ニュース

薬学科学会・セミナー

中西教授が地域共同研究に関するフォーラムを開催します

2021-06-23

 薬学部 中西 徹 教授が、本年12月に開催予定の日本分子生物学会第44回年会でオーガナイザーとして学術フォーラムを開催します(12月2日、パシフィコ横浜)。「大学と地域社会との科学を通じた共生を目指して」というテーマで、いわゆるSDGsのキーワードの一つである共生によって、少子化が進む社会構造において、大学や科学研究が地域社会の中で生き残る方策を考えるというものです。そのために、このフォーラムでは、現在、科学を通じて行われている様々な地域との共生の取り組み(地域医療、大学発ベンチャー、科学人材発掘事業、サイエンスカフェなど)について紹介を行います(講演予定者:文部科学省、東京大学産学協創推進本部、京都大学ゲノム医学センター他)。
 また、コロナ禍における大学と地域との共生の在り方についても、講演者とフォーラムの参加者による討論を行う予定です。