教育学部
教育心理学科

人材育成の目標

心理学・養護に関する専門知識・技能を教授するとともに、カウンセリング・マインドを育て、子供を中心とした人の心と行動、心身の健康状態を科学的視点から理解し、支えケアすることに専門性と実践力を発揮できる心理師(士)・教育者を育成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

教育心理学科においては、教育学部のディプロマ・ポリシーを踏まえた上で、次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与する。

  1. すべての子供の個性や背景を理解し、子供の心身の発達・健康を支えケアすることができるよう、広く学ぶとともに自らを磨く有意義な経験をしている
  2. 心理師(士)・養護教諭として教育現場等で活躍するに十分な専門知識と技能を修得している
  3. 教育心理・養護に関わる責を担う者としての責任とやりがいを自覚し、自ら学び続けようとする態度を身に付け、博愛精神・奉仕精神等をもってチームの一員として適切な行動ができる
  4. 修得した知識や技能を、教育心理・養護に関わる実際の心理支援活動や教育活動に活かし、さらに自ら課題を見つけ解決する方法を考えて実践することができる
  5. 教育心理・養護に関わる地域の課題を見極め行事やボランティア等に参加したり、情報を発信したりして課題の解決に寄与することができる

なお、本学科を卒業するためには、4年以上在学し、総合教養教育科目20単位、外国語教育科目6単位、専門教育科目62単位を含む、124 単位以上の単位を修得しなければならない。

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

目標とする人材育成のため教育心理学科では、教育学部のカリキュラム・ポリシーを踏まえたうえで、次のような観点で教育課程を編成する。

  1. 専門教育科目は、公認心理師受験資格(大学における科目)、認定心理士資格、養護教諭一種免許状の資格取得要件科目を中心とする
  2. 心理系科目については、子供の心理理解や心理支援の専門家の養成を考慮し、発達心理、臨床心理に関する科目を重視するほか、カウンセリングや心理査定、心理統計等、心理師(士)として期待される知識・技能を修得できる科目を配置する
  3. 養護系科目については、子供の心身の健康ケアや健康教育の専門家としての養護教諭の養成を考慮し、健康科学や健康教育学の知識・技能の修得に広がりをもたせる
  4. 心理支援や教育の現場で発揮できる実践力を獲得させるため、演習・実習科目を多く用意する。心理面接室・プレイルーム・看護実習室・模擬保健室等の特別教室を使用し、臨場感ある環境での体験を積極的に導入する
  5. 学外実習の他に体験科目を置き、教育・福祉現場の職員や入所者との交流、実際の体験などを通して、支えケアすることの意味を学ばせ、職業意識の形成を動機づける

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

教育心理学科の目的は、子供の心身の発達・健康を支えケアする心理師(士)・教育者の育成である。子供の健全育成には身体の健康とともに心の安定が不可欠である。心理師(士)・教育者には、子供の心身の発達についての知識、子供の心身の健康ケアの知識・技能が求められる。心理師(士)・教育者の責任はそれだけに重いが、子供たちの純真な心にふれ、その健やかな成長をともに喜ぶことができる尊いやりがいのある仕事の 1 つである。本学科では、公認心理師受験資格(大学における科目)、認定心理士資格、養護教諭一種免許状が取得できる教育課程を用意し、心理学に基礎づけられた教育支援・養護の専門家を養成する。以上のような学科の特質から、本学科では次のような人を求める。

  1. 子供が好きで、子供の心身の健康・発達を支えケアすることに喜びを見いだせる人
  2. 心理支援や養護の専門家を目指す意欲の強い人
  3. 子供の幸せのために、知識を広げ、技能を高め、思考を深めることに意欲的な人
  4. 人格や発達の多様性を受け入れ、一人一人の成長可能性を信じることのできる人
  5. 人と人の絆を大切にし、人を導いたり支えたりすることに勇気をもって挑戦する人
  6. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人