教員紹介 臨床薬学部門

薬学科教職員紹介 Faculty introduction

臨床薬学部門

  • 北村 佳久(きたむら よしひさ)教授 / 精神神経薬理学
    北村 佳久(きたむら よしひさ)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 博士(薬学)
    主要担当科目 処方解析学Ⅰ、医薬品情報学、新薬開発論、実務実習事前学習
    主要担当科目概要 薬剤師の業務には調剤、処方鑑査、調剤鑑査、薬歴作成、服薬指導、処方設計および医療者への教育等、多岐に渡っています。その基盤として、どの業務に関しても医薬品情報を適切に入手し、評価し、実践する能力が必須です。さらに、これら医薬品情報から患者の処方を評価し、安心・安全な薬物治療を提供する必要があります。これら能力の醸成を目的に授業を行っています。
    研究キーワード 精神疾患、うつ病、認知機能、睡眠障害、せん妄、炎症、精神腫瘍学
    研究題目 ○炎症誘発精神機能変化の病態解明および予防薬開発
    ○抗がん剤誘発精神機能および認知機能障害の病態解明および予防薬開発
    ○治療抵抗性うつ病の病態解明および次世代抗うつ薬開発
    ○がん患者の気持ちに配慮した薬剤師の適正なコミュニケーションスキル開発
    主要業績
    • Sugiura S, Kitamura Y, Izushi Y, Ushio S, Sendo T. Factors associated with work efficiency in home health care by pharmacists. Acta Medica OKAYAMA 2022; 76: 307-315.
    • Uchida M, Ushio S, Niijima T, Takechi K, Kawazoe H, Hidaka N, Tanaka A, Araki H, Zamami Y, Ishizawa K, Kitamura Y, Sendo T, Kawasaki H, Namba H, Shibata K, Tanaka M, Takatori S. Renin-Angiotensin-Aldosterone System Inhibitors Prevent the Onset of Oxaliplatin-Induced Peripheral Neuropathy: A Retrospective Multicenter Study and in Vitro Evaluation. Biol Pharm Bull. 2022; 45: 226-234.
    • Tabuchi H, Kitamura Y, Ushio S, Kan S, Wada Y, Sumiyoshi Y, Izushi Y, Miyazaki I, Asanuma M, Sendo T. Influence of 5-HT2A receptor function on anxiety-like behavior induced by combination treatment with doxorubicin and cyclophosphamide in rats. Psychopharmacology 2021; 238:3607-3614.
    • Matsumoto D, Ushio S, Wada Y, Noda Y, Esumi S, Izushi Y, Kitamura Y, Sendo T. Bumetanide prevents diazepam-modified anxiety-like behavior in lipopolysaccharide-treated mice. Eur J Pharmacol. 2021 Aug 5;904:174195. doi: 10.1016/j.ejphar.2021.174195.
    • Kameda S, Kitamura Y, Masaoka Y, Fujimoto M, Ushio S, Sendo T. Investigation of the difficulties experienced by pharmacists in Japan when communicating with cancer patients. J Clin Pharm Ther. 2021; 46:181-189.
  • 名和 秀起(なわ ひでき)教授 / 臨床薬学
    名和 秀起(なわ ひでき)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード 臨床薬学,臨床疫学,シミュレーション教育
    研究題目 ○医療ビッグデータを活用した臨床疫学研究
    ○シミュレーション教育プログラムの体制構築に関する検討
    主要業績
    • ShioriNishiuchi, KentaYagi, HiroumiSaito, YoshitoZamami, TakahiroNiimura, KojiMiyata, YoshikaSakamoto, KimikoFukunaga, ShunsukeIshida, HirofumiHamano, FukaAizawa, MitsuhiroGoda, MasayukiChuma, YukiIzawa-Ishizawa, HidekiNawa, HiroakiYanagawa, YasunariKanda, KeisukeIshizawa; Investigation of drugs for the prevention of doxorubicin-induced cardiac events using big data analysis. European Journal of Pharmacology, (928), https://doi.org/10.1016/j.ejphar.2022.175083 (2022)
    • Rei Nakayama, Hideki Nawa, Takayoshi Maiguma, Yuichi Tasaka; Analysis of the Possibility of Drug-Induced Aspiration Pneumonia Due to Anxiolytics by Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database. BPB Reports, 5, (3) 39-41 (2022)
    • Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Hirofumi Hamano, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa; Evaluation of potential complications of Interstitial Lung Disease associated with antiandrogens using data from databases reporting spontaneous adverse effects. Frontiers in Pharmacology, (12) 10.3389/fphar.2021.655605. (2021)
    • Hideki Nawa, Takahiro Niimura, Kenta Yagi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa; Evaluation of potential complication of interstitial lung disease with abemaciclib and palbociclib treatments. Cancer Reports. e1402. https://doi.org/10.1002/cnr2.1402. (2021)
    • Triphasic vascular responses to bradykinin in the mesenteric resistance artery of the rat.
