は岡山県内の64企業・団体。15週間に渡る長期の実習プログラムを通じて、実践的な経営と経済について学びます(2017年4月時点)。

使える英語を身につける
英語学習プログラム

週4回のネイティブの教員による英語講義を基本としながら、ICTを活用した充実の学修支援でもって、英語の実力を伸ばしていきます。また、国内外の著名人や海外の客員教員による講義など、英語に関わる世界を広げる機会を提供します。

身につく知識・能力

  • 海外でのビジネスやグローバル展開を担う語学力と経営学の専門知識。
  • 地域の企業の経営や自治体の運営を支え、将来における発展を担う経営学の専門知識と、行動力や決断力といったリーダーシップ。
  • 世代や価値観の違いを超えて人々と交流し、実践の中で互いに協力し合う関係を築くコミュニケーション能力。

取得可能な資格

  • 社会調査士
  • 日本医師会認定医療秘書資格
  • 社会福祉主事任用資格

主な就職先

Curriculumカリキュラム

卒業に必要な単位数

総合教育科目20単位、外国語教育科目8単位(GBMコースは12単位)、専門教育科目82単位、以上を含め合計124単位

科目など詳細はこちら

Movie学科紹介ムービー

Faculty list学科教員一覧

大﨑 泰正

教授

マクロ経済学、地域経済学、計量経済学

  • 学位:

    経済学士

  • 主要担当科目:

    マクロ経済学

  • マクロ経済学は、景気変動や物価、雇用など一国の経済全体の動きを決定するメカニズムを分析する学問です。これを日本経済・世界経済の最新のトピックや身近な地域経済の動向と関連させながら学ぶことにより、経済の動きを理解するうえで必要不可欠な知識や経済学的な考え方を身につけます。さらにマクロ経済に関する様々なデータの見方や基本的な分析手法を修得します。

  • 主要業績:

    • 『平成の大合併と地域社会の再編・活性化-岡山県の事例』(共著)明文書房(2008)。
    • 「岡山・倉敷都市圏における今後の整備課題について- その課題と発展方策について - ツインシティーズ岡山・倉敷中枢拠点都市圏構想 」中国経済連合会(2002)。
    • 「世界同時不況に揺れる岡山県経済」『金融ジャーナル』3月号(2009)
    • 「産学官民連携で新展開をめざす津山市の工業」『季刊 中国研究』第12巻第1号,pp. 9-14(2008)。
    • 「地域産業の基礎を作った人々(第6回)-山田方谷の藩政改革と産業振興:事の外に立ちて事の内に屈せず」日経研月報第419号,pp. 34-38(2013)。

三枝 省三

教授

経営学、技術経営

  • 学位:

    博士(工学)

  • 主要担当科目:

    思考発想学

  • 日本はグローバルの大きな波の中にあり、より本質的な力強さが求められている。それを実現するのがイノベーションであり、新産業の創出である。そのマネジメントの基礎を学習する。同時に企業は社会人基礎力を強く欲しており、事例の無い課題に対して自分から解決策を案出する行動力が今ほど必要な時期はない。これらを発案する考え方(発想学)を学び、グループワークなどを通して身に着ける。

  • 主要業績:

    • “Development of a Whole Body Motion Support Type Mobile Suit and Evaluation of Cerebral Activity Corresponding to the Cortical Motor Areas”(共著), Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 7, No. 1, pp. 82-94 (2013). 【査読付】
    • “Development of a Guide-Dog Robot: Human-Robot Interface Considering Walking Conditions for a Visually Handicapped Person”(共著), Microsystem Technologies, Vol. 17, No. 5, pp. 1169-1174 (2011). 【査読付】
    • “Development of a Guide-Dog Robot: Leading and Recognizing a Visually-Handicapped Person Using a LRF” (共著), Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 4, No. 1, pp. 194-205 (2010). 【査読付】
    • 「磁気ディスク装置用 ヘッド支持機構の流体起因振動」(共著)『日本機械学会論文集』(C編)第73巻第731号,pp. 84-89(2007)。【査読付】
    • 「マイクロ熱アクチュエータによる浮上量調整スライダを搭載した磁気ディスク装置の開発」『日本機械学会論文集』(C編)第72巻第718号, pp. 1936-1942 (2006). 【査読付】

