教員紹介 医療薬学部門

薬学科教職員紹介 Faculty introduction

医療薬学部門

  • 見尾 光庸(みお みつのぶ)教授 / 免疫薬理学
    見尾 光庸(みお みつのぶ)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 薬学博士
    研究キーワード 薬理学,炎症,免疫,ヒスタミン,肥満細胞,紫外線
    研究題目 ○肥満細胞からのヒスタミン遊離とその抑制メカニズムに関する研究
    ○種々な炎症反応に対する活性酸素とヒスタミンの役割に関する研究
    ○紫外線による肥満細胞からのヒスタミン遊離反応とその抑制に関する研究
    ○紫外線誘発皮膚炎症反応発症機序とその抑制に関する研究
    ○ナノポリマーを用いた炎症制御技術の開発
    主要業績
    • 見尾光庸「抗炎症薬,抗リウマチ薬,痛風治療薬」,佐藤進編『新薬理学テキスト〔第3版〕』,廣川書店(2011)
    • 見尾光庸,小駒益弘,福井裕行,竹田篤「ナノ粒子による炎症性伝達物質吸着を利用した炎症制御の研究」,『ケミカルエンジニヤリング』,第55巻(2010)
    • Satomi A, Mio M, Tanaka K, Kogoma M “Silica nano powder formation using ICP plasma and evaluation of its adsorption ability for biotic substances”, J Photopolymer Sci Tech, 21 (2008)
    • Takatori S, Zamami Y, Yabumae N, Hanafusa N, Mio M, Egawa T, Kawasaki H “Pioglitazone opposes neurogenic vascular dysfunction associated with chronic hyperinsulinaemia”, Br J Pharmacol, 153 (2008)
    • Zamami Y, Takatori S, Yamawaki K, Miyashita S, Mio M, Kitamura Y, Kawasaki H. “Acute hyperglycemia and hyperinsulinemia enhance adrenergic vasoconstriction and decrease calcitonin gene-related peptide-containing nerve-mediated vasodilation in pithed rats”, Hypertens Res, 31 (2008)
  • 小山 眞也(こやま しんや)教授 / 一般医化学(生化学)
    小山 眞也(こやま しんや)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 医学博士
    研究キーワード 細胞内情報伝達,水溶性ビタミン
    研究題目 ○細胞内情報伝達、RAS類縁低分子量GTP結合たんぱく質RALの機能の解析 特にRALBP1に結合するたんぱく質として見出されたPOB1(REPS2)の機能解析
    ○ビタミン、チアミン(ビタミンB1)の細胞内代謝、輸送、ならびに非補酵素的生理活性 特にチアミン3リン酸の合成経路と生理機能の探求
    主要業績
    • Oshiro T, Koyama S, Sugiyama S, Kondo A, Onodera Y, Asahara T, Sabe H, Kikuchi A, Interaction of POB1, a downstream molecule of small G protein Ral, with PAG2, a paxillin-binding protein, is involved in cell migration.,J. Biol. Chem. 277巻41号 p38618-p38626,ASBMB,2005
    • Oshiro T, Koyama S, Sugiyama S, Kondo A, Onodera Y, Asahara T, Sabe H, Kikuchi A.,Interaction of POB1, a downstream molecule of small G protein Ral, with PAG2, a paxillin-binding protein, is involved in cell migration. J Biol Chem. 277巻41号p38618-26,ASBMB ,2002
    • Koyama S and Kikuchi A ( W. E. Balch, Chnning J. Der, Alan Hall編),Regulators and Effectors of Small GTPases. Part F Ras Family I., p127-p138 in Methods Enzymol. Vol. 332,Acadimic Press,2001
  • 丹羽 俊朗(にわ としろう)教授 / 生物薬剤学(薬物動態学)
    丹羽 俊朗(にわ としろう)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 薬学博士
    研究キーワード 薬物代謝酵素,Cytochrome P450,薬物相互作用,遺伝子多型,ステロイド代謝,TDM
    研究題目 ○Cytochrome P450を含むヒトの薬物代謝酵素の基質特異性、遺伝子多型及び薬物相互作用の要因を3次元構造モデルなどを用いて解明する。
    ○ヒトのステロイド代謝に関与する酵素の機能及び特性を解明する。
    主要業績
    • Niwa T, Toyota M, Kawasaki H, Ishii R, Sasaki S. “Comparison of the stimulatory and inhibitory effects of steroid hormones and α-naphthoflavone on steroid hormone hydroxylation catalyzed by human cytochrome P450 3A subfamilies”. Biol Pharm Bull. 44, 579-584 (2021).
