就実大学・就実短期大学 受験生応援サイト

入試情報 Entrance examination information

アドミッションポリシー

 
人文科学部
人文科学部は,少人数制を特徴とするきめ細やかな教育・研究指導体制を備え,社会で活躍できる基礎力を身につけた学生の育成を目指している。本学部の教育理念に共感し,ともに社会の発展に関わる意欲をもつ,次のような条件を満たす学生を広く求める。
  • 1. 学習意欲が強く,明確な問題意識を持つ人
  • 2. グローバル社会で活躍できる「ことば」の運用能力と,幅広い教養の修得をこころざす人
  • 3. 多様な歴史,文化,言語,芸術,伝統,社会そして環境などの問題に関して,広い関心と探求心を持つ人
  • 4. 幅広く柔軟な人間性と協調性を有し,周囲の人と良好な関係をもつことができる人
  • 5. 自分の考えや行動に責任を持ち,それを相手に明確に伝えることができる人
  • 6. 入学後の修学に必要な基礎学力を有している人
表現文化学科
本学部・学科の教育理念に共感し,日本の言語と文化について学ぶ意欲が旺盛である,次のような条件を満たす学生を広く求める。
  • 1. 言語・非言語のコミュニケーションに関心をもち,その能力の向上をめざす人
  • 2. 言語と身体で表現された作品を多角的に分析,理解したい,あるいは創作したいと考える人
  • 3. 将来,社会や職場で自分の意思や構想を的確に表現し,それを実現したいと考える人
実践英語学科
実践英語学科は,少人数クラスでのきめ細やかな教育・研究指導体制によって,実践的な英語運用能力を身につけ,グローバル化の進む諸領域で活躍する人材の育成を目指している。本学科の教育理念に共感し,上記のカリキュラムに取り組む意欲のある,次のような条件を満たす学生を広く求める。
  • 1. グローバル化の進む諸領域で活躍するために必要となる実践的な英語運用能力の習得を志す人
  • 2. 自国のさまざまな事情に精通していると同時に,英語関連領域に対する探究心を有している人
  • 3. 周囲と幅広く積極的にコミュニケーションを図り,協働して諸領域の問題提起・問題解決に意欲的に取 り組む人
  • 4. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力及び英語力を有している人
総合歴史学科
総合歴史学科は,少人数制を特徴とするきめ細やかな教育・研究指導体制を備え,社会で活躍できる能力を身につけた学生の育成を目指している。その教育理念に共感し,ともに社会の発展に関わる意欲をもつことを前提とした上で,次のような条件を満たす学生を広く求めることとする。
  • 1. 歴史の学修への意欲と動機づけが強く,明確な問題意識を持つ人
  • 2. グローバル時代に活躍できる言語の運用能力と,幅広い教養の修得を目指す人
  • 3. 世界のさまざまな事象に関して,強い関心と探求心を持つ人
  • 4. 幅広く柔軟な人間性と協調性を有し,周囲と良好な関係を築くことができる人
  • 5. 自分の考えや行動に責任を持ち,それを明確に表現することができる人
  • 6. 本学科の学修を開始するにあたり,基礎的な学力を有する人
入試方法についての人文科学部の方針
学部教育に必要な基礎的な学習能力・資質を多角的に評価するため,下記の区分で入学試験を実施します。
「学力の三要素」1.知識・技能,2思考力・判断力・表現力,3主体性・多様性・協働性,及び本学部が求める探求心について総合的に評価しますが,各区分で特に重視する点は下記の通りです。
  • 1. 推薦入試は,高校時代の成績・成果と,面接試験に重きを置く入試です。
    • ・「総合型選抜(自己アピール型)」は,抜きんでた能力や努力による達成があるかどうかを評価します。「学力の三要素」2・3及び探求心を重視します。
    • ・「総合型選抜(基礎学力重視型)・学校推薦選抜Ⅰ」は,適性検査により,基本的学力の判定結果を参考にします。「総合型選抜(基礎学力重視型)」では「学力の三要素」1・2及び探求心を重視します。「学校推薦選抜Ⅰ」では「学力の三要素」1・2・3及び探求心を重視します。
    • ・「学校推薦選抜Ⅱ」は,小論文により主体的思考力と文章力を評価します。「学力の三要素」2・3及び探求心を重視します。
  • 2. 一般選抜(前期)とセンター試験利用入試A・B・Cは,学力試験に重きを置く入試です。
