就実大学・就実短期大学 受験生応援サイト

特待生制度 Scholarships and special petition schemes etc.

2019年5月現在

授業料減免の特待生制度

特徴
  • 入学金及び卒業までの授業料減免特待生制度
  • 他大学との併願が可能 ※指定校推薦を除く
薬学部

※薬学部一般選抜の特待は人数制限なし‼ 得点率で特待生を選考。

学部・学科 特待生種別 対象入試区分 対象者 対象額
薬学部薬学科 A特待生

6年間の授業料半額免除

学校推薦選抜Ⅰ及び
指定校推薦入試
成績上位者10名 459万円免除

(年間76.5万円×6年間)

S1特待生

6年間の授業料全額免除
+入学金免除

一般選抜(前期) 得点率85%以上の者 945万円免除

(年間153万円×6年間)
+入学金27万円免除

S2特待生

6年間の授業料半額免除
+入学金半額免除

一般選抜(前期) 得点率80%以上
85%未満の者
472.5万円免除

(年間76.5万円×6年間)
+入学金13.5万円免除

B特待生

6年間の授業料30%免除

一般選抜(前期) 得点率75%以上
80%未満の者
275.4万円免除

(年間45.9万円×6年間)

選考方法
種別 入試区分 試験日 試験科目 入学手続
A特待生 学校推薦選抜Ⅰ及び
指定校推薦入試
11月14日 適性検査(化学)200点
書類審査50点
一次12月12日
二次 1月10日
S1 特待生
S2 特待生
 B  特待生
一般選抜(前期) 2月1日 ●化学150点 ●英語100点 一次 2月26日
二次 3月12日
2月2日 ●化学または生物から1科目 選択150点
〇英語または数学から1科目 選択100点
●は必須科目 〇は選択科目
人文科学部・教育学部・経営学部
学部 特待生種別 対象入試区分 対象者 対象額
人文科学部 A特待生

4年間の授業料半額免除

一般選抜(前期) 成績上位者
各学科5名
114万円免除

(年間28.5万円×4年間)

教育学部
経営学部 成績上位者 10名
選考方法
学科 試験日 試験科目 入学手続
表現文化学科 2月1日・2日 ●国語 〇英語・日本史・世界史から1科目 一次2月26日
二次3月12日
実践英語学科 ●英語 〇国語・日本史・世界史から1科目
総合歴史学科 ●日本史または世界史 〇国語・英語から1科目
初等教育学科 2月1日 ●国語 ●英語
2月2日 ●国語 〇英語、生物から1科目選択
教育心理学科 2月1日 ●国語 ●英語
2月2日 ●英語 〇国語、生物から1科目選択
経営学科 2月1日・2日 ●国語 ●英語
●は必須科目 〇は選択科目
短期大学
学科 特待生種別 対象入試区分 対象者 対象額
幼児教育学科 A特待生

2年間の授業料半額免除

学校推薦選抜Ⅰ 成績上位者
各学科5名以内
48万円免除

(年間24万円×2年間)

生活実践科学科
選考方法
学科 試験日 試験科目 入学手続
幼児教育学科 11月14日 適性検査(国語)100点
書類審査50点及び面接50点
一次12月12日
生活実践科学科 二次1月10日

特待生の資格を維持するための条件

大学各学部共通

学業及び学生生活全般においてリーダーシップを発揮し,他の学生の模範となっていること
進級に必要な単位を修得していること

人文科学部,経営学部

原則として,卒業要件科目の平均点が80点以上,または所属学科同学年で上位20位以内であること

教育学部

原則として,全科目の平均点が80点以上であること

薬学部

原則として,専門教育科目(必修及び選択必修科目)の平均点が80点以上であり,同学年で上位30位以内にあること
専門教育科目の必修及び選択必修科目に「不可」(D判定)がないこと
ただし、薬学部特待生については上記条件を満たさなかった場合、1度目は警告を与え、2度目に特待生の権利を取り消す。

短期大学

原則として,卒業要件科目の平均点が80点以上であること
学業及び学生生活全般においてリーダーシップを発揮し,他の学生の模範となっていること

詳しい特待生制度のチラシはこちら

  • 特待生の審査について
    各学年末に学業生活および生活態度を総合的に評価し、結果によって特待生の権利を取り消すことがあります。
  • 詳細は必ず募集要項でご確認ください。
  • お問い合わせ 就実大学・就実短期大学 入試課

  • 〒703-8516 岡山市中区西川原1-6-1
  • TEL:086-271-8118 FAX:086-271-8260 E-mail:nyushi@shujitsu.ac.jp

一覧へ戻る