教育学部

2019年 
教育学部が新しくなります!

2019年度より、教育学部はさらにパワーアップして新スタート!
教育心理学科では、養護教諭と認定心理士に加え、新しい国家資格である「公認心理師」の養成への対応を始めています。
また、初等教育学科は、これまでの保・幼・小に加え、特別支援学校教諭の免許取得が可能となります(申請中)*。 詳細は各学科のページへ。

*2019年度入学生より、教育心理学科で特別支援学校教諭免許状を取得することはできなくなります。

教育学部とは

教育学部は、教育の「教え導く」側面を追究する初等教育学科と、「支えケアする」側面を追究する教育心理学科の2学科で構成されています。今、教育現場では、子どもたちの幸せを第一に考え、さまざまな課題に果敢に取り組む人材が求められています。本学部では豊かな人間性に加えて、教育現場が求める専門性と実践力を備えた教育者の育成を目指すとともに、広く社会や地域に貢献する学生活動を支援しています。

教育学部3 ポリシー

主な学修成果

【初等教育学科】

それぞれの学生の目標に応じて、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格等を取得できます。子どもの学ぶ意欲を喚起し、どこまでも力を伸ばすような指導実践の理論とスキルを身につけるだけでなく、様々な経験を積んで教師としての豊かな人間性を育んでいきます。

【教育心理学科】

それぞれの学生の目標に応じて、公認心理師受験資格(大学院までの6年課程)、認定心理士申請資格、養護教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状等を取得できます。子どもの発達や適応、動機づけ、教育相談、カウンセリングなど、教育の場における心理や行動について学び、カウンセリングマインドを身につけていきます。

※H31年度から、特別支援学校教諭一種免許状の取得課程を教育心理学科から初等教育学科へ移設予定