研究情報の公表
(オプトアウト等)

教育・研究倫理安全委員会

本学において実施される教育・研究に関し、倫理性及び安全性を確保するため教育・研究倫理安全委員会を設置し、教育・研究の安全かつ適正な実施に努めています。

  • 以下の書類は、学内イントラからダウンロードできますので、学内の研究者の方は、そちらを確認してください:文系研究倫理迅速審査申請ガイドライン、文系倫理審査申請様式、理系研究倫理安全委員会事前チェックシート、理系倫理審査申請書様式、研究終了報告書
  • 倫理申請にあたっては、それぞれの研究分野において該当する法令、ガイドライン等に適合することを事前に十分にご確認ください。

公的研究費の適正な管理のための規程等

文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)令和3年2月1日改正」に基づき、公的研究費の管理・監査に関する必要事項を定めた規程等を下記のとおり制定いたしました。

公的研究費等の不正防止の取組み

公的研究費の適正な使用に努め、不正を防止するための規程等を下記のとおり制定いたしました。

不正行為の防止等に関する規程、公的研究費等の管理・監査規程
公的研究費等の不正使用防止に関する基本方針
内部監査計画書
コンプライアンス

科研費獲得実績一覧

内部監査

◆2020年度科学研究費助成事業を対象に内部監査を行いました。実施については下記のとおりです。

種類 通常監査 特別監査
就実大学 7件 1件
就実短期大学 1件 1件

外部資金獲得状況一覧

取引業者の方へ

文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」において、取引業者に対して不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書等の提出が求められております。本学と一定以上の取引実績のある業者及び今年度取引予定の業者の方へはこちらから誓約書をお送りいたします。

誓約書

就実大学・就実短期大学不正取引等に関与した業者の処分方針について

公的研究費等の不正使用等の告発窓口

本学において機関経理する公的研究費等の不正使用等に関する告発等は、学校法人就実学園 総務課にて対応します。
本学において機関経理する公的研究費等の不正使用等の疑いがあると思料する場合、本学が指定する告発書により、下記の告発窓口に告発することができます(学内外から可能)。告発は原則顕名により(その後の手続きにおける氏名の秘匿を希望することが可能)、原則として当該告発に係る事実の発生の日から起算して、5年以内に行うものとします。
告発者が告発したことを理由として、いかなる不利益な取り扱いも受けることがないよう、必要な措置を講じるとともに、告発者の職場環境等の保全に努めるものとします。

告発窓口(公的研究費等の不正使用等)

学校法人就実学園 総務課
〒703-8516
岡山市中区西川原1-6-1
TEL:086-271-8111
FAX:086-271-8222
E-mail: :soumu@attoshujitsu.ac.jp

公的研究費等に係る事務処理手続き及び使用に関するルールについての相談窓口

公的研究費等に係る事務処理手続き及び使用に関するルールについての問い合わせ・相談は、学校法人就実学園 会計課にて対応します。(学内外から相談可能)

相談窓口(事務処理手続き及び使用に関するルール)

学校法人就実学園 会計課
〒703-8516
岡山市中区西川原1-6-1
TEL:086-271-8117
FAX:086-271-8257
E-mail: :kenkyu@attoshujitsu.ac.jp

研究活動における不正行為の相談・告発窓口

研究活動上の不正行為に関する告発又は相談等は、学校法人就実学園 総務課にて対応します。
本学において研究活動上の不正行為の疑いがあると思料する場合、下記の告発窓口に告発することができます(学内外から可能)。告発は原則顕名により、研究活動上の不正行為を行ったとする研究者又は研究グループ等の氏名又は名称、研究活動上の不正行為の態様その他事案の内容を明示し、かつ、不正とする合理的理由を示して行うものとします。
告発者が告発したことを理由として、職場環境の悪化や差別待遇が起きないようにするために、適切な措置を講じるとともに、不利益な取扱いを行わないものとします。

相談・告発窓口(研究活動における不正行為)

学校法人就実学園 総務課
〒703-8516
岡山市中区西川原1-6-1
TEL:086-271-8111
FAX:086-271-8222
E-mail: :soumu@attoshujitsu.ac.jp