    • ・「 一般選抜(前期)」では,国語,英語,世界史または日本史の中から選択された2科目の学力を,本学独自の入試問題により判定します。「学力の三要素」1を重視します。
    • ・3種類の「センター利用入験」では,受験生の得意教科の得点を,科目の組み合わせによって総合的に判定します。「学力の三要素」1を重視します
教育学部
現代の教育諸問題の解決と子どもの健全育成に寄与するため,去華就実・実地有用の教育理念の下,教育実践力と人間関係能力に関する専門的知識・技能を教授することによって,誠実で教養豊かな人間性とともにカウンセリング・マインドをもって子どもと向き合い,教え導き伸ばすことと受容し支えケアすることに専門性と実践力を発揮できる教育者・心理師(士)を養成する。
教育学部人材育成の目標
現代の教育諸問題の解決と子どもの健全育成に寄与するため,去華就実・実地有用の教育理念の下,教育実践力と人間関係能力に関する専門的知識・技能を教授することによって,誠実で教養豊かな人間性とともにカウンセリング・マインドをもって子どもと向き合い,教え導き伸ばすことと受容し支えケアすることに専門性と実践力を発揮できる教育者・心理師(士)を養成する。
教育学部のアドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)
教育学部は,誠実で教養豊かな人間性,高い専門知識・技能,そして応用のきく実践力を備えた教育者・教育支援者を養成する。初等教育や乳幼児保育,教育心理,養護教育や特別支援教育に関心があり,その専門家を目指そうとする意欲と目的意識のある人を求める。
初等教育学科
初等教育学科の目的は,乳幼児教育・初等教育を担う人材の育成である。乳幼児・児童期は環境の影響を強く受けるので,教育者・保育者の責任はそれだけに重いが,子どもたちの純真な心にふれ,成長の瞬間に立ち会える喜びを体験できる尊いやりがいのある仕事の1つである。本学科では,小学校教諭一種免許状,幼稚園教諭一種免許状,保育士資格,特別支援学校教諭一種免許状が取得できる教育課程を用意し,子どもの教育・保育に実践力を発揮し,将来の地域の指導的立場に立つことのできる教員・保育士を養成する。以上のような学科の特質から,本学科では次のような人を求める。
  • 1. 子どもが好きで,子どもとのふれあいや教え育てることに喜びを見いだせる人
  • 2. 乳幼児保育,幼児教育,初等教育の専門家を目指す意欲の強い人
  • 3. 子どもの幸せのために,知識を広げ,技能を高め,思考を深めることに意欲的な人
  • 4. 人格や発達の多様性を受け入れ,一人ひとりの成長可能性を信じることのできる人
  • 5. 人と人の絆を大切にし,人を導いたり支えたりすることに勇気をもって挑戦する人
  • 6. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人
教育心理学科
教育心理学科の目的は,子どもの心身の発達・健康を受容し支えケアする心理師(士)・教育者の育成である。子どもの健全育成には身体の健康とともに心の安定が不可欠である。心理師(士)・教育者には,子どもの心身の発達についての知識,子どもの心身の健康ケアの知識・技能が求められる。心理師(士)・教育者の責任はそれだけに重いが,子どもたちの純真な心にふれ,その健やかな成長をともに喜ぶことができる尊いやりがいのある仕事の1つである。本学科では,認定心理士資格,公認心理師受験資格,養護教諭一種免許状が取得できる教育課程を用意し,心理学に基礎づけられた教育支援・養護教育の専門家を養成する。以上のような学科の特質から,本学科では次のような人を求める。
  • 1. 子どもが好きで,子どもの心理理解や心身の健康・発達を受容し支えケアすることに喜びを見いだせる人
  • 2. 心理支援や養護教育の専門家を目指す意欲の強い人
  • 3. 子どもの幸せのために,知識を広げ,技能を高め,思考を深めることに意欲的な人
  • 4. 人格や発達の多様性を受け入れ,一人ひとりの成長可能性を信じることのできる人
  • 5. 人と人の絆を大切にし,人を導いたり支えたりすることに勇気をもって挑戦する人
  • 6. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人
入試方法についての教育学部の方針
