就実大学 人文科学部 総合歴史学科

2018.06.30 

学生メッセージ 【R・Sさん】

その他

R・Sさん

2020年3月卒業 出身高校:岡山県立瀬戸高等学校

Q1.どのような入試の形式でしたか? 

 

 面接試験だけです。

 

Q2.どのような受験勉強が効果的でしたか?

 

 これといった受験勉強はしていませんでしたが、日々の授業をしっかり受けて、定期テストで高得点を取れるように頑張っていました。テストで間違えた箇所は、なぜ間違えたのかを考えるようにしていました。間違えた箇所の見直しは大事だと思います。

 

Q3.総合歴史学科に入って良かった点はなんですか?

 

 過去から学んだことを未来に活かすという価値観を学ぶことができました。

 

Q4.4コースのうち、どのコースを選びましたか? また、その理由も教えてください。

 

 歴史遺産コースを選びました。歴史遺産や観光に興味があり、取っている授業の中でも一番関心を持った分野だからです。

Q5.総合歴史学科専任教員が担当する科目のなかから、印象に残っているものをあげてください。また、その理由も簡単に説明して下さい。

 

 歴史遺産演習4(担当:吉本勇先生)です。この授業には研修旅行があり、旅行を楽しみつつ、その地域の歴史や文化も学べるという点に魅力を感じました。学内で歴史や文化を学んだ上で研修旅行へ出かけるので、とても勉強になります。私が行った場所は、横浜・上野だったのですが、横浜・上野の魅力をたくさん見つけることができました。

 

Q6.資格の取得を目指していますか? 具体的に教えてください。

 

 今のところは考えていません。

 

Q7.大学生活でいま一番力を入れていることや、おもしろいことはなんですか? 

 

 授業とアルバイトと習い事の両立に力を入れています。週1回演劇を習っているのですが、その練習もしなければならないので、両立が大変です。そのため、授業の課題は、アルバイトや習い事がない日や空きコマなどに必ずまとめてするようにしています。

 おもしろいことは友達との交流です。昼休憩や空きコマを一緒に過ごしたり、休日にはどこかに遊びに出かけたりしています。

 

Q8.受験生に一言お願いします。

 

 つらいと思う時もあるかもしれませんが、今を頑張れば明るい未来が待っていると思って頑張ってください。私も受験生だった時つらい思いをしたことがありますが、就実大学総合歴史学科に受かって、友達もでき、楽しい毎日を送っています。応援しています!

 

 

(記録:2018年6月)

戻る