    • Niwa T, Okamoto A, Narita K, Toyota M, Kato K, Kobayashi K, Sasaki S. “Comparison of steroid hormone hydroxylation mediated by cytochrome P450 3A subfamilies”. Arch Biochem Biophys. 682, 108283 (2020).
    • Niwa T, Sugimoto S. “Inhibitory and stimulatory effects of selective serotonin reuptake inhibitors on cytochrome P450 2D6-mediated dopamine formation from p-tyramine”. J Pharm Pharm Sci. 22, 585-592 (2019).
    • Niwa T, Narita K, Okamoto A, Murayama N, Yamazaki H. “Comparison of steroid hormone hydroxylations by and docking to human cytochromes P450 3A4 and 3A5”. J Pharm Pharm Sci. 22, 332-339 (2019).
    • Niwa T, Shizuku M, Yamano K., "Effect of genetic polymorphism on the inhibition of dopamine formation from p-tyramine catalyzed by brain cytochrome P450 2D6", Arch Biochem Biophys, 620, 23-27 (2017).
  • 洲﨑 悦子(すざき えつこ)薬学科長 / 解剖学,組織学,細胞生物学
    洲﨑 悦子(すざき えつこ)
    所属学科・職名 薬学科・教授(薬学科長)
    学位 博士(薬学),博士(医学)
    研究キーワード 開口放出,好中球,分泌,細胞配列,消化器系
    研究題目 ○好中球における顆粒の開口放出について、その瞬間に起こっている現象を明らかにするため、1秒間に1000枚の精細画像を取得し、高速・高精細画像解析を試みている。
    ○胃粘膜上皮細胞は常時更新され細胞移動をしているにも関わらず、常時同じ配列を維持している。この矛盾する事実を明らかにするため、細胞配列維持に関与している細胞や分子について検討している。
    ○生体では高次の細胞構築がなされ、2細胞間だけでなく、3細胞が出会う所にも特殊な結合が存在する。小腸上皮において3細胞間の結合に関与する分子を検討している。
    主要業績
    • Okuda J, Kiriyama M, Suzaki E, Kataoka K, Nishibuchi M, Nakai T, “Characterization of proteins secreted from a type III secretion system of Edwardsiella tarda and their roles in macrophage infection”, Disease of Aquatic Organisms, 84 (2009).
    • Suzaki E, Nomura R, Horio T, Mineyuki Y, Kataoka K, “γ-tubulin-like molecules in the mouse duodenal epithelium”, Histochemistry and Cell Biology, 128 (2007).
    • Kataoka K, Suzaki E, Ajima N, “The Hoshino wooden skeleton, the first wooden model of a human skeleton, made during the Edo era in Japan”, Anatomical Science International, 82 (2007).
    • Suzaki E, Wang G, Cao G, Wang H-Q, Englander EW, Greeley Jr. GH, “Apelin cells in the rat stomach”, Regulatory Peptides, 129 (2005).
    • Suzaki E, Suzaki T, Kataoka K, “Use of Taxol and collagenase for better three-dimensional visualization of microtubules in the enterocyte and Brunner’s gland cell, with special reference to their relation to the Golgi apparatus”, Journal of Electron Microscopy, 53 (2004)
  • 森 秀治(もり しゅうじ)大学院 医療薬学研究科長 / 薬理学,薬物治療学,検査技術科学
    森 秀治(もり しゅうじ)
    所属学科・職名 薬学科 / 大学院医療薬学研究科・教授(大学院 医療薬学研究科長)
    学位 学術博士
    研究キーワード 抗体医薬,分子標的薬,炎症,組織リモデリング,サイトカイン
    研究題目 ○組織リモデリングや 炎症・再生に働く活性因子群の分子機能解析と創薬・薬理(分子標的薬):炎症や免疫応答のプロセスは、様々な微量活性因子(サイトカインやケモカイン等)が関与する複雑な生体反応であり、この反応系の破綻(過剰応答や慢性刺激など)は病的な組織構造と機能障害(いわゆる組織リモデリング病態)を引き起こし、種々の難治性疾患の基盤形成へとつながっている。本研究室では、主として炎症関連因子による疾患発症の分子基盤と生体に及ぼす影響について解析し、これらに対する分子標的治療薬の開発を目指した研究を行う。具体的には、サイトカインをはじめとする種々の炎症関連因子群に対する新たな抗体医薬やシグナル遮断薬の開発とその薬効解析を行うこととする。
    主要業績
    • Watanabe M, et al. “The C-terminal region of tumor necrosis factor like weak inducer of apoptosis is required for interaction with advanced glycation end products” Biotechnol Appl Biochem, 66: 254-260 (2019)
