ニュース

地域支援活動・産学連携活動

令和4年度AMED橋渡し戦略的研究に中西教授の研究が採択されました

2022-02-15

 本学薬学部 中西 徹 教授のグループによる再生医療に関する研究が、AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の橋渡し研究戦略的推進プログラムに、昨年度に引き続き採択されました。研究課題は、ヒト脊髄損傷治療用幹細胞開発に関する基礎研究で、本研究による細胞治療によって、神経傷害の治療が慢性期でも実現する可能性があることを初めて明らかにした点などが、今回評価されました。この橋渡し研究戦略的推進プログラムは、AMEDから全国の拠点大学を通じて支援が行われるもので、本研究については、引き続き、岡山大学拠点を通じて支援が行われていく予定です。