ニュース

  • HOME
  • ニュース 一覧
  • 【おすすめ!この1冊vol.004】アンゲラ・メルケル『わたしの信仰:キリスト者として行動する』の紹介

総合歴史学科教員の活動

【おすすめ!この1冊vol.004】アンゲラ・メルケル『わたしの信仰:キリスト者として行動する』の紹介

2021-11-22

【書誌情報】

アンゲラ・メルケル著;フォルカー・レージング編;松永美穂訳

『わたしの信仰:キリスト者として行動する』新教出版社,2018

 今回は、一冊の図書を異なる観点から二人の教員が紹介するという試みです。アンゲラ・メルケル氏の講演集を、小林准教授と松崎准教授がご紹介します。

総合歴史学科 准教授

小林 亜沙美

 

 ヨーロッパ連合(EU)を政治的・経済的に牽引するドイツ連邦共和国で、2005年から2021年まで実に16年間連邦首相の職を務めてきたアンゲラ・メルケル。この本には、彼女が1995年から2017年の間に、主にキリスト教関係の集会や会議で行った16本の講演が収められています。政教分離が政治の基本である日本に生まれ育った私たちにとって、首相という立場の彼女が、物理学で博士号を取った経歴を持ちながら、いわゆる「リケジョ」のような一面を見せず、一つの宗教(プロテスタント)の教えを政策理念の基礎におき、政治方針を語るという姿は異質に映るかもしれません。しかし、そのような異質さを知ることこそが、これからの時代に欠かせない多様性を理解することにつながるのです。日本と諸外国の文化・慣習・考え方についての知識や経験を増やす機会になればと思い、この本を紹介します。

 ドイツ首相としては史上初の女性、史上初の旧東ドイツ出身者であるアンゲラ・メルケルは、ドイツに住む人々に、良い意味も悪い意味も含め「おっかさん(Mutti)」と呼ばれています。私は彼女が連邦首相になる4年前の2001年から2021年までの20年間をドイツで過ごし、まさにメルケル時代のドイツを体感してきました。彼女の行った政策はすべてが賞賛に値するものではありません。特に批判を浴びた政策は、2016年以降の難民政策でした。ドイツ在住の外国人である私ですら、この政策による皺寄せをニュースで見聞きするだけでなく、日常的に感じていました。例えば、私の友人の子供は通っていた幼稚園で難民幼児を受け入れることになったため転園を余儀なくされました。私が通勤時使用していた大きな駅には、ドイツに到着したばかりでまだ難民ハイムに入居できていない大量の難民申請者たちにあふれていました。物乞いをしてくる人も多くいました。難民申請者、難民認定者の起こす凶悪事件(暴行・障害・殺人)が日々あちらこちらで報道され、私は毎日びくびくしていました。長距離電車には難民と思われる方々が無賃乗車をし、車内トイレにずっと隠れており、私を含め一般乗客には大きな迷惑となっていました。大きな駅や人が多く集まる街中では警官が通常腰につける銃よりも二回り位大きな銃を首からかけ、両手を添え、いつでも発砲できるような状態で、警戒していました。常にどこに行っても緊迫した空気を感じました。この様な状態に対しての過剰な反応として、極右思考の人々が増加していったことも残念な結果でした。

 そういった状態がヨーロッパ中に拡大し、メルケルはドイツ国内だけでなく、EU加盟諸国からも大批判を受けます。しかし彼女は、批判をはねのけ「テフロン加工されたメルケル」と揶揄されながら、自分の信じた政策をかたくなに貫き通しました。彼女の当時の難民政策を批判する声は未だに与野党内部からも、大衆の中からも聞こえてきます。

 しかし、一国の首相の政策を、同じ地位に就いたことの無い、ましてや政治家にもなったことがない私たちが批判をするのは、蟻をつぶすのと同じくらい簡単です。ですから、私は彼女の行った政策を否定的に評価しつつも、なぜ彼女がそれをしたのか、何が彼女をそうさせたのか、知ってみたかったのです。この講演集によって、なるほど、私たちと違う宗教(プロテスタント)を信仰し、私たちと違う生活環境(社会主義独裁国家旧東ドイツ)で成人した彼女には、連邦首相としてこのようなポリシーがあったのか、だから彼女は批判されながらも16年間も連邦首相であり続けることができたのか、