短期大学
幼児教育学科

人材育成の目標

人間性の豊かさ、自主性の促進を重視し、保育者としての資質の向上を図ることを教育目的としている。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

幼児教育学科では、短期大学のディプロマ・ポリシーを踏まえ、「子どもの心」を感じ「子どもをみる眼」を持ち、保育者(保育士・幼稚園教諭等)に求められる基本的な知識・技術・実践力を涵養する。 この目的を達成するために、幼稚園教諭二種免許状取得のための単位及び学科の定める単位を修得し、次の学習成果を身につけた者に短期大学士(幼児教育)の学位を授与する。

  1. 保育を取り巻く環境や動向を理解し、問題解決に向けて知識を活かすことができる
  2. 保育者としての専門的知識及び技能を身につけ、実践及び指導できる
  3. 社会人基礎力を有し、地域社会に貢献することができる
  4. 保育者としての責任感と倫理観を持ち、堅実に物事に取り組むことができる

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

幼児教育学科では、短期大学のカリキュラム・ポリシーを踏まえ、「子どもの心」を感じ「子どもをみる眼」を持ち、基本的な知識・技術・実践力のある保育者(保育士・幼稚園教諭等)を育成する。この目的を達成するために、専門科目を体系的に配置した教育課程を編成する。さらに課外自主活動の場の提供及び積極的支援を行い、カリキュラムで修得した知識・技術・実践力を磨くことができるように配慮する。

  1. 教養教育を通して、豊かな人間性と社会性、倫理性を支える広い教養を育成する
  2. 専門教育を通して、保育者に必要な専門的な知識・技術・実践力を育成する
  3. 「初年次教育」を通して、必要な学習技術と基礎的な社会常識やマナー、態度を育成する
  4. 授業科目、実習、課外活動を通して、問題解決の方法をさぐり、社会人基礎力を育成する
  5. 理論と実践の融合を重視した実習指導を2年間通じて配置する
  6. 自己表現力、問題解決力、コミュニケーション力を育成する少人数制の演習科目を配置する
  7. 子育て支援ボランティア活動及び研究大会への参加の場を設け、実践力を育成する機会を提供する
  8. 学生が学科行事に関わり、企画・立案・実施に主体的に参加する機会を設ける
  9. 各科目のシラバスに定める成績評価基準によって行う

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

幼児教育学科では、短期大学のアドミッション・ポリシーを踏まえ、本学科の目標と特性を理解した以下の入学者を求めている。

  1. 人が好きで、保育者として社会に貢献したいと考えている人
  2. 自ら考え、行動し、誠実に問題解決をしようとする人
  3. 人と交流することに楽しみを感じ、社会のルールを守り協調する気持ちのある人
  4. 難しいこと・苦手なことにも、チャレンジしたり努力したりする意欲のある人
  5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人