就実大学・就実短期大学

表現文化学科

センターの主な活動

病院・薬局実務実習(臨床実習)の前に大学で行う、実務実習事前学習を担当しています。

 

 

各教員は、以下にあげる臨床系の科目を担当しています。

1年次:早期体験学習

 

3年次:薬局管理学, 医療統計学, 調剤学, 医薬品情報学, 薬学対話演習

 

4年次:医療薬学, 処方解析学, 薬剤師職能論, 応用薬学総合演習

 

5年次:病態と薬物治療, チーム医療, 専門薬剤師概論, 薬剤管理指導概論, 医薬品等評価学

 

 

病院・薬局実務実習の成果が上がるように、実習を引き受けていただける病院や保険薬局の指導薬剤師の方や、岡山県病院薬剤師会や岡山県薬剤師会と連絡を取り、改善に務めています。

 

 

中国四国地区の調整機構や調整機関と共同で、薬学生の実務実習の配属先調整に協力しています。

 

地域の病院・薬局と協力して、薬物や生体内物質の体内濃度の測定による治療や病態の研究、ジェネリック医薬品を含めた医薬品の品質・有効性・安全性の研究を行っています。

 

地域の薬剤師(卒業生も含む)を対象とした勉強会を開催したり、岡山県薬剤師会や岡山県病院薬剤師会で行われている勉強会にも参加しています。

 

NPO法人響き合いネットワーク 岡山SP研究会と協同して、医療コミュニケーション教育に必須である模擬患者(Simulated Patient:SP)の育成に協力しています。

 

写真:模擬患者養成講座の様子(岡山SP研究会ホームページより)

 

 

岡山治験ネットワークに参加しています。

 

地域研修支援室としての役割

地域における病院・保険薬局薬剤師の生涯教育や研修・研究の支援施設です。 スタッフが常駐し、医療薬学に関する教育・研修・研究の計画立案、臨床薬学教育研究センター内の機器使用、勉強会・会議などの支援を行います。地域の病院と連携して共同研究も行っています。