経営学部

人材育成の目標

経営学部における「グローバルな視野を持ちながらローカルな視点を併せ持ち、社会の諸課題にチャレンジし実践することのできるグローカル人材を養成する」という教育理念の実現を目標に、地域に生きる社会人として求められる基本的な資質を身に付けている人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

経営学部は、就実大学の建学の精神である「去華就実」を理解し社会に貢献できる実践的「実地有用」の人材を育成するという目標を実現するために、「経営学についての専門知識を備え、社会の諸課題にチャレンジし実践することのできるグローカル人材を養成すること」を教育の目的に掲げている。学則に定める所定の期間在学し、単位を修得し、かつ次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(経営学)の学位を授与する。

  1. 社会でビジネスプロフェッショナルとして責任を果たせること
  2. 社会の複雑な事象を多角的な視点から理解し、分析し、自ら解決できること
  3. グローバルな視野を持ちローカルな視点で実践できる「グローカル人材」であること

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

経営学部では、学部の教育目的である「経営学についての専門知識を備え、社会の諸課題にチャレンジし実践することのできるグローカル人材を養成する」を実現するため、次のような方針によりカリキュラムを編成している。

  1. 初年次からアクティブラーニングを取り入れた少人数教育を実施し、論理的・批判的思考力と
    コミュニケーション能力を育成する
  2. 外国語教育科目では、異文化を理解し、国際社会で共生するためのコミュニケーション能力の基礎となる語学運用能力を涵養するために、個々の学生の能力に応じた学修を重視した習熟度別クラス編成、多岐にわたる分野の英語教育科目を開講するとともに,英語以外にも、中国語を学ぶ機会を提供し、基本が確実に身につく入門科目と、そこで学修した知識を実用レベルまで高める発展科目を設けている
  3. 専門科目の応用学修へ繋がる基礎知識の修得と問題発見・解決能力を修得するために、1・2年次に専門基礎科目を配置している。これを踏まえて2年次から4年次へかけてより高度な専門発展科目を配置し、経営学全般について体系的に修学できるカリキュラムを編成している
  4. グローカル人材に必要な情報収集能力、分析力、決断力、行動力を修得するための学外体験学習プログラムとして2年次後期に長期インターンシップと留学プログラムを設置している
  5. 学習成果の総括として卒業研究を必修とする。

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

本学部では、現代社会が抱える多様な問題について学び、特定の分野に固執することなく豊かな教養を身に付けてグローバルな視野を持ちながら、同時に地域に密着し地域のニーズに着実にチャレンジし、ビジネスプロフェッショナルとして対応できる経営学の専門的知識を持つ人材(グローカル人材)の育成を目指している。卒業後は、企業や行政、NPO・NGOで地域の中核となって活躍する人材を育成する。この目標を達成するために、入学者の受け入れ方針として次のような多様な選抜方法を通して、多種多様な資質・個性・経験等を有する人材を積極的に受け入れる。

  1. いろいろな課題に自らチャレンジする人
  2. 新しい知識やスキルを貪欲に身に着けたいと思っている人
  3. 異文化や言語の壁を突破する意欲がありかつ柔軟な思考のできる人
  4. 地域や社会に貢献したいという熱い思いのある人
  5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有する人
  6. 入学前教育に最後まで取り組むことができる人