ニュース

地域支援活動・産学連携活動

チャレンジワーク お仕事体験教室 「薬剤師になろう」(岡山市立福田公民館主催)

2012-12-01

2012年12月1日岡山市立福田小学校の生徒200名が保育士、医師、看護師、新聞記者、お笑いタレント、警察官など20の職種を体験しました。その中で1年生から6年生までの19名が、子供用白衣に身を包んで薬剤師になりきり、調剤と学校薬剤師の仕事を体験しました。工作室を使って、「水剤と計数」、「散剤(手分包)」、「軟膏」、「学校薬剤師体験」の4つのブースを作り、4~5名のグループに分かれてローテーションしながら体験しました。教室内で煎じた桂枝湯のあまい香りが漂う中、皆さん真剣に、また楽しく取り組んでくれました。後日送付されたアンケートでは、回答したすべての生徒が「とても楽しかった」を選択、参加した半数が「ぜったい薬剤師になる」を選んでくれました。「薬剤師でいろんなことができてとても楽しかったです。でも、薬を飲むと苦かったです」「将来薬剤師になったらまたやりたいです」「普通できないことができ、いろんな薬にもふれたのでよかったです」などの感想がありました。お仕事体験教室の様子はoniビジョンでも放映されています。最後になりましたが、子供用白衣をご貸与下さいました岡山市学校薬剤師会はじめご協力いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

(薬学部 学外教育委員会)

 

 

1.体育館に20の職種が出そろいました。 2.工作室を薬局に見立てて、準備開始。
3.学校薬剤師体験 4.散剤(手分包)
5.水剤と計数 6.軟膏