杉山 慎策

教授

マーケティング戦略論

  • 学位:

    経済学士

  • 主要担当科目:

    マーケティング戦略論

  • マーケティングは価値創造の基本です。良いモノづくりとマーケティングを統合させることで日本企業はもっと強くなれると考えています。また、その企業を率いるリーダーの在り方についても、講義の中では議論をしていきます。

  • 主要業績:

    • 『日本ジーンズ物語』吉備人出版(2009)。
    • 『愛しのイギリス』日本経済新聞社(1994)。

谷口 憲治

教授

農業経済学

  • 学位:

    博士(農学)

  • 主要担当科目:

    農業経済学

  • 私達が豊かな生活をするために食料確保と良い環境と文化の保全等が重要で、これらの機能を果たしているのが農業です。日本は、世界でも最も温暖な自然環境に恵まれており、この地域資源を活かすことは、限られた地球資源の有効活用のためにも不可欠です。こうした視点から日本およびアジアを中心とした世界の農業・農村の実情とそこにおける課題の解決策について考えていきます。

  • 主要業績:

    • 「中国における農村小額金融組織の扶貧機能と展開条件」(共著)『農業生産技術管理学会誌』第19巻第4号,pp. 125-133(2013)【査読付】。
    • 「小規模農業ネットワーク化による地域経済発展システム」高橋編『「農」の付加価値を高める六次産業化の実践』筑波書房,pp. 123-132 (2013)。
    • 「資源循環型の地域づくり」井口・桝潟編『地域自給のネットワーク』コモンズ,pp. 134-154(2013)。
    • 『中山間地域農村発展論』(編著)農林統計協会(2012)。
    • 『中山間地域農村経営論』農林統計協会(2009)。

野本 明成

教授

マーケティング・リサーチ入門

  • 学位:

    経済学修士

  • 主要担当科目:

    マーケティング・リサーチ入門

  • マーケティング・リサーチはマーケティングに関わる多様な問題を解決する方向を示すことであるとともに、調査方法およびそれに伴う問題を理解することである。講義を通じて、これらの理解を深めていく。

  • 主要業績:

    • 「地域ブランド構築についての一考察-マーケティングの視点から」『市場史研究』第30号, pp.34-52(2011)。
    • 「地域ブランド創出プロジェクト―滋賀県の綿織物技術とデザイン・伝統工芸を生かして―その2」(共著)『滋賀大学産業共同研究センター』第10号, pp.84-90(2011)。
    • 「社会科学系産学官連携についての一考察―技術形成(MOT)の視点から―」『彦根論叢』第358巻,pp. 67-79 (2006)。

林 俊克

教授

データサイエンス入門

  • 学位:

    博士(薬学)

  • 主要担当科目:

    データサイエンス入門

  • ビジネスに関連した種々の量的・質的データを解析し社会に役立つインテリジェンスとしてアウトプットする基礎的・実用的技術を身につけることを意図して、データサイエンスを駆使したマーケティング・リサーチ、消費者行動リサーチについて平易にわかりやすく解説・指導する。

  • 主要業績:

    • 『すぐできる! 誰でもわかる! アクティブ・ラーニング―フューチャー・セッションでらくらく実践! ―』 (吉備人出版)
    • 『ええ、会議が楽しいですが、なにか?―フューチャーセッションが会議を変える!』 (海文堂)
    • 『JMPによる多変量データ活用術』 (海文堂)
    • 『JMPによる統計解析入門』 (オーム社)
    • 『Excelで学ぶテキストマイニング入門』 (オーム社)

日置 弘一郎

教授

 