      Hideki Nawa, Hiromu Kawasaki, Akira Nakatsuma, Satiko Isobe, Yuji Kurosaki European Journal of Pharmacology ;433(1):105-113 (2001)
  • 島田 憲一(しまだ けんいち)教授 / 臨床薬学・薬理学
    島田 憲一(しまだ けんいち)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード がん化学療法,抗菌薬適正使用,がん化学療法副作用対策
    研究題目 ○医療現場における薬物療法、中でも特にがん化学療法や感染対策についての問題点の調査・検討
    ○がん化学療法の副作用軽減に関する基礎的研究
    ○医療機関におけるがん化学療法や抗菌薬の使用状況および適正使用に関する調査等
    主要業績
    • 國府團,五味田裕編『薬剤師・看護師・医薬系学生のための臨床医薬略語集』,医歯薬出版,2010〔分担執筆〕
    • 江川孝,谷口律子,柴田隆司,前田純子,小野浩重,島田憲一,五味田裕「PBL型コミュニケーション演習における模擬患者の積極的活用と演習内容の評価」,『医療薬学』第36巻(2010)
    • Tadatsugu Tarumi, Azusa Mikami, Kenichi Shimada Chiaki Kamei,”Participation of the Cholinergic System in Ameliorating Effect of Vasopressin Fragment by Group I Metabotropic Glutamate Receptor Blockade”,J Pharmacol Sci.,3(2008)
    • 塚田由美子,見市昇,荒木雅史,吉野公博,北浦道夫,木口亨,木村圭吾,善家雄吉,島田憲一 他「ノロウィルスアウトブレイクに対する組織的な取り組み」,『香川労災病院雑誌』第14巻(2008)
    • 木口亨,各務慎一,滝本秀隆,島田憲一 他B細胞性前リンパ球性白血病の1例」,『香川県内科医会誌』第43巻(2007)
  • 加地 弘明 (かじ ひろあき)准教授 / 医療薬学,臨床生化学,免疫学
    加地 弘明 (かじ ひろあき)
    所属学科・職名 薬学科・准教授
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード TDM,副作用対策,糖尿病,マクロファージ
    研究題目 〇糖尿病治療薬(DPP4阻害薬)の治療効果耐性に関する基礎検討
    〇透析患者におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬の臨床効果に関する研究
    〇マクロファージの貪食作用におけるチロシンキナーゼSykの役割に関する研究
    〇薬局における地域医療への貢献に関する研究
    主要業績
    • チーム基盤型学習(TBL)実施に向けた取り組みとその評価
      加地弘明、山﨑勤、吉川弥里、山田陽一、他
      就実大学薬学雑誌 第7巻 69-75(2020)
    • 在宅医療において薬剤師に求められる役割に関する医療介護系多職種の意識調査~福山在宅どうしよう会での活動を通して~
      加地弘明、弘中沙樹、平田悟史、小野浩重
      就実大学薬学雑誌 第5巻 47-51(2018)
    • Kawakami T, He J, Morita H, Yokoyama K, Kaji H, Tanaka C, Suemori S, Tohyama K, Tohyama Y, “Rab27a is essential for the formation of neutrophil extracellular traps(NETS) in neutrophil-like differentiated HL60 cells” PLOS ONE. 9(1), e84704 (2014)
    • Shinichi Watanabe; Katsuya Suemaru, PhD; Kenshi Takechi, PhD; Hiroaki Kaji, PhD; Kimie Imai, PhD; Hiroaki Araki, PhD, “Oral mucosal adhesive films containing royal jelly accelerate recovery from 5-fluorouracil-induced oral mucositis” Journal of Pharmacological Sciences, 121, 110-118 (2013)
    • Tanaka K, Ogo H, Kaji H, Miyatake K, Tokudome E, Sonoda K, Ogawa N, Asanuma M. “Dipeptidyl compounds ameliorate the serum-deprivation-induced reduction in cell viability via the neurotrophin-activating effect in SH-SY5Y cells.” Neurol Res. Jul;34(6):619-22 (2012)
  • 毎熊 隆誉(まいぐま たかよし)准教授 / 医薬品副作用解析学,臨床統計学,医療コミュニケーション学
    毎熊 隆誉(まいぐま たかよし)
    所属学科・職名 薬学科・准教授
    学位 薬学博士
    研究キーワード 薬剤性腎機能障害, 周術期疼痛管理, ジェネリック医薬品, アトピー性皮膚炎, 抗癌剤誘発性口内炎,医療コミュニケーション教育,模擬患者
