就実大学・就実短期大学

表現文化学科

ネパール便り

薬学部第1期生の大塚喜美さんが、青年海外協力隊として、ネパールで活躍されています。

ご本人からの現地レポート「ネパール便り」をご紹介させていただきます。

 

ネパール便り1(2012.2.16)

先日、ようやく首都での語学訓練が終了しゆとりができました。

本日は、配属先の地方開発省と大使館に表敬訪問に行って参りました。

明日より、各々任地へのポスティングが始まります。

 

私は首都から一番遠いため、ポスティングは来週の予定です。

ネパールでの生活にもだいぶ慣れたと思っていたのですが、昨晩から嘔吐が続き、熱が出てしまいました。

10名の隊員がドミトリーで共同生活していたのですが、ほぼ8割が嘔吐を経験しました。

特にカトマンズの水は大腸菌だらけなようです。

 

現在、首都カトマンズは、1日12時間の計画停電があります。

ヘッドライトをつけて勉強したり、冷たい水でシャワーを浴びたり、良い経験です。

朝・晩の生活時間になかなか電気がなく、朝、温かく焼いたパンが食べられることが非常に幸せに感じました。あと、日本食の美味しさに感激です。

 

現在は憲法制定が遅れ、政治的にもネパールは非常に不安定な状態です。

バンダという、ジェネラル ストライキも経験しました。

電気だけでなく、首都は水やガスも不足している状態です。

なんといっても、カトマンズ市内は大気汚染が著しく、マスクが欠かせません。

そんな中でも、ネパールの人々は非常に友好的で、知らない人でも話が止まりません。

私は、ここでの生活がとっても気に入りました。

 

pre-visitプログラムというのがあり、自分の任地に3日間だけ行き、配属先の訪問、アパート探し、環境の確認ができる日がありました。

私の配属先は、カトマンズからポカラに飛行機で飛び、そこからさらにローカルバスで4時間かかるバグルン郡開発委員会になります。

自然に囲まれ、バザールでにぎわうとても良いところです。

 

私は新規案件の村落開発普及員です。要請では、住民参加型の地域開発、地方と行政のエンパワメントを行うような活動内容でしたが、実際にどのような活動を行うかは、半年ほど、任地で生活しつつ、見つけていきたいと思っています。

 

現在ネパール地方開発省では、Local Governance and Community Development Programmeというプロジェクトを実施しています。詳細はまだ勉強不足ですが、その中のSanitation & Hygieneをフィリピン政府が支援しており、その活動を行うSocial Mobilizerの方と、しばらくは村を巡回し、村の様子を知って行きたいと思っています。

薬学の畑から村落開発という全く経験のない分野を選んだわけですが、今まで学んだことや経験したことを生かせるように、考えていきたいと思っています。

 

青年海外協力隊

平成23年度3次隊

村落開発普及員

(Baglung,DDC)

大塚喜美

 

ページトップへ

ネパール便り2(2012.5.30)

任地配属後、3カ月が経過しました。第2報でも任地バグルンでの生活及び活動を報告いたします。

ネパールでは2012年5月27日が憲法成立の最終期限となっており、現在ネパールは様々な政党グループやジャートによるネパール全土にわたるバンダというストライキが続いています。バンダの日は、車等の交通手段が遮断されるだけでなく、お店もすべて閉まってしまいます。また、横断幕を掲げてデモ運動をする集団が訴えながら行進します。憲法成立期限間近になり、私の任地では病院関係や政府関連オフィスは開くと聞いていたのですが、私の職場はデモ隊が閉めるようにと訪れるため、終日閉鎖しています。。。

 

続きはPDFファイルをご覧下さい。

 

ページトップへ

ネパール便り3(2012.8.19)

任地配属後半年が経過しました。凍えそうなくらい寒い時期のネパールに到着し、黒こげになりそうな暑い時期を経験し、遂にネパールも雨期に入りました。村に行くとヒルとの戦いです(涙)カンカン照りで暑い日もあれば、急に雨が降る、そんな予想できない天候の毎日です。雨期は、村の人たちは田植えをしたりと大忙しです。また、道路整備が出来ていないため、雨期には村へのアクセスが困難になります。前方の報告に上げている最も西に位置するNishi村に辿りつくまでに、たった約120Kmの距離で7回Jeepを乗り換える必要があります。私はこの期間は、ひたすら歩いて村に行ったり、他の郡の活動の視察に行くことに費やしました。前報提出後に経験した活動について、及びネパールのご飯について本報では報告します。

 

続きはPDFファイルをご覧下さい。

ページトップへ

ネパール便り4(2013.1.24)

第3報からずいぶん間があいてしまいました。この5カ月はネパールで最大のお祭りもあり、活動以外にもいろいろなことを経験できました!ネパールの絶大な景色を写真と共にお伝えします。

ネパールの最大のお祭りはダサイン!! 11月20日から11月29日は、政府機関はお休みになります。ネパールといえば世界一のエベレストを始め、素晴らしい山々が存在する国です。私は、ダサイン休暇はAnnapurna Base Camp(ABC)に行ってきました。

 

続きはPDFファイルをご覧下さい。

 

ページトップへ

ネパール便り5(2013.2.6)

第4報に続いて、早速、第5報です。しばらくリモートエリア滞在の機会に恵まれました。住民のモティベーションを与える映画を見せるためにパソコンを持ってきていたことが奏して、夜みんなが寝た時間にこつこつと書くことができました。

 

 

 

 

続きはPDFファイルをご覧下さい。

 

ページトップへ

//