以上の学部が求める人材像のほかに各学科の求める人材像を提示した上で,学部教育に 必要な基礎的資質・能力を多面的に査定するため,8区分の選抜方式を実施して入学者の選抜を行なう。以上の,学部および各学科が求める人材像を提示した上で,学部教育に必要な基礎的資質・能力を多面的に査定するために,8区分の選抜方式を実施して入学者の選抜を行う。総合型選抜(自己アピール型),総合型選抜(基礎学力重視型),学校推薦選抜では,書類審査(成績や高校時代の活躍を証明するもの)と面接を通して,人間性や目的意識,学習意欲の高さ,および実践力・行動力を査定する。特に,総合型選抜(自己アピール型)では,高校時代の活躍・実績及び入学後の計画内容を重視する。総合型選抜(基礎学力重視型),学校推薦選抜Ⅰでは適性検査(主に国語と外国語)で基礎学力を,学校推薦選抜Ⅱでは小論文で文章作成能力と論理的思考能力を併せて査定する。一般選抜とセンター利用入試(A,B,C)では,教養教育及び専門教育に必要な科目の学力を中心に,基礎学力を査定する。
経営学部
経営学部の教育目標
経営学部における「グローバルな視野を持ちながらローカルな視点を併せ持ち,社会の諸課題にチャレンジし実践することのできるグローカル人材を育成する」という教育理念の実現を目標に,地域に生きる社会人として求められる基本的な資質を身に付けている人材を育成します。
経営学部のアドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)
本学部では,現代社会が抱える多様な問題について学び,特定の分野に固執することなく豊かな教養を身に付けてグローバルな視野を持ちながら,同時に地域に密着し地域のニーズに着実にチャレンジし,ビジネスプロフェッショナルとして対応できる経営学の専門的知識を持つ人材(グローカル人材)の育成を目指しています。この目標を達成するために,入学者の受け入れ方針として次のような多様な選抜方法を通して,多種多様な資質・個性・経験等を有する人材を積極的に受け入れます。
  • 1. いろいろな課題に自らチャレンジする人
  • 2. 新しい知識やスキルを貪欲に身に付けたいと思っている人
  • 3. 異文化や言語の壁を突破する意欲がありかつ柔軟な思考のできる人
  • 4. 地域や社会に貢献したいという熱い思いのある人
  • 5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有する人
  • 6. 入学前教育に最後まで取り組むことができる人
入試方法についての経営学部の方針
  • 1. 総合型選抜(自己アピール型)では,小論文で基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計り,面接と書類審査で主体的に学習に取り組む態度・協働性を判断します。
  • 2. 総合型選抜(基礎学力重視型)では,適性検査(国語と英語)で基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計り,面接と書類審査で主体的に学習に取り組む態度・協働性を判断します。
  • 3. 学校推薦選抜Ⅰでは,適性検査(国語と英語)で基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計り,面接と書類審査で主体的に学習に取り組む態度・協働性を判断します。
  • 4. 学校推薦選抜Ⅱでは,小論文で基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計り,面接と書類審査で主体的に学習に取り組む態度・協働性を判断します。
  • 5. 一般選抜では,国語と英語で基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計ります。
  • 6. センター試験利用入試では,英語を中心に基礎的学力および思考力・判断力・表現力を計ります。
薬学部
薬学部人材育成の目標
薬学部における「生命の尊厳を基盤とした強い使命感と高い倫理観のもとに,医療の担い手となる高度な専門能力を持つ薬剤師を育てる」という教育理念の実現を目的として,薬剤師として求められる基本的な資質を身につけている人材を養成する。
薬学部のアドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)