    • Gao S, et al. “Histidine-rich glycoprotein ameliorates endothelial barrier dysfunction through regulation of NF-κB and MAPK signal pathway” Br J Pharmacol, 176: 2808-2824 (2019)
    • Gao Y, et al. “Phagocytosis of advanced glycation end products (AGEs) in macrophages induces cell apoptosis” Oxid Med Cell Longev, doi: 10.1155/2017/8419035. (2018)
    • Kuroda K, et al. “Decrease in histidine-rich glycoprotein as a novel biomarker to predict sepsis among systemic inflammatory response syndrome” Critical Care Medicine, 46: 570-576 (2018)
    • Watanabe M, et al. “ Advanced glycation end products attenuate the function of tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis to regulate the inflammatory response” Mol Cell Biochem, 434: 153-162 (2017)
  • 清水 美貴子(しみず みきこ)教授 / 薬物動態学、臨床薬理学
    清水 美貴子(しみず みきこ)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 博士(薬学)
    主要担当科目 薬物動態学、製剤学
    主要担当科目概要 薬物動態学では、薬物の体内動態を定量的に把握するために、血中濃度や尿中排泄量の時間推移から解析する方法論を学びます。さらに、臨床の場で有効で安全な薬物投与設計を行うことができる能力を身に着けます。
    製剤学では、「日本薬局方」に規定されている、医薬品製造に必要な基本的事項、製剤の試験法、品質保証およびそれらの特徴等について学びます。さらに、医薬品の有効性を最大限に発揮させるために、適切な投与形態の選択と製剤設計を行うことができる能力を身に着けます。
    研究キーワード ファーマコメトリクス、プレシジョン・メディシン、自己免疫疾患、マイクロバイオーム、医療経済
    研究題目 1.薬物療法の個体差の克服法の開発
    2.健康食品の科学的エビデンスの構築
    3.地域健康科学研究
    主要業績
    • Yokogawa, et al. Early onset hydroxychloroquine retinopathy and a possible relationship with blood level: comment on the article Petri et al. Arthritis and Rheumatology.73(2): 358-359. doi: 10.1002/art.41497 (2021).
    • Kido K, et al. Meta-analysis comparing direct oral anticoagulants versus warfarin in morbidly obese patients with atrial fibrillation. Am J Cardiol. 126(1): 23-28. doi: 10.1016/j.amjcard.2020.03.048 (2020).
    • Matsuoka K, et al. Factors contributing to the systemic clearance of Infliximab with long-term administration in Japanese patients with Crohn’s disease: Analysis using population pharmacokinetics. Int J Clin Pharmacol Ther. 58(2): 89-102. doi: 10.5414/CP203569 (2019).
    • Akiyama S, et al. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol. 34(10): 1751-1757. doi: 10.1111/jgh.14693 (2019).
    • Matsuoka K, et al. Factors predicting the therapeutic response to infliximab during maintenance therapy in Japanese patients with Crohn's disease. PLoS One. 13(10): e0204632, doi: 10.1371/journal.pone.0204632 (2018).
  • 松尾 浩民(まつお ひろたみ)教授 / 生物薬剤学,生化学,細胞生物学
    松尾 浩民(まつお ひろたみ)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 薬学博士
    研究キーワード エンドサイトーシス,アポトーシス,細胞内小胞輸送,脂質ドメイン
    研究題目 ○後期エンドソーム特異的リン脂質の機能および調節因子の解析
    ○多重小胞構造の生物学的意義と膜ドメインとの関連性の解析
    ○エンドサイトーシスとアポトーシスの関連性に関する解析
    ○細胞内小胞輸送機構に基づいた創薬および治療法の構築
    主要業績
    • 松尾浩民:2017 年ノーベル化学賞受賞に際して 生物物理, 58, 101-102 (2018).
    • T. Hayakawa, A. Makino, M. Murate, I. Sugimoto, Y. Hashimoto, H. Takahashi, K. Ito, T. Fujisawa, H. Matsuo, and T. Kobayashi: pH-dependent formation of MCB-like closely stacked multilamellar vesicles of GM1/Bis(monoacylglycero)phosphate mixed membranes. Biophys J., 92, L13-L16 (2007).
