教員紹介 臨床薬学部門

薬学科教職員紹介 Faculty introduction

臨床薬学部門

  • 柴田 隆司(しばた たかし)教授 / 医療系薬学,(A)臨床薬学
    柴田 隆司(しばた たかし)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 薬学修士
    研究キーワード 薬効薬理,臨床薬学,薬物血中濃度測定
    研究題目 ○薬物の効果と薬物血中濃度を測定し、効果と濃度の相関性を求める。抗てんかん薬、抗不整脈薬などの血中濃度測定をHPLCを用い確立する。
    ○薬物間相互作用を検討するため、血中濃度や尿中排泄量などを指標に探求する。相互作用を検討する手段として、血中濃度や尿中排泄量を指標とした系を確立し、具体的な薬物の相互作用を検討中である。
    ○薬学部における教育方法の改善について PBLは自己学習の方式を学ぶ機会提供である。従来の講義だけでなくPBLを意識した学習を試みている。
    主要業績
    • 柴田隆司,沼田まみ,森田修之,早川孝裕,田中陸夫,「新生児・未熟児におけるフェノバルビタール静注時の薬物動態 」, 『病院薬学』 vol.17 (1991)
    • Hori R, Okumura K, Inui K, Shibata T, Kikkoji T, Kamiya A, ”A quantitative method of evaluating the diuretic response to furosemide in rats” Pharmac.Res. vol.5 (1988)
    • 柴田隆司,田村 豊,『新しい医学教育の流れ’06夏 第21回医学教育セミナーとワークショップの記録 』,2006年
    • 毎熊隆誉,加地弘明,犬飼容子,谷口律子,江川 孝,小野浩重,柴田隆司,牧野和隆,手嶋大輔,「患者ニーズに応じた服薬指導を目指した薬学教育プログラムの構築-PBL型コミュニケーション演習-」,『日本医療薬学会誌』 vol.33(2007)
    • 江川 孝,谷口律子,柴田隆司,前田純子,小野浩重,島田憲一,五味田裕,「PBL型コミュニケーション演習における模擬患者の積極的活用と演習内容の評価」,『日本医療薬学会誌』 vol.35 (2009)
  • 手嶋 大輔(てしま だいすけ)大学院 医療薬学研究科長 / 医療薬学
    手嶋 大輔(てしま だいすけ)
    所属学科・職名 薬学科・教授(大学院 医療薬学研究科長)
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード 薬剤疫学,TDM,副作用
    研究題目 〇腎移植時の免疫抑制剤、ミコフェノール酸モフェチルのTDM研究
    〇MRSAに対する抗生剤テイコプラニンのTDM研究
    〇がん化学療法における各種抗がん剤による口内炎の発症メカニズムおよびその予防のための検討
    主要業績
    • 抗菌薬TDMガイドライン2016におけるバンコマイシン初期投与設計に対するeGFRを用いたノモグラムの検証-軽度から中等度の腎機能低下患者における検討-(増田, 毎熊, 広本, 春木, 杉山, 手嶋)  TDM研究, 34(4)132-136 (2017).
    • 腎機能に着目したバンコマイシンTDM解析ソフトの特性に基づいた初期投与設計(春木, 広本, 岡, 春木, 増田, 杉山, 手嶋、近藤, 毎熊)就実大学薬学雑誌1, 47-54 (2016).
    • 薬剤師から見た医師主導バンコマイシン初期投与設計の評価(増田, 毎熊, 広本, 春木, 杉山, 近藤, 手嶋)就実大学薬学雑誌1, 62-70 (2016).
    • 療養病棟における入院9週目以降での薬剤師の介入効果-病棟薬剤業務における処方提案-(渡辺, 毎熊, 難波, 山崎, 高取,廣本, 賀勢, 今井, 安藤, 手嶋)  医療薬学42(8), 551-557(2016)
    • Impact of pharmacist intervention on preventing nephrotoxicity from vancomaycin. (N. Masuda, T. Maiguma, A. Komoto, Y. Haruki, T. Sugiyama, S. Kondo, D. Teshima )  International Journal of clinical pharmacology and therapeutics, 53(4), 284-291(2015).