薬学部では,確かな知識・技能・態度に基づく薬学専門教育だけでなく,患者さんへの心配りとコミュニケーション能力を身につけ,研究マインドと医療マインドに基づいて,医療現場の様々な問題や課題解決能力醸成し,医療人として広く社会から信頼される質の高い薬剤師を養成する。そのため,薬学部で学ぶためには,本学の教育理念・教育目的をよく理解し,高校教育課程での理科科目(特に化学や生物)はもちろん,数学や英語などの基礎学力が必要であり,次のような人材を求める。
  • 1. 医療人として人の健康と福祉に貢献したいという強い意志のある人
  • 2. 人への思いやりと協調性を有し,コミュニケーション能力がある人
  • 3. 目標を掲げ,主体的に学ぼうとする学習意欲と高い向学心がある人
  • 4. 薬学の基礎となるサイエンスに興味を持ち,基礎的な学力がある人
  • 5. 高校レベルの基礎的計算力,読解・表現力,論理的思考力がある人
  • 6. 探求心と洞察力を持ち,新しい課題に柔軟に取り組む意欲がある人
入試方法についての薬学部の方針
薬学部では,アドミッションポリシーに掲げるような人材を求めて,次の①~⑥の多様な選抜を行っています。
  • 1. 総合型選抜(基礎学力重視型)では,将来薬剤師になることに強い意志を持ち,化学の知識を有するだけでなく,自己を表現する力とコミュニケーション能力も持ち合わせる総合的な学力を持つ人を求めています。
  • 2. 学校推薦選抜Ⅰ(基礎学力型)では,化学の十分な知識や技能をもち,それをもとにした論理的な思考力を持ち合わせ,主体的に学ぼうとする意欲と向学心のある人を求めています。
  • 3. 学校推薦選抜Ⅱ(小論文型)では,科学的な知識をもとに,問題点を見つけて解決のための思考力や判断力を持つ人を求めています。また,自分の考えを上手に表現し,他と協働して学び,向上していける人を求めています。
  • 4. 一般選抜(前期)では,薬学を学ぶための多様な学力を持つ人を求めています。薬学を学ぶために必要な化学または生物の知識力・思考力を重視した上で,英語または数学の力を併せもつ人を選びます。
  • 5. 一般選抜(後期)では,化学の基本的な知識や技能を有することに加え,小論文を評価することにより論理的な思考力や問題解決への判断力をもって意欲的に取り組める人を求めています。
  • 6. センター試験利用入試では,自然科学分野,国語,英語やリスニングなど,多様な力をもち,新しい課題に柔軟に取り組むための基礎力のある人を求めています。
以上のような選抜によって選ばれた多様な資質をもった方々が,互いを尊重しながら協働し,互いに切磋琢磨して高めあい,高い能力と豊かな人間性をもった薬剤師へと成長してくれるように,薬学部の総力を挙げてサポートしていきます。
短期大学
本学の教育理念を理解した、次のような人材を、広く国内外から受け入れる。
  • 1. 人間(子ども,人間生活,健康)に興味がある人
  • 2. 自ら問題を解決しようとする意欲がある人
  • 3. 地域社会に貢献したいと考えている人
  • 4. 入学後,授業・学生生活などに積極的に取り組みたいと考えている人
  • 5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人
幼児教育学科
幼児教育学科では,短期大学のアドミッション・ポリシーを踏まえ,本学科の目標と特性を理解した以下の入学者を求めている。
  • 1. 人が好きで,保育者として社会に貢献したいと考えている人
  • 2. 自ら考え,行動し,誠実に問題解決をしようとする人
  • 3. 人と交流することに楽しみを感じ,社会のルールを守り協調する気持ちのある人
  • 4. 難しいこと・苦手なことにも,チャレンジしたり努力したりする意欲のある人
  • 5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人
生活実践科学科
生活実践科学科の教育理念を理解した,次のような人材を受け入れる。
  • 1. 衣・食・住をはじめとする家庭生活,および社会生活の質の向上に関心がある人
  • 2. 生活に関する問題について,自ら考え解決しようとする意欲がある人
  • 3. 協調性・柔軟性があり思いやり深く,地域社会に貢献したいと考えている人
  • 4. 家庭や社会で円滑な人間関係を構築できるコミュニケーション能力を身につけたいと考えている人
  • 5. 入学後,授業・学生生活,特に実践力を身につけるために実習・演習などを履修し積極的に取り組みたいと考えている人
