人文科学部
実践英語学科

人材育成の目標

実践英語学科は、英米文化・文学、英語学、コミュニケーション、通訳・翻訳、英語教育といった英語関連領域の専門的・学際的研究を通して、実践的な英語運用能力だけではなく、英語圏の人々、その人々を取り巻く社会・文化・思想・価値観についての教養を深化させ、それらを主体的に駆使・応用することで、グローバル化の進む諸領域の創生・発展に貢献できる人物を育成することを目標としている。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

本学科に4年以上在学し、所定の単位を含めた124単位以上を修得し、次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(人文科学)の学位を授与する。

  1. ビジネスや教育の現場で単に英語を運用するだけではなく、英語と日本語の言語的差異、および各言語圏の社会・文化・思想・価値観の差異を踏まえて、英語を実践的に駆使することができる
  2. 英語関連領域の専門的・学際的研究を通して、グローバル化の進む諸領域の実態を論理的に把握し、批判的に考察することで、そこに内在する問題を提起し、それに対する解決策を提案することができる
  3. 各言語圏の人々を取り巻く社会・文化・思想・価値観を理解し、適切なコミュニケーションを図ることで、グローバルな人間関係を構築し、協働して諸領域の問題に取り組むことができる

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

実践英語学科は、実践的な英語運用能力と、英語圏の幅広い分野についての教養を身につけ、それらを主体的に駆使・応用することで、グローバル化の進む諸領域の創生・発展に貢献できる人物を育成するために、次の方針により教育課程を編成する。

  1. 実践的な英語運用能力、主体的なコミュニケーション能力、協働力を涵養し、英語圏の諸分野についての教養を修得するために、初年次の段階から外国人教員による少人数の英語教育科目、および英語関連領域の基礎教養科目を設ける
  2. 専門的・学際的研究の遂行に必要となる科学的調査、論理的・批判的思考、発表、質疑応答、論文執筆などのアカデミック・スキルを向上させるために、基礎演習科目を設ける
  3. 英語の諸分野についての専門的・学際的研究を遂行するために、「英語コミュニケーション」「英米文化」「通訳・翻訳」の3コースに準じた専門教育科目を設ける
  4. 以上の科目で培った英語運用能力と英語圏の諸分野についての教養を有機的に融合し、英語関連領域の専門的・学際的研究を遂行することで、卒業研究を必修とする

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

実践英語学科は、少人数クラスでのきめ細やかな教育・研究指導体制によって、実践的な英語運用能力を身につけ、グローバル化の進む諸領域で活躍する人材の育成を目指している。本学科の教育理念に共感し、上記のカリキュラムに取り組む意欲のある、次のような条件を満たす学生を広く求める。

  1. グローバル化の進む諸領域で活躍するために必要となる実践的な英語運用能力の習得を志す人
  2. 自国のさまざまな事情に精通していると同時に、英語関連領域に対する探究心を有している人
  3. 周囲と幅広く積極的にコミュニケーションを図り、協働して諸領域の問題提起・問題解決に意欲的に取り組む人
  4. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力及び英語力を有している人