  • 学位:

    博士(経済学)

  • 主要担当科目:

    企業と社会

  •  

  • 主要業績:

    •  

江 向華

准教授

経営戦略論

  • 学位:

    修士(経済学)

  • 主要担当科目:

    経営戦略論

  • 経営戦略論は, 経営学の中でも主要なトピックの1 つであり,企業の外部のマネジメントの問題を扱う科目である。例えば,企業がいかに競争優位を構築するのか(事業戦略)。あるいは,企業がいかに事業領域を選択するのか(全社戦略)。このような疑問からスタートして,その背後の理論だけではなく,経営戦略論の手法や課題を学びます。

  • 主要業績:

    • 「中国巨大製造企業の成長過程に関する一考察」『アジア市場経済学会年報』第19号,pp.61-71,(2017)【査読付】。
    • 『中国大企業の競争力分析』中央経済社 (2016)
    • 「イノベーションを実現するプロダクト・チャンピオン―先行研究の課題と今後の方向性―」(共著)『マネジメント研究』第14号,pp. 93-103(2013)。【査読付】
    • 「中国企業の戦略とパフォーマンスに対する一考察」『マネジメント研究』第11号,pp-1-10(2011)。
    • 「中国製造業大企業の戦略と組織構造–その現状と国際比較」『経済論叢』181(3), pp.267-284 ,(2008)

真田 正次

准教授

企業財務分析論

  • 学位:

    博士(経済学)

  • 主要担当科目:

    企業財務分析論

  • 会計は、企業の経済的活動を一定のルールに従って描写するツールです。現在、会計に関する知識は社会人とりわけ企業人の一般的常識となっています。「企業財務分析論」では、会計情報を用いた企業分析の基礎理論、基本的知識および分析手法について学習していきます。授業では、実際の企業の財務諸表の数値を使って学生にさまざまな指標を算出してもらい、時系列あるいは他社との比較を行います。

  • 主要業績:

    • 真田正次「国際会計基準審議会(IASB)の組織的正統性―新制度派組織論の視点から―」『就実経営研究』第1号,pp. 13-30(2016)。
    • 真田正次「グローバル会計基準の正統性と言説としての原則主義」『会計プログレス』第14号,pp. 14-25(2013)。
    • 真田正次「グローバル会計基準の正統性と会計基準設定主体の組織化に関する一考察」『会計プログレス』第13号,pp. 15-28(2012)。

八巻 惠子

准教授

ホスピタリティ入門

  • 学位:

    博士(文学)

  • 主要担当科目:

    ホスピタリティ入門

  • 先進諸国の経済においては,(広義の)サービス産業のウェイトが拡大を続けている。日本においては,実質GDPと雇用のそれぞれ約7割をサービス産業が担っている。このようなサービス経済化を反映して,広くサービス産業とグローバル社会について理解を深めながら,サービス・ビジネスやサービスの仕事について考えてみる。具体的には観光産業やホスピタリティの仕事を中心に学ぶ。

  • 主要業績:

    • “Airline Culture: International Flight Attendant Service Design.”Nakamaki,H., Hioki,K. Mutsui,I., & Takeuchi, Y.(eds.) Enterprise as an Instrument of Civilization: An Anthropological Approach to Business Administration. pp.169-185, Springer, Tokyo,(2015).
    • 八巻惠子「職場のつきあい」市川秀之、中野紀和、篠原亨、常光徹、福田アジオ編『はじめて学ぶ民俗学』pp.208-216、ミネルヴァ書房(2015)。
    • “The Anthropology of Business and Administration in Japan.”McCreery, J.との共同執筆。Sunderland, P.L. & Denny, R.M. (eds.) Handbook of Business Anthropology. pp.266-283, Routledge (2015). 
    • 八巻惠子『連携による価値創造』広島大学マネジメント研究センター編(村松潤一,佐伯健司,中村友哉との共編著)白桃出版(2014)。
    • 八巻惠子『国際線客室乗務員の仕事―サービスの経営人類学』東方出版(2013)。