    • A. Makino, K. Ishii, M. Murata, T. Hayakawa, Y. Suzuki, M. Suzuki, K. Ito, T. Fujisawa, H. Matsuo, R. Ishitsuka and T. Kobayashi: D-threo-1-phenyl-2-decanoylamino- 3-morpholino-1-propanol alters cellular cholesterol homeostasis by modulating the endosome lipid domains. Biochemistry, 45, 4530-4541 (2006).
    • H. Matsuo, J. Chevallier, N. Mayran, I. Le Blanc, C. Ferguson, J. Faure, N.S. Blanc, S. Matile, J. Dubochet, R. Sadoul, R.G. Parton, F. Vilbois and J. Gruenberg: Role of LBPA and Alix in multivesicular liposome formation and endosome organization. Science, 303, 531-534 (2004).
  • 豊村 隆男(とよむら たかお)准教授 / 細胞生物学,生化学,分子生物学
    豊村 隆男(とよむら たかお)
    所属学科・職名 薬学科・准教授
    学位 理学博士
    研究キーワード 自然免疫,炎症,病態解析
    研究題目 ○サイトカイン分泌を伴わない潜在的炎症による、単球マクロファージの免疫賦活化・破骨細胞分化への影響を解析。
    ○液胞型ATPaseの機能解析と細胞生物学的意義の解明。
    主要業績
    • Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H, Nishibori M, Mori S. “The C-terminal region of tumor necrosis factor like weak inducer of apoptosis is required for interaction with advanced glycation end products.” Biotechnol. Appl. Biochem. 66 (2019)
    • Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H, Nishibori M, Mori S. “Advanced Glycation End Products Attenuate the Function of Tumor Necrosis Factor-like Weak Inducer of Apoptosis to Regulate the Inflammatory Response.” Mol. Cell Biochem. 434 (2017)
    • 森秀治、渡邊政博、豊村隆男“自然免疫センサーとしてのパターン認識受容体の病態生理学的意義” 就実大学薬学雑誌 3(2016)
    • Sun-Wada G.-H., Toyomura T., Murata Y., Yamamoto A., Futai M., and Wada Y. “The a3 isoform of V-ATPase regulates insulin secretion from pancreatic β-cells.”J. Cell Sci. 119 (2006)
    • Toyomura T., Murata Y., Yamamoto A., Oka T., Sun-Wada G.-H., Wada Y., and Futai M.”From lysosomes to the plasma membrane: localization of vacuolar-type H+-ATPase with the a3 isoform during osteoclast differentiation.” J. Biol. Chem. 278 (2003)
  • 渡邊 政博(わたなべ まさひろ)講師 / 薬理学,薬物治療学,分子生物学
    渡邊 政博(わたなべ まさひろ)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    主要担当科目 薬物治療学Ⅱ
    主要担当科目概要 薬剤師が薬物治療の専門家としてチーム医療に参画・貢献するための基盤となる知識・能力等を身につけることを目的として,疾患の病態と薬物治療について学修する。
    研究キーワード 慢性炎症、終末糖化産物(AGEs)、ダメージ関連分子パターン(DAMPs)、モノクローナル抗体
    研究題目 ○新規炎症関連分子の探索と機能発現メカニズムの解明
    ○モノクローナル抗体を応用した新規臨床検査デバイスの開発
    主要業績
    • Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Nishinaka T, Hatipoglu OF, Takahashi H, Nishibori M, Mori S. Identification of ribosomal protein L9 as a novel regulator of proinflammatory damage-associated molecular pattern molecules. Mol Biol Rep, Vol. 49, No.4, pp. 2831–2838 (2022)
    • Watanabe M, Toyomura T, Tomiyama M, Wake H, Liu K, Teshigawara K,Takahashi H, Nishibori M, Mori S. Advanced glycation end products (AGEs) synergistically potentiated the proinflammatory action of lipopolysaccharide (LPS) and high mobility group box-1 (HMGB1) through their direct interactions. Mol Biol Rep, Vol. 47, No. 9, pp. 7153–7159 (2020)
    • Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H,Nishibori M, Mori S. Advanced Glycation End Products Attenuate the Function of Tumor Necrosis Factor-like Weak Inducer of Apoptosis to Regulate the Inflammatory Response. Mol Cell Biochem, Vol. 434, No. 1, pp. 153-162 (2017)
    • Watanabe M, Fukuoka N, Takeuchi T, Yamaguchi K, Motoki T, Tanaka H,Kosaka S, Houchi H. Developing Population Pharmacokinetic Parameters for High-dose Methotrexate Therapy: Implication of Correlations among Developed Parameters for Individual Parameter Estimation Using the Bayesian Least-squares Method. Biol Pharm Bull, Vol. 37, No. 6, pp.916-921 (2014)
    • Watanabe M, Yamamoto T, Kakuhata R, Okada N, Kajimoto K, Yamazaki N,Kataoka M, Baba Y, Tamaki T, Shinohara Y. Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals. Biochim Biophys Acta, Vol. 1777, No. 1, pp. 104-112 (2008)
  • 原 愛(はら あい)講師 / 免疫薬理学,行動薬理学,神経薬理学,精神薬理学
    原(野上) 愛(はら(のがみ)あい)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード アレルギー,ヒスタミン,肥満細胞,免疫,漢方,認知症
    研究題目 ○薬物アレルギーのモデル動物作製と治療薬の検討
    ○肝類洞閉塞症候群のモデル動物作製と治療薬の検討
    ○肥満細胞からのヒスタミン遊離とその抑制メカニズムに関する研究
    ○漢方薬の薬理学的作用に関する研究
    主要業績
    • 原(野上)愛:疾患薬理学テキスト,岩崎・徳山編,炎症・アレルギー・自己免疫疾患の章を担当,南江堂 (2018)
    • Nogami-Hara A, Nagao M, Takasaki K, et al. The Japanese Angelica acutiloba root and yokukansan increase hippocampal acetylcholine level, prevent apoptosis and improve memory in a rat model of repeated cerebral ischemia. Journal of Ethnopharmacology. 214(25): 190-196 (2018)
    • Nogami-Hara A, Handa A, Mitsuhata C, et al. Allergic activation of RBL-2H3 mast cells with L-Asparaginase and its inhibition by anti-IgE antibody. The Japanese Journal of Pediatric Hematology/Oncology, 54(4): 295 (2017)
    • 原(野上)愛:第58回日本小児血液・がん学会学術集会,優秀ポスター賞受賞(2017)
    • 日本生薬学会論文賞受賞 (2012)
  • 松尾 美奈子(まつお みなこ)助教 / 薬物動態学
    松尾 美奈子(まつお みなこ)
    所属学科・職名 薬学科・助教
    学位 修士(薬学)
    研究キーワード ファーマコメトリクス、プレシジョン・メディシン、自己免疫疾患、マイクロバイオーム、医療経済
    研究題目 ○薬物治療における個人差の発現要因の解明と、克服法の開発
    ○食品成分の科学的エビデンスの構築
    主要業績
    • 準備中
  • 徳永 智典(とくなが とものり)助教 / 解剖学、組織学
    徳永 智典(とくなが とものり)
    所属学科・職名 薬学科・助教
    学位 学士(薬学)
    研究キーワード 糖尿病性腎症(diabetic nephropathies)、免疫組織化学(immunohistochemistry)、糸球体(glomerulus)、ob/ob mouse、腎皮質(kidney cortex)、腎小体肥大(renal corpuscles hypertrophy)、傍糸球体細胞(juxtaglomerular cells) 、renin、タコ足細胞(podocyte)、podocin
    研究題目 ○糖尿病性腎症における早期変化の組織学的解析
    主要業績
    • Tomonori Tokunaga, Yuri Fujiwara, Mai Matsushita, Toshinobu Suzaki, Seiichi Osaki, and Etsuko Suzaki, Glomerular Hypertrophy and Hyperfiltration in Obesity-Related Diabetic (ob/ob) Mouse, Analytical and Quantitative Cytopathology and Histopathology、39,223-230
    • 徳永智典、河野宏貴、尾﨑誠一、洲崎悦子, “各種動物標本の腎臓標本におけるボーマン嚢周長と糸球体面積の計測”, 就実大学薬学雑誌, 5巻, p22-27
    • 洲崎悦子、藤原有里、松下舞、徳永智典、東裕子、平松梓、廣井円香、福田裕司、隅田寛、石村和敬、青山裕彦, “就実大学薬学部生の人体解剖学実習で遭遇した腹部血管の変異について”, 就実大学薬学雑誌, 4巻, p54-58
    • 洲崎悦子、徳永智典、領家洋美、尾﨑誠一、森近俊之、小澤秀弘、小野浩重, “糖尿病性腎症患者に用いられるレニン‐アンギオテンシン系阻害薬に関する検討~岩国医療センターとの連携~”, 就実大学薬学雑誌, 2巻, p73-79