ニュース

表現文化学科学科行事

文学散歩 尾道をたずねて

2011-09-28

9月26日表現文化学科恒例の文学散歩、今年は尾道に学生38名・教員4名で行ってきました。とても良く晴れた初秋の一日で、千光寺公園の展望台からは、瀬戸内の海がキラキラ。文学の小道では石碑に刻まれた歌を詠じ、由緒ある千光寺を参拝しました。

そして自由に尾道の街を散策した後は、皆でおのみち文学の館へ。館の係の方にゆかりの文学者について、とても丁寧に説明して頂けました。
以下は参加した学生さんの感想です。

 

「講義内で教えて頂いたこともある、志賀直哉旧居にも入ることができたりと、非常に良い経験をすることが出来ました。その他にも知識が深まり、尾道を文学の街として歩けて楽しかったです。」(3年、M.Yさん)

 

 

「ジブリの世界に入り込んだような、趣のある景色がたくさんありました!階段はキツかったけど、文学に触れながら散歩するのは想像以上に楽しかったです!」(3年、K.Mさん)