    その他の業績はresearchmapの研究者情報

青山 允隆

講師

商業学入門

  • 学位:

    修士(商学)

  • 主要担当科目:

    商業学入門

  • 企業が市場に向けて行う活動のことをマーケティング活動といいますが、そのマーケティング活動の中でも、どのように商品を消費者の手元まで届けるのかについて学びます。

  • 主要業績:

    • 「水平的な関係と企業間市場志向性―鱧のブランド化を事例として―」『徳山大学総合研究所紀要』第36号, pp1-8(2014)。
    • 「企業間市場志向性研究の現状と課題」『徳山大学論叢』第74号,pp. 59-68(2012)。
    • 「戦略タイプに適合的な市場志向性についての理論的な検討」『一橋研究』第35巻第1号,pp. 17-34(2010)。
    • 「固定的な取引関係下でのライセンス戦略」『一橋研究』第34巻第3号,pp. 19-32(2009)。
    • 「製法転換期のクロル・アルカリ産業における利益獲得戦略」『一橋研究』第33巻第3,4合併号,pp. 13-28(2009)。

大倉 健

講師

経営史入門

  • 学位:

    修士(商学)

  • 主要担当科目:

    経営史入門

  • ビジネスにはさまざまな活動が関係し、それらをスムーズに連動できなければコストが膨らんで損失が出たり、手にできたかもしれない売上を逃すことになります。経営史入門では、ビジネスにどのような活動が関係し、それぞれどのような要求を満たす必要があるのか、どうすればそれらの異質な活動を全体として連動させることができるのかといった問題について具体的に考え、効率的で効果的なビジネスシステムを構築する方法について議論したいと思います。

  • 主要業績:

    • 「本業成熟化への対応と企業戦略の迷走」『一橋研究』第34巻第2号,pp. 31-46(2009)。
    • 「荏原製作所―内部循環型流動層技術の開発」『IIRケーススタディ』CASE#09-13,pp. 1-42(2009)。
    • 「トップマネジメントのデモグラフィ改編に関する一考察」『一橋研究』第35巻第2号,pp. 19-32(2010)。
    • 「技術変化と補完的資産―発展初期段階における新規技術と企業戦略」『一橋研究』第36巻第1号,pp. 1-27(2011)。

加賀美 太記

講師

経営学入門

  • 学位:

    博士(経済学)

  • 主要担当科目:

    経営学入門

  • 高校までで触れる機会の少ない世界の1つがビジネスの世界です。しかし、現実のイメージなくして、理論を学ぶことは困難です。「経営学入門」では、経営学を学ぶにあたって必要となるビジネスのイメージを豊富化するために、複数の産業ごとに日本と世界の代表的な企業を紹介します。また、そうした企業の経営活動を素材にして、経営学の各分野の基礎や役割を学びます。

  • 主要業績:

    • 「台湾ICT企業の国際マーケティングと製品戦略」『商品開発・管理学会第20回全国大会講演・論文集』(2013)
    • 「中小企業の成長戦略とマーケティングの役割―第一ビニール株式会社の家庭園芸用品市場戦略を事例として―」上総・中沢編『経営革新から地域経済活性化へ』京都大学学術出版会,pp. 277-296(2012)。
    • 「地域中小企業における関係志向のマーケティング戦略と浸透過程―福井キャノン事務機株式会社を事例として―」『ふくい地域経済研究』第12号,pp. 33-47(2011)。【査読付】
    • 「新事業展開とマーケティング能力の構築―地域中小企業『アイテック社』を事例として―」『ふくい地域経済研究』第10号,pp. 43-55(2010)。【査読付】
    • 「技術優位にもとづく長期継続的なOEM供給に関する考察―キャノンにおけるLBPのOEM供給を事例として―」『流通』第24号,pp. 37-49(2009)。【査読付】

