教育学部

人材育成の目標

現代における教育の諸問題の解決と子供の健全育成に寄与するため、去華就実・実地有用の教育理念の下、教育実践、健康、人間関係形成に関する専門的知識・技能を教授するとともに誠実で豊かな人間性を育て、受容し、教え、支え、ケアすることに専門性と実践力を発揮できる教育者・心理師(士)を養成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

教育学部は、去華就実の教育基本理念の下、全学のディプロマ・ポリシーを踏まえた上で、次のような人材を養成する。

  1. 子供への教育・支援を担う者としての土台となる、広く豊かな教養と経験を有している
  2. 子供への教育・支援を担う者に必要とされる、確かな知識と技能を取得し、専門性を有している
  3. 子供への教育・支援を担う者に必要とされる、使命感、向上心、チームで協働する態度等の豊かな情操を有している
  4. 修得した知識や技術を、実際の教育現場等に活かし、さらに課題を見つけ自ら解決する実践力や応用力を有している
  5. 子供への教育・支援に関わる地域の課題の解決に向けて努力することができる

これらの資質能力を身につけ、各学科が設けた人材像に値すると判断される学生に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

教育学部の教育目的に基づき、次の方針に沿って教育課程を編成し教育を実践する。

    1.教育内容
  1. 低学年次では、人間性の涵養を促す教養教育や大学への適応・学修スキルを修得させる初年次教育を重視する
  2. 専門教育においては、学部教育の統一性確保のためコアとなる学部共通必修科目を置き、また学科の専門性確保のため学科必修科目を置く
  3. 専門教育科目の年次配当では、1 年次に教職への課題意識と志向動機を高める教員養成の基礎導入教育科目と基礎理論科目を配置し、2・3 年次に専門的知識・技能を高める教育内容・方法に関する講義・演習科目を置き、これを踏まえて3年次に応用力・実践力の修得をはかる実習等の実践的学修へと発展させる。3・4 年次に問題意識の深化と発展、課題解決能力の伸展をはかるゼミナール、4 年次に学修成果をまとめる卒業研究を配置する
  4. 高学年次では、教職キャリアへの総括的ガイダンスとして教職研究、教職課程のまとめとして教職実践演習を置く
  5. 授業形態は、講義を基本とするが、実践力・応用力の育成を図るため、能動的学修型・学生参加型の授業を積極的に取り入れるとともに、演習・実習・実技の科目を充実させる
  6. 専門分野の深まりとともに視野の広がりを図るため、隣接専門分野の科目や他学科の関連分野の科目の受講を促すとともに、学部学科主催講演会等の行事・事業への積極的な参加を促す
  7. 大学の地域貢献機能を理解させ、実践力・応用力の向上や協働精神・奉仕精神を身につけさせるため、学園併設校である就実小学校や附属園である就実こども園、附属施設である就実教育実践研究センターや就実大学心理教育相談室、学内学会の諸事業への積極的な参加を促す
  8. 2. 教育方法
  9. 子供を取り巻く地域環境や社会・自然の教育課題を体験的に理解させ、その解決について考えさせるため、教員養成教育課程における教育実習に加えて、見学、ボランティア、インターンシップ、学会参加等の体験的学修を積極的に採り入れる
  10. 主体的・積極的な問題解決能力を高めるため、演習形態の授業はもちろんであるが、講義形態の授業においてもアクティブ・ラーニングをできるだけ採り入れる
  11. 3. 評価
  12. 成績評価は、各科目のシラバスに明示した方法で行う

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

教育学部は、誠実で教養豊かな人間性、高い専門知識・技能、そして応用のきく実践力を備えた教育者・教育支援者を養成する。初等教育や乳幼児保育、教育心理、養護教育や特別支援教育に関心があり、その専門家を目指す意欲と目的意識のある人を求める。

以上の学部が求める人材像のほかに各学科の求める人材像を提示した上で、学部教育に必要な基礎的資質・能力を多面的に査定するため、7 区分の選抜方式を実施して入学者の選抜を行なう。推薦入試(自己推薦、総合型選抜)では、基本的には書類審査(成績や高校時代の活躍)と面接により、人間性や目的意識、学習意欲の高さ及び実践力・行動力を査定する。自己推薦入試では、高校時代の活躍・実績及び入学後の計画内容から人間性や目的意識・学習意欲を査定する。学校推薦選抜Ⅰでは小論文で文章作成能力と論理的思考力 を、学校推薦選抜Ⅱでは適性検査(主に国語と外国語)で基礎学力を合わせて査定する。 前期入試とセンター利用入試(A、B、C)では、教養教育及び専門教育に必要な国語の学力を中心に、基礎学力を査定する。