  • 小野 浩重(おの ひろしげ)教授 / 薬物療法設計学
    小野 浩重(おの ひろしげ)
    所属学科・職名 薬学科・教授 (臨床薬学教育研究センター長)
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード 糖尿病,インクレチン,DDS
    研究題目 ○インスリンの消化管吸収改善に関する研究
    ○GLP-1受容体作動薬とSU薬によるインスリン分泌増強作用機序の解明に関する研究
    ○GLP-1分泌促進作用を有する健康食品に関する研究
    主要業績
    • Kaji H., Inukai Y., Maiguma T., Ono H., Teshima D., Hiramoto K. and Makino K, “Radical scavenging activity of bisbenzylisoquinoline alkaloids and traditional prophylactics against chemotherapy-induced oral mucositi”,J ClinPharmTher., 34(2008)
    • Toorisaka E., Hashida M., Kamiya N., Ono H., Kokazu Y. and Goto M.,“An enteric-coated dry emulsion formulation for oral insulin delivery”,J Control Release,107(1), (2005)
    • Toorisaka E., Ono H., Arimori K., Kamiya N. and Goto M.,“Hypoglycemic effect of surfactant-coated insulin solubilized in a novel solid-in-oil-in-water (S/O/W) emulsion”, Int. J. Pharm., 252(2003)
  • 名和 秀起(なわ ひでき)教授 / 臨床薬学
    名和 秀起(なわ ひでき)
    所属学科・職名 薬学科・教授
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード 臨床薬学,抗がん剤暴露,シミュレーション教育
    研究題目 ○シミュレーション教育プログラムの体制構築に関する検討
    ○抗がん剤の暴露防止に関する研究
    主要業績
    • 万代 康弘, 小川 敦, 山田 あかね, 西宮 祐輔, 日野 隼人, 白石 奈緒子, 勝部 理早, 蔵田 靖子, 大月 理恵子, 大川 恭昌, 山地 恵民, 錦織 淳美, 名和 秀起, 大澤 晋, 千堂 年昭, 那須 保友「病院薬剤師対象シミュレーション教育実践に向けた研究会発足 病院薬剤師教育実践報告と教育効果の考察」, 新しい医学教育の流れ vol. 17 (2017)
    • 座間味義人、江角 悟、相良英憲、槙田崇志、天野 学、安藤哲信、名和秀起、北村佳久、千堂年昭、名倉弘哲「光に対して不安定な薬剤を経管投与する際の有効な投与方法の開発」, 医学と薬学 vol.73 (2016)
    • 東恩納 司、名和秀起、河崎陽一、松島幸枝、西本仁美、矢尾和久、北村佳久、千堂年昭「抗がん剤投与時における看護師への暴露状況の調査と対策」, 日本病院薬剤師会雑誌 vol. 51 (2015)
    • Tamaki C, Nawa H, Takatori S, Oda S, Sendo T, Zamami Y, Kawasaki H.
      Anandamide induces endothelium-dependent vasoconstriction and CGRPergic nerve-mediated vasodilatation in the rat mesenteric vascular bed.
      J Pharmacol Sci. 2012;118(4):496-505.
    • Hideki Nawa, Hiromu Kawasaki, Yuji Kurosaki
      Different Prostanoids Are Involved in Bradykinin-Induced Endothelium-Dependent and -Independent Vasoconstriction in Rat Mesenteric Resistance Arteries.