鈴木 新

講師

管理会計

  • 学位:

    博士(経営学)

  • 主要担当科目:

    管理会計

  • 管理会計はマネジメントを支援する会計です。簿記は、会社の活動を金額で記録・整理する技術です。会社の財政状態や、もうけが出たかどうかを知ることなどに有用です。原価計算は、会社が製品やサービスを生み出すのにかけた金額を明らかにすることで、管理会計と簿記の両方に役立ちます。

  • 主要業績:

    • 「原価改善と原価企画の実践における連携―製造業3社の事例から―」(共著)『原価計算研究』第37巻第1号,pp. 40-52(2013)。【査読付き】
    • 「制度的思考による原価企画研究の意義」『社会関連会計研究』第24号,pp. 41-51(2012)。【査読付き】
    • 「バリューエンジニアリングの正当性―原価企画の社会学的分析に向けて―」『メルコ管理会計研究』第4号,pp. 13-22(2011)。【査読付き】
    • 「社会学的新制度論を用いた会計研究の理論的変遷」『社会関連会計研究』第21号,pp. 53-64(2009)。【査読付き】
    • 「学際的会計研究の軌跡―Accounting, Organizations and Society, 1976-1985―」(共著)『国民経済雑誌』第198巻第5号,pp. 47-61(2008)。

三浦 紗綾子

講師

経営戦略論入門

  • 学位:

    博士(商学)

  • 主要担当科目:

    経営戦略論入門

  • なぜ、ある企業は儲かっていて、ある別の企業はそうではないのでしょうか。少し考えてみてください。現実は複雑すぎて、その答えにたどり着くのは難しいと皆さんは思うかもしれません。確かにそれは難しい問題ですが、経営戦略論は、その答えにたどり着くための思考方法(考え方)を教えてくれます。

  • 主要業績:

    • ”Component Sharing Across Product Categories Leads to Functional Diversification: Evidence from the Japanese Digital Products Market,” Asiatische Studien – Etudes Asiatiques, vol. 70, no. 1, 2016, pp.75-88.【査読有り】.
    • 「多様な部品共有戦略が見られる市場での成果-競合企業の戦略の影響-」『経営戦略研究』No.15,2015,pp.35-50.【査読有り】.
    • 「部品システム共有効果の統合的理解」『商品研究』Vol.59,No.1-2,2014,pp.1-15.【査読有り】.
    • 三浦紗綾子「靴産業の小売業態別市場規模の推計」『日本企業研究センター ワーキングペーパーシリーズ』No.201,2015,pp.1-16.
    • 三浦紗綾子・清水洋 「パナソニックモノリシック2波長高出力半導体レーザーの開発-キャッシュカウを育てる成熟市場での戦略-」『一橋ビジネスレビュー』Vol.62,No.2,2014,pp.130-144.

    その他の業績はresearchmapの研究者情報

寺前 俊孝

講師

 

  • 学位:

    博士(経営学)

  • 主要担当科目:

    マーケティング入門

  •  

  • 主要業績:

    • 寺前俊孝・仲川直毅(共著)「知多牛(響)の銘柄化に関する研究―愛知県酪農農業協同組合の取り組みを中心に―」『三重法経』第150号,三重短期大学法経学会,pp.37-51(2018)
    • 「マーケティング戦略における創発的側面に関する研究―有限会社宇田ミート、三起商行株式会社の海外展開の取り組みの事例を中心に―」『名城論叢』第18巻第2・3合併号,名城大学経済経営学会,pp.111-130(2017)
    • 「経営戦略の考え方」今井仁・宮崎信二・岸川典昭(編)『新版経営から視る現代経営』,文真堂,pp.193-207(2014)
    • 「資源ベース理論からダイナミック・ケイパビリティ理論へ」『名城論叢』第14巻4号,pp.13-28(2014)
    • 「SCMのルーツから見た再定義」『名城論叢』第11巻第3号,pp.43-65(2010)