就実大学 人文科学部 総合歴史学科

2018.06.30 

学生メッセージ 【A・Kさん】

その他

A・Kさん

2020年3月卒業 出身高校:大分県立中津北高等学校

Q1.どのような入試の形式でしたか? 

 

 筆記試験のみでした。

 

Q2.どのような受験勉強が効果的でしたか?

 

 前期入試で国語と日本史の2科目を受験しました。どちらの科目も早めに過去問を解いて分析をすることがおすすめです。過去問を分析することで、出題傾向をつかむだけではなく、自分の苦手な部分が把握できたので試験対策が行いやすくなりました。

 

Q3.総合歴史学科に入って良かった点はなんですか?

 

 総合歴史学科では1年生の頃から史料の読解を行う授業があります。1年生の頃から史料の読解を行うことで徐々に力が身につき、3年生でゼミに所属した際にその力が役に立ちました。

 

Q4.4コースのうち、どのコースを選びましたか? また、その理由も教えてください。

 

 日本史コースです。高校生の頃から日本史が好きで、日本史の勉強をするためにこの大学に入学しました。神社仏閣や信仰に興味があったので、日本史コースと歴史遺産コースで迷いましたが、最終的には1年生の頃から授業を履修していた日本史コースの先生のゼミを選びました。

Q5.総合歴史学科専任教員が担当する科目のなかから、印象に残っているものをあげてください。また、その理由も簡単に説明して下さい。

 

 アジア史研究2(担当:渡邉将智先生)です。アジアに関する論文を読み、それをレジュメにまとめて発表する授業でした。渡邉先生は文章のまとめ方についてきめ細やかな指導をしてくださるので、この授業を通して文章のまとめ方を学ぶことができました。

 

Q6.資格の取得を目指していますか? 具体的に教えてください。

 

 高等学校教諭一種免許状(地歴)、博物館学芸員資格、図書館司書資格、学校図書館司書教諭申請資格、社会教育主事任用資格の取得を目指しています。

 

Q7.大学生活でいま一番力を入れていることや、おもしろいことはなんですか? 

 

 私がいま一番頑張っているのは筝曲部での活動です。私は友達に誘われて3年生になってから入部しました。練習についていくのは大変なので、練習日以外にも自主練習をしていますが、箏を弾くのはとても楽しいです。10月のなでしこ祭や12月の演奏会までには完璧に弾けるようにしたいです。

 また、「国内旅行業務取扱管理者」という資格の取得に向けての勉強にも力を入れています。試験は9月なので合格に向けて頑張りたいです。

 

Q8.受験生に一言お願いします。

 

 高校生の頃に学んだことは大学生になってから必ず役に立ちます。受験勉強は大変だと思いますが頑張ってください。

 

 

(記録:2018年6月)

戻る