      Journal of Pharmacological Sciences ;94(2):115-121 (2004)
  • 島田 憲一(しまだ けんいち)准教授 / 臨床薬学・薬理学
    島田 憲一(しまだ けんいち)
    所属学科・職名 薬学科・准教授
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード がん化学療法,抗菌薬適正使用,がん化学療法副作用対策
    研究題目 ○医療現場における薬物療法、中でも特にがん化学療法や感染対策についての問題点の調査・検討
    ○がん化学療法の副作用軽減に関する基礎的研究
    ○医療機関におけるがん化学療法や抗菌薬の使用状況および適正使用に関する調査等
    主要業績
    • 國府團,五味田裕編『薬剤師・看護師・医薬系学生のための臨床医薬略語集』,医歯薬出版,2010〔分担執筆〕
    • 江川孝,谷口律子,柴田隆司,前田純子,小野浩重,島田憲一,五味田裕「PBL型コミュニケーション演習における模擬患者の積極的活用と演習内容の評価」,『医療薬学』第36巻(2010)
    • Tadatsugu Tarumi, Azusa Mikami, Kenichi Shimada Chiaki Kamei,”Participation of the Cholinergic System in Ameliorating Effect of Vasopressin Fragment by Group I Metabotropic Glutamate Receptor Blockade”,J Pharmacol Sci.,3(2008)
    • 塚田由美子,見市昇,荒木雅史,吉野公博,北浦道夫,木口亨,木村圭吾,善家雄吉,島田憲一 他「ノロウィルスアウトブレイクに対する組織的な取り組み」,『香川労災病院雑誌』第14巻(2008)
    • 木口亨,各務慎一,滝本秀隆,島田憲一 他B細胞性前リンパ球性白血病の1例」,『香川県内科医会誌』第43巻(2007)
  • 加地 弘明 (かじ ひろあき)講師 / 医療薬学,臨床生化学,免疫学
    加地 弘明 (かじ ひろあき)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード TDM,副作用対策,糖尿病,マクロファージ
    研究題目 〇糖尿病治療薬(DPP4阻害薬)の治療効果耐性に関する基礎検討
    〇透析患者におけるHMG-CoA還元酵素阻害薬の臨床効果に関する研究
    〇マクロファージの貪食作用におけるチロシンキナーゼSykの役割に関する研究
    〇薬局における地域医療への貢献に関する研究
    主要業績
    • Kawakami T, He J, Morita H, Yokoyama K, Kaji H, Tanaka C, Suemori S, Tohyama K, Tohyama Y, “Rab27a is essential for the formation of neutrophil extracellular traps(NETS) in neutrophil-like differentiated HL60 cells” PLOS ONE. 9(1), e84704 (2014)
    • Shinichi Watanabe; Katsuya Suemaru, PhD; Kenshi Takechi, PhD; Hiroaki Kaji, PhD; Kimie Imai, PhD; Hiroaki Araki, PhD, “Oral mucosal adhesive films containing royal jelly accelerate recovery from 5-fluorouracil-induced oral mucositis” Journal of Pharmacological Sciences, 121, 110-118 (2013)
    • Tanaka K, Ogo H, Kaji H, Miyatake K, Tokudome E, Sonoda K, Ogawa N, Asanuma M. “Dipeptidyl compounds ameliorate the serum-deprivation-induced reduction in cell viability via the neurotrophin-activating effect in SH-SY5Y cells.” Neurol Res. Jul;34(6):619-22 (2012)
    • C. Tanaka, H. Kaji, R. Hazama, K. Yokoyama, E. Kinoshita, T. Tsujioka, K. Tohyama, H. Yamamura, H. NIshio, Y. Tohyama, “Rab27b regulates c-kit expression by controlling the secretion of stem cell factor” Biochem. Biophys. Res. Commun., 419, 368-373(2012)
    • K. Yokoyama, H. Kaji, J. He, C. Tanaka, R. Hazama, T. Kamigaki, Y. Ku, K. Tohyama, Y. Tohyama, “Rab27a negatively regulates phagocytosis by prolongation of the actin-coating stage around phagosomes“ J. Biol. Chem., 286, 5375-5382(2011)
  • 毎熊 隆誉(まいぐま たかよし)講師 / 医薬品副作用解析学,臨床統計学,医療コミュニケーション学
    毎熊 隆誉(まいぐま たかよし)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 薬学博士
    研究キーワード 医薬品副作用,横紋筋融解症,抗癌剤,口内炎,医療コミュニケーション,模擬患者,病院・薬局実務実習,ジェネリック医薬品
    研究題目 ○培養ヒト細胞を用いた副作用発現メカニズム解析(重症薬疹としてのスティーブンス・ジョンソン症候群、抗癌剤による遅発性口内炎)