  • 6. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人
入試方法についての短期大学の方針
以上の短期大学が求める人材像のほかに各学科の求める人材像を提示した上で,短期大学教育に必要な基礎的資質能力を多面的に判断するため,以下の選抜方式を実施して入学者の選抜を行う。AO入試では,エントリーシート(幼児教育学科では実技を含む)で「思考力・判断力・表現力」を,面接で「入学後の意欲,主体性・協働して学ぶ態度」を重視し,総合的に判断する。総合型選抜・学校推薦選抜Ⅰでは適性検査と調査書で「基礎的知識・思考力」を,学校推薦選抜Ⅱでは小論文と調査書で「基礎的知識・思考力・表現力」を重視し,あわせて面接と調査書で「入学後の意欲,主体性・協働して学ぶ態度」を重視して総合的に判断する。一般選抜・センター利用入試では,「基礎的知識」を重視し判断する。
大学院
人文科学研究科【人材育成の目標】
専攻分野における専門的知識・技能の伝授と研究力鍛錬によって修士論文作成を完成させ、当該分野の専門研 究に参加できる人材の養成を、教育の核とする。併せて専門性を支える教養や実社会で求められる実践的能力を 修得させ、現代社会の諸問題に主体的に対応できる人材を育成することも、主要目標とする。。
人文科学研究科【アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)】
「カリキュラム・ポリシー」に則って十分有効な教育を行い、「ディプロマ・ポリシー」に適う人材を養成する ため、入学学生には下記の条項を満たすことを求める。
  • 1. 日本語・日本文学・英語・英米文学・歴史学いずれかの専門領域において、自ら研究テーマを設定できる
  • 2. 研究を予定しているテーマの資料処理に必要な基礎的言語能力(古文・漢文・英語ほか各国言語読解能力) を備えている
  • 3. 研究を予定しているテーマ及び関連領域について、学士課程修了相当以上の十分な知識・技能を有している
  • 4. 自らの研究テーマについて、口頭及び文章で明確な説明ができる
教育学研究科【人材育成の目標】
現代の教育をめぐる諸問題に高い見識と実践力をもって,指導的な立場で対処できる教育実践者及び教育支援者 の育成を目標とする。そのため,課題探求意識のもと,教育実践と教育支援に関する理論と実践の融合をはかり, 現代の教育現場に活用し得る教育研究能力を涵養する。
教育学研究科【アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)】
教育学研究科は,次のような人を求めている。
  • 1. 教育実践及び教育支援を担う強い使命感と熱意をもつ人
  • 2. 高度で専門的な知識や実践的指導力を身につけたいという意志を持つ人
  • 3. 研究の成果を学校や地域社会に還元したいという意欲のある人
  • 4. 初等教育,幼児教育,養護教育,特別支援教育に関する教職資格を取得している人,あるいは,これらの教 職経験のある人
  • 5. 学部において心理学に関する基礎的知識・技能を修得し,さらに臨床心理に関する高度な専門的知識と実践 的能力・技能を獲得したい人
医療薬学研究科【人材育成の目標】
医療現場における臨床的課題や地域医療における諸問題を対象とする研究領域を中心として,高度な専門性と優れた研究能力を有する人材の養成を目的とする。
医療薬学研究科【アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)】
医療薬学研究科では,基礎・応用・臨床薬学に関する知識・技能・態度に加え,さらに医療人としての適正な倫理性,患者さんの気持ちに寄り添う優しさを持ち,また医療薬学研究に対する強い熱意と,柔軟で知的好奇心に満ちた思考を備えた学生を求める。薬学部出身者のみならず,広く科学を学んだ人や医療施設等で研鑽を積んできた 社会人も対象に,次の5つの志を持つ学生を幅広く受け入れる。
  • 1. 科学的根拠を持って医療現場の諸問題や社会のニーズに応えたいと望んでいる人
  • 2. チーム医療の中で,最適・最新な薬物治療に貢献することを望んでいる人
  • 3. 難治疾患の発症機構の解明と新薬の開発に興味と関心を持っている人
  • 4. 医療現場に直結した創薬や育薬に興味と関心を持っている人
  • 5. 患者さんの心理的苦痛に配慮して,心・身の両面から患者さんを支援することを望んでいる人