人文科学研究科

人材育成の目標

専攻分野における専門的知識・技能の伝授と研究力鍛錬によって修士論文作成を完成させ、当該分野の専門研究に参加できる人材の養成を、教育の核とする。併せて専門性を支える教養や実社会で求められる実践的能力を修得させ、現代社会の諸問題に主体的に対応できる人材を育成することも、主要目標とする。

ディプロマ・ポリシー

(修了認定及び学位授与の方針)

所定の単位を修得し修士論文を完成させるなかで、人文科学分野全体を見渡す広い視野と自らの研究課題を見つけ出す鋭敏な問題意識、そして課題に粘り強く取り組んで解明を目指す探求力を備え、かつ下記の諸能力を身に着けたと認められる学生に、修士(人文科学)の学位を授与する。

  1. 研究に関わる情報を十分に収集し、適切に整理する能力
  2. 収集・整理した情報を分析して、問題の所在を把握する能力
  3. 多方面から、主体的かつ柔軟に問題解決を試みる能力
  4. 自らの問題関心や研究成果を、適切に外部に発信できる能力

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

学位授与のために要求される多様な条件を満たすため、下記の2分野からなる教育課程を編成する。

  1. 言語・文化・歴史探求分野
  2. 表現・実践・歴史活用分野

このうち1は、修士論文作成指導を主目的とした専門的研究分野における教育課程であり、2は、修士論文のテーマに限らず、人文科学を中心として広い学問領域を見渡す視野を得るための教育課程である。

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

「カリキュラム・ポリシー」に則って十分有効な教育を行い、「ディプロマ・ポリシー」に適う人材を養成するため、入学学生には下記の条項を満たすことを求める。

  1. 日本語・日本文学・英語・英米文学・歴史学いずれかの専門領域において、自ら研究テーマを設定できる
  2. 研究を予定しているテーマの資料処理に必要な基礎的言語能力(古文・漢文・英語ほか各国言語読解能力)を備えている
  3. 研究を予定しているテーマ及び関連領域について、学士課程修了相当以上の十分な知識・技能を有している
  4. 自らの研究テーマについて、口頭及び文章で明確な説明ができる