    ○アトピー性皮膚炎の慢性増悪因子に着目した新規治療薬の探索
    ○薬学教育のコミュニケーション技法に関する研究(PBL、ロールプレイ、模擬患者参加型の医療面接)
    ○ジェネリック医薬品の臨床効果に関する研究
    主要業績
    • 増田, 毎熊, 広本, 春木, 杉山, 手嶋. 抗菌薬TDMガイドライン2016におけるバンコマイシン初期投与設計に対するeGFRを用いたノモグラムの検証 -軽度から中等度の腎機能低下患者における検討-. TDM研究, 34, 132-136 (2017)
    • N. Masuda, T. Maiguma, A. Komoto, Y. Haruki, T. Sugiyama, S. Kondo, D. Teshima. Impact of pharmacist intervention on preventing nephrotoxicity from vancomaycin. Int J Clin Pharmacol Ther. 53(4), 284-291 (2015)
    • Maiguma T, Kaji H, Makino K, Teshima D. Protective effects of amifostine and cyclooxygenase inhibitor against normal human epidermal keratinocyte toxicity induced by methotrexate and 5-fluorouracil. Basic Clin Pharmacol Toxicol. 105, 1-9 (2009)
    • Maiguma T, Hayashi Y, Ueshima S, Kaji H, Egawa T, Chayama K, Morishima T, Kitamura Y, Sendo T, Gomita Y, Teshima D. Relationship between oral mucositis and high-dose methotrexate therapy in pediatric acute lymphoblastic leukemia. Int J Clin Pharmacol Ther. 46(11), 584-590 (2008)
    • Maiguma T, Fujisaki K, Itoh Y, Makino K, Teshima D, Takahashi-Yanaga F, Sasaguri T, Oishi R, Cell-specific degeneration induced by fibrates in human embryonal rhabdomyosarcoma cells. Naunyn-Schmideberg’ s Arch Pharmacol. 367, 289-296 (2003)
  • 田坂 祐一 (たさか ゆういち)講師 / 医療薬学
    田坂 祐一 (たさか ゆういち)
    所属学科・職名 薬学科・講師
    学位 博士(薬学)
    研究キーワード 患者安全、医薬品副作用対策
    研究題目 〇薬剤師による薬学的介入と医療経済効果に関する研究
    〇医薬品使用に関する患者安全推進(医療事故防止・副作用回避)に向けた研究
    〇末梢炎症と中枢神経系の関連に着目した潰瘍性大腸炎治療薬に関する研究
    主要業績
    • Yuichi Tasaka, Akihiro Tanaka, Daiki Yasunaga, Takashige Asakawa, Hiroaki Araki, Mamoru Tanaka, Potential drug-related problems detected by routine pharmaceutical interventions: safety and economic contributions made by hospital pharmacists in Japan. J Pharm Health Care Sci., 4:33, eCollection, 2018
    • Satoshi Murakami, Yuichi Tasaka, Shingo Takatori, Akihiro Tanaka, Hiromu Kawasaki, Hiroaki Araki, Effect of Eucommia Ulmoides Oliv. leaf extract on chronic dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. Biol Pharm Bull., 41(6), 864-868, 2018
    • Yuichi Tasaka, Daiki Yasunaga, Mamoru Tanaka, Akihiro Tanaka, Takashige Asakawa, Ikuo Horio, Yoshiro Miyauchi, Hiroaki Araki, Economic and safety benefits of pharmaceutical interventions by community and hospital pharmacists in Japan. Int J Clin Pharm., 38(2), 321-329, 2016
    • Yuichi Tasaka, Daiki Yasunaga, Takeshi Kiyoi, Mamoru Tanaka, Akihiro Tanaka, Katsuya Suemaru, Hiroaki Araki, Involvement of stimulation of α7 nicotinic acetylcholine receptors in the suppressive effect of tropisetron on dextran sulfate sodium-induced colitis in mice. J Pharm Sci., 127(3), 275-283, 2015
    • 田坂祐一, 田中亮裕, 井門敬子, 田中守, 荒木博陽, 薬剤師による薬学的介入から得られる医療経済効果の推算, 医療薬学, 40(4), 208-214, 2014