人文科学部
表現文化学科

人材育成の目標

表現文化学科は、日本文学、日本語、表現創造(言語・身体)の3コースで構成される。実感・実践に軸足を置いて、日本の言語と文化を学ぶことで、多角的な視点から文化事象を分析する能力、自分の意思を社会に発信する能力を身につけ、社会及び文化の発展に貢献できる人物を育成することを、目標にしている。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

本学科に4年以上在学し、総合教養教育科目、外国語教育科目、専門教育科目にわたり、124単位以上の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(人文科学)の学位を授与する。

  1. 日本の言語と文化について幅広い学識と理解を身につけ、その学識を活かして社会及び文化の諸問題を解決できる
  2. 人間が生活する時空の豊かさを実感できる知識と経験を積み、現代社会を能動的に生きることができる
  3. 日本文化の深い理解に基づいて、異文化を寛容に受け容れ、グローバル社会に適切に対応できる

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

日本の言語と文化について幅広い知識と深い理解を身につけ、その学識を活かして社会へ貢献できる人材を育成するため、次の方針により教育課程を編成する。

  1. 日本文学、日本語、表現創造(言語・身体)の3コースからなる、ゆるやかなコース制を敷く。
    その核として、1年から4年まで少人数のゼミナールを設ける
  2. 学びの土台を作る実感教育プログラム、学んだ成果を試行する実践教育プログラムを設ける
  3. 学修の総括として卒業研究を設ける。卒業研究は、卒業論文又は卒業制作の形式で提出する

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

本学部・学科の教育理念に共感し、日本の言語と文化について学ぶ意欲が旺盛である、次のような条件を満たす学生を広く求める。

  1. 言語・非言語のコミュニケーションに関心をもち、その能力の向上をめざす人
  2. 言語と身体で表現された作品を多角的に分析、理解したい、あるいは創作したいと考える人
  3. 将来、社会や職場で自分の意思や構想を的確に表現し、それを実現したいと考える人