就実大学 人文科学部 総合歴史学科

2023.10.11 

学生メッセージ【柴田優さん】

在学生の紹介

柴田優さん

2021年度入学 出身高校:岡山学芸館高等学校

Q1.どのような入試の形式でしたか?

 

小論文と面接試験 でした。

 

Q2.どのような受験勉強が効果的でしたか?

 

小論文対策では過去問を解き、国語科の先生や担任の先生に添削をしてもらいました。文章そのものを書くのはそこまで苦手ではなかったので、設定された時間内に文章をまとめる練習を何度も行いました。

面接対策は基本的な面接のマナーをはじめとして、過去の先輩が面接で尋ねられた質問内容などを中心に何度か行いました。小論文や面接では、思いもよらない問いや質問がなされる場合があるのでバランスよく様々な分野の知識を頭に入れておいた方が良いかもしれません。

 

Q3.総合歴史学科に入って良かった点はなんですか?

 

日本や世界の歴史・文化を、様々な切り口から学ぶことができる点です。 文献や史料の読解はもとより、民族誌的な人々の生活文化に着目したものなど、幅広いアプローチの方法で歴史を学ぶことができます。 また、豊富な研修旅行も魅力の一つです。新型コロナウイルスの影響で実施できていませんでしたが、規制も緩和され再開されてきています。専門家の方と歴史の「現場」に行くことができるというのは本当に貴重な経験です。

 

Q4.4コースのうち、どのコースを選びましたか? また、その理由も教えてください。

 

歴史遺産コースを選択しました。もともと民俗学や民族学に関心があり、人々の文化や習俗がどのように守られ観光などに活用されているかを学ぶために、このコースを選択しました。

 

Q5.総合歴史学科専任教員が担当する科目のなかから、印象に残っているものをあげてください。また、その理由も簡単に説明して下さい。

 

1年生後期に受講した歴史遺産講読(担当:賈鍾壽先生)です。世界各地(特に東南アジア)の世界遺産に関する授業でしたが、「歴史」とは何であるか、歴史を学ぶ者としての心構えを学ぶことができました。 授業内で先生は現地調査・フィールドワークの重要性を何度も説いていました。この授業を受講して以降、私もレポートなどを書く際はできる限り現地に赴くようにしています。県内はもちろん四国や北陸、遠くは東北にも足を伸ばして現地を見るようにしています。

 

Q6.資格の取得を目指していますか? 取得を目指していない場合、身につけたいと考えている技能(スキル)はありますか? 具体的に教えてください。

 

社会教育主事任用資格・社会教育士の資格取得を目指しています。この資格は地域や社会の課題を解決するためのきっかけを作り、豊かな地域や社会の醸成を手助けするものです。専門的な知識ももちろん必要ですが、それ以上に一人一人のアイデアや自由な発想が必要になってきます。 授業は、講師が現職の公民館の館長の方であったり、実際の公民館で活動を行ったりと非常にアクティブで楽しいものです。

 

Q7.大学生活でいま一番力を入れていることや、おもしろいことはなんですか?

 

学業に力を入れるのはもちろんですが、私はサークル活動にも力を入れています。私は弦楽アンサンブル部に所属しているのですが、そこで行われる演奏会の企画・運営はもとより楽譜の製作からチラシやパンフレットの製作など、一通りのことは行っています(この際、資格取得での学びがとても役に立ちました)。 大学での学びやサークル活動が全て就職や今後の進路に直結するわけではありませんが、大学生活での経験や学びは必ず活かせる場面が今後必ず出てくると思います。

 

Q8.受験生に一言お願いします。

 

受験勉強は当然必要ですが、それ以外にも自分の関心の有無にかかわらず、いろいろな分野の知識を蓄えておいてください。そうして蓄えられた知識は入試だけでなく、大学生活のなかでも自分の大きな強みとなります。とはいっても、無理をするのではなく、皆さんのペースで理想の進路へ向けて頑張ってください。

(記録:2023年8月)

戻る