就実大学心理教育相談室

本相談室は、ご自身やご家族の人々の抱える悩みや問題と
どう付き合っていったら良いのか、どう対処したら良いのか、
共に考え問題を解決する場です。

就実大学キャンパス内に設置された
一般の方々に開かれた心理教育相談室で、
本学大学院生の研修機関も兼ねております。

Topicsトピックス

室長あいさつ

就実大学の心理教育相談室は、子どもとその親御さん、および青年や成人の方を対象とした大学附属の相談施設です。

その設置目的は、一つ目は敷居が低く安心して利用できる心理相談の場を地域の皆様に提供することです。
二つ目は臨床心理士養成の教育・訓練施設として活用することです。

したがって臨床心理士のスタッフと大学院生が連携して相談活動を行います。

利用者の皆さんと相談員(カウンセラー)が協働して問題解決の道を探し、一歩一歩と前に進んでいけるよう共に努力していければと願っています。

心理教育相談室長
山本 力

ご相談希望の方へ

就実大学心理教育相談室は、一般の方々の心理的な相談を受ける場としての機能、及び大学院生の実地研修の場としての機能を果たしています。したがってカウンセリング(心理相談)や遊戯療法は、本相談室の相談員(臨床心理士)の他、研修相談員(大学院生)が担当します。その際に研修相談員は大学教員の助言・指導の下で相談活動にあたります。

ご相談のお申し込みは、子どもから成人まで特に年齢層を限定せず受け付けています。対応可能な相談内容は、学校に行かない・行けない(不登校)、学校不適応、自分の生き方の悩み、仕事や人間関係のストレス、お子さんの発達の心配(発達障害を含む)、子育てや家族に関する不安、親しい人との死別・離別に伴う悲しみ、などです。

当相談室で対応可能かどうかは初回の面接(以下、初回面接)でお話を伺った上で判断させていただきます。

こんな相談を受けています

  • 学校に行かない・行けない(不登校)
    幼稚園や学校を嫌がる・休みがち、いじめ、友達とうまく遊べない、その他
  • 自分の生き方の悩み
    将来への不安、人間関係の悩み、性格の悩み、自分に自信がない その他
  • 仕事や人間関係のストレス
    職場の人間関係、仕事がうまくいかない、地域の人間関係 その他
  • お子さんの発達の心配(発達障害を含む)
    発達のアンバランス、言葉が遅い、乱暴、非行、気になる癖や行動、その他
  • 子育てや家族に関する心配
    子どもへの接し方、子育ての不安、家族との関係、仕事と家庭のバランス その他
  • 親しい方との死別に伴う悲しみ・抑うつ
    突然の死別、がん生存者・家族の生き方、その他

相談申し込みの流れ

申し込み・打合せ
お気軽にお電話でご連絡ください。申込をされる場合は、
お名前・ご連絡先・ご相談の内容・相談日時のご希望などをお尋ねします。
初回面接予約
面接担当者決定後、担当者よりご連絡しますので、
初回面接の日時をご相談ください。
来室・初回面接
お約束した日時にお待ちしています。
2回目以降
継続相談を希望される場合は、最善の対応ができるよう検討させていただき、あらためてスタッフからご連絡します。他の相談機関をご紹介する場合もあります。

相談料

初回面接
2,000
継続面接
1,000
心理検査
1,000
コンサルテーション
1,000
親子並行面接(親子二人の料金)
1,500

※いずれも1回(約50分間)の料金です。

お申し込みの前に

恐れ入りますが、下記の注意事項をご確認いただき、ご了承いただいた上でお申し込みください。

  • カウンセリング(心理相談)等は有料になります。健康保険適用外です。
  • お子さんの相談(遊戯療法)を担当するのは教育学研究科の研修相談員です。
  • 現在、心療内科・精神科での治療・相談に通われている方は、必ず担当の先生とご相談の上でお申し込みください。そして初回の相談の際に紹介状をご持参ください。
  • お申し込みの際には、お名前、生年月日、住所、電話番号、簡単な相談内容、初回面接に都合の良い曜日・時間帯をお尋ねします。
  • 相談は秘密を厳守します。関係者からお問い合わせがありましても、ご本人の許可なく、相談内容やその他関連する情報についてお伝えすることは致しません。
  • 就実大学の休日(夏季・冬季・春季の休暇期間)、その他の行事により休室になる場合があります。
  • 原則として相談の契約は年度ごとに行います。年度をまたいで継続する場合は再契約します。

※当相談室は教育研修機関でもありますので、研修相談員の面接参加・同席や、教員あるいは研修相談員による研究へのご協力をお願いする場合があります。(実際にご協力をお願いする場合は事前に可否をお尋ねします)

連絡先案内

電話番号:
086-271-8285(心理教育相談室の事務室)
電話受付:
火曜・水曜・金曜 13:30〜16:30(平成30年4月現在) 《相談室ニュース一覧へ

※2018年12月より心理教育相談室の移転工事(D館→E館2階)が始まります。 そのため本年度の相談期間は3月6日(水)までとなり、新規相談の受付につきましては、現在、停止させて頂いております。 ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。新規相談の受付の再開(2019年4月中旬以降の予定)につきましては、具体的な日にちが決まり次第、追ってお知らせいたします。なお、12月より臨時相談室(図書館内)にて継続の相談を行っています。相談室ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

  • ※ ご相談は完全予約制です。まずはお電話でお申し込みください。
  • ※ 毎回の相談日時は、担当カウンセラーと相談の上で決定します。

アクセス

本学まではJR山陽本線・赤穂線「西川原駅」下車徒歩1分
「西川原駅」は通称「西川原・就実駅」です。

本学へのアクセス

正門から入って右手のD棟 1階です。

  • 正門

  • 相談室入口

相談室スタッフ紹介

室長

山本 力 教授・臨床心理士


相談員

山本 力 教授・臨床心理士

石原みちる 教授・臨床心理士

永田 忍 准教授・臨床心理士

岩佐和典 准教授・臨床心理士

山田美穂 講師・臨床心理士

井芹聖文 講師・臨床心理士

堀田裕司 助教・臨床心理士

林 秀樹 助教・臨床心理士


非常勤相談員

小林麻衣子 臨床心理士

牧野 寛 臨床心理士


研修相談員

本学大学院教育学研究科の大学院生


アドバイザー

岡田信吾 教授・専門:特別支援教育

鈴木 薫 准教授・専門:養護教育

岡 綾子 准教授・専門:特別支援教育