就実大学・就実短期大学

表現文化学科
  • 学科トップ
  • その他の情報
  • 学科教員一覧
  • カリキュラム
  • 取得可能な資格
  • 主な進路・就職先

専攻の特色

科学の進歩に伴う医療の高度化,それに伴う様々な医薬品の出現により,医療従事者の役割は日々増大しています。

特に,医療薬学分野での薬学関係者への期待は増すばかりです。

就実大学大学院医療薬学研究科では,「これまでの薬学部教育で培ってきた知識と経験をもとに,患者への最適・最良な薬物治療を実践するために,科学的な根拠を自ら明らかにして新しい治療法を提案できる人材を養成する」ことを教育目標として,次のような資質を備えた人材の育成を目指しています。

1.科学的根拠を持って医療現場の諸問題や社会のニーズに対応できる人材

2.患者を中心とするチーム医療の中で,最適・最新な薬物治療を提案できる人材

3.難治疾患の発症機構を解明し,治療薬の開発を考えることができる人材

4.医療現場の情報から創薬が考えられる人材,また育薬が考えられる人材

5.患者の心理的苦痛に配慮して,心・身の両面から緩和治療ができる人材