    研究題目 ○臨床現場でのリサーチクエスチョンに対する薬剤疫学的な検討(薬剤師が介入することによるMRSA治療薬バンコマイシンの腎障害抑制、外来糖尿病患者に対する血糖管理、および周術期疼痛管理への影響)
    ○ジェネリック医薬品の臨床効果に関する研究(医薬品の使用感についての主観的な評価や患者の生活の質QOLへの影響)
    ○アトピー性皮膚炎の慢性増悪因子に着目した新規治療薬の探索
    ○培養ヒト細胞を用いた副作用発現メカニズム解析(重症薬疹としてのスティーブンス・ジョンソン症候群、抗癌剤による遅発性口内炎)
    ○薬学教育のコミュニケーション技法に関する研究(PBL、ロールプレイ、模擬患者参加型の医療面接)
    主要業績
    • Maiguma T, Komoto A, Shiraga E, Hagiwara S, Onishi J, Li M, Teshima D. Influence of Pharmacist Intervention on Re-Elevation of Glycated Hemoglobin for Diabetic Outpatients. Hospital Pharmacy. https://doi.org/10.1177/0018578719883806 (2019)
    • 白髪, 大西, 廣本, 李, 手嶋, 毎熊. 外来糖尿病患者に対する「薬剤師外来」の成果. 医療薬学, 45, 135-142 (2019)
    • Komoto A, Maiguma T, Teshima D, Sugiyama T, Haruki Y. Effects of pharmacist intervention in Vancomycin treatment for patients with bacteremia due to Methicillin-resistant Staphylococcus aureus. PLoS One, 13, e0203453 (2018)
    • 増田, 毎熊, 広本, 春木, 杉山, 手嶋. 抗菌薬TDMガイドライン2016におけるバンコマイシン初期投与設計に対するeGFRを用いたノモグラムの検証-軽度から中等度の腎機能低下患者における検討-. TDM研究, 34, 132-136 (2017)
    • 渡辺, 毎熊, 難波, 山崎, 高取, 広本, 賀勢, 今井, 安藤, 手嶋. 療養病棟における入院9週目以降での薬剤師の介入効果―病棟薬剤業務における処方提案―. 医療薬学. 42(8), 551-557 (2016)
  • 河野 奨(かわの すすむ)講師 / 臨床薬学
    河野 奨(かわの すすむ)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    主要担当科目 薬事関係法規・処方解析II・実務実習事前学習
    主要担当科目概要 薬事関連法規・薬学部で法律を勉強する意味は、薬剤師自身の身を守るためではなく、患者さんの健康被害などの不利益を最小限にするためです。医療や薬に関連する法律があるのはその裏側に少なからず患者さんに不利益が発生した過去があります。その不利益を最小限に留めるためには「どう行動した良いだろう?」を一緒に考えられるような授業を目指しています。
    研究キーワード ペプチド合成、ケミカルバイオロジー、テキストマイニング
    研究題目 ○生理活性ペプチドの構造活性相関(糖鎖を模倣するペプチド)
    ○薬剤師の介入による地域の医療・保健・衛生に関わるアウトカムの変化に関する研究
    主要業績
    • 木下淳、松尾実菜、大渕絢子、河野奨 大学教員と災害薬事に関わる薬剤師による災害時医療に関する臨床準備教育の試み 薬学教育 Doi:10.24489/jjphe2019-019
    • Kawano S., Iyaguchi D., Okada C., Sasaki Y., Toyota E., Expression, Purification, and Refolding of Active Recombinant Human E-selectin Lectin and EGF Domains in Eschericia coli. The Protein Journal, 32(5), 386-391, 2013.
    • Kawano S., Iyaguchi D., Sasaki Y., Sekizaki H., Toyota E., Identification of a novel carbohydrate-mimicking octapeptide from chemical peptide library and characterization as selectin inhibitor. Biological & Pharmaceutical Bulletin, 34(6), 883-889, 2011.
    • Iyaguchi D., Kawano S., Takada K., Toyota E., Structural basis for the design of novel Schiff base metal chelate inhibitors of trypsin. Bioorganic & medicinal chemistry, 18(6), 2076-2080, 2010.
    • Yamada T., Terashima T., Kawano S., Furuno R., Okubo T., Juneja L.R., Yokogoshi H., Theanine, gamma-glutamylethylamide, a unique amino acid in tea leaves, modulates neurotran. Amino Acid, 36(1), 21-27, 2009.
  • 田坂 祐一 (たさか ゆういち)講師 / 医療薬学
    田坂 祐一 (たさか ゆういち)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード プレアボイド、患者安全、副作用マネジメント、医療経済効果、ドラッグリポジショニング
    研究題目 ○薬剤師による薬学的介入と医療経済効果に関する基盤研究
    ○医薬品使用に関する患者安全推進(転倒・転落事故防止、副作用回避)に向けた臨床疫学研究
    ○粘膜障害を起こしにくい新規NSAIDsの作用機序解明と他疾患治療薬への応用
    ○慢性腎臓病および薬剤性腎障害の病態解明および治療薬の開発
    ○薬剤性誤嚥性肺炎の病態解明および治療薬の開発
    主要業績
    • Rei Nakayama, Hideki Nawa, Takayoshi Maiguma, Yuichi Tasaka, Analysis of the possibility of drug-induced aspiration pneumonia due to anxiolytics by using the Japanese Adverse Drug Event Report database. BPB Reports. 2022 (in press)
    • 竹内はる香, 立野朋志, 尾上洋, 廣田美祐紀, 廣戸敬毅, 監物英男, 伊達元英, 田坂祐一. 薬局プレアボイドの分析に基づく外来患者における薬剤関連問題の特徴 医療薬学, 48(5), 194–202, 2022
    • 岡夏未, 近藤真志, 松原秀樹, 出石啓治, 田坂祐一, 3種類以上の薬剤服用時の薬物間相互作用に関する後方視的検討~岡山県児島地区の保険薬局における多施設共同研究~ YAKUGAKU ZASSHI, 141(7), 979–984, 2021
    • Aisa Tanaka, Yuichi Tasaka, Haruka Takeuchi, Emina Teramoto, Natsumi Oka, Noriaki Hidaka, Akihiro Tanaka, Hiroaki Araki, Effects of trazodone on motor coordination and balance alterations following thiopental-induced anesthesia in mice. 就実大学薬学雑誌, 8, 75-80, 2021
    • Yuichi Tasaka, Akihiro Tanaka, Daiki Yasunaga, Takashige Asakawa, Hiroaki Araki, Mamoru Tanaka, Potential drug-related problems detected by routine pharmaceutical interventions: safety and economic contributions made by hospital pharmacists in Japan. J Pharm Health Care Sci. 4:33, eCollection, 2018
  • 出石 恭久 (いずし やすひさ)助教
    出石 恭久 (いずし やすひさ)
    所属学科・職名 薬学科・助教
    学位 博士(医学)
    研究キーワード 準備中
    研究題目 準備中
    主要業績
    • Tagashira H*, Izushi Y* (*: co-first author), Ikuta T, Koike Y, Kitamura Y and Yamamoto H.Regimen of 5-fluorouracil and cisplatin increases the risk of extravasation in patients undergoing chemotherapy
      IN VIVO. 35: 1411-1145 (2021).
    • Morii C*, Tanaka HY* (*: co-first author), Izushi Y, Nakao N, Yamamoto M, Matsubara H, Kano MR and Ogawa A. 3D in vitro Model of Vascular Medial Thickening in Pulmonary Arterial Hypertension
      Front Bioeng Biotechnol. 8:482 (2020).
    • Izushi Y, Shiota N, Tetsunaga T, Shimada K, Egawa T, Kiuchi T, Sato T, Takuma R,·Takami Y. The clinical impact of edoxaban for the patients with postoperative anemia after total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 28:1349–1358 (2018).
    • Izushi Y, Teshigawara K, Liu K, Wang D, Wake H, Takata K, Yoshino T, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M. Soluble form of the receptor for advanced glycation end-products attenuates inflammatory pathogenesis in a rat model of lipopolysaccharide-induced lung injury. J Pharmacol Sci. 130: 226-34 (2016).
    • Izushi Y, Takami Y, Shiota N, Tetsunaga T, Ookura Y, Shimada K, Egawa T, Kiuchi T, Sato T, Takuma R. Clinical Assessment of Postoperative Anemia Associated with Edoxaban in Patients Undergoing Total Knee Arthroplasty Compared to Fondaparinux. Biol Pharm Bull. 39: 516-23 (2016).
  • 吉井 圭佑 (よしい けいすけ)助教 / 臨床薬学・臨床栄養学・災害医療
    出石 恭久 (いずし やすひさ)
    所属学科・職名 薬学科・助教
    学位 博士(医療薬学)
    研究キーワード 災害対策、防災対策、医薬品暴露、災害時教育
    研究題目 ○地域の災害・防災対策向上に関する研究
    ○医療用医薬品の汚染・暴露に関する研究
    ○薬学生への災害時教育に関する研究
    主要業績
    • 吉井圭佑,原(野上)愛,見尾光庸,杉山哲大,中心静脈カテーテルに関する知識と経験について医療職種間での調査-薬剤師に求められていることと今後の課題-,Medical Nutritionist of PEN Leaders,4(1),42-8,2020
    • 吉井圭佑,原(野上)愛,見尾光庸,杉山哲大,薬剤師の病棟配置は医師・看護師の業務負担を軽減させるか:医師・看護師を対象としたアンケート調査,就実大学薬学雑誌,6(1),71-9,2019