ニュース

学会・セミナー

第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウムにおいて、井上 大輔 助教が優秀発表賞を受賞しました。

2013-11-23

2013年11月23,24日に仙台で開催された、第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(主催:日本薬学会医療薬科学部会)において、薬学科応用薬学分野(薬物動態学)の井上 大輔 助教が、一般口演で優秀発表賞を受賞しました。また、本受賞に際して、2014年6月28,29日に東京で開催された医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウムにおいて、受賞講演を行い、授賞式が執り行われました。

 

2013年11月23日 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム

【優秀発表賞(一般口演)受賞発表題目】

「Estimation of Nasal Drug Absorption Using A New Prediction System Considering Nasal Physiologic Function」Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Ken-ichi Ogawara, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Toshiro Niwa

 

2014年6月29日 医療薬科学シンポジウム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム

【若手研究者受賞講演】

「生理的機能を考慮した経鼻吸収予測システムの構築」 井上大輔

 

 

 

受賞講演の様子

優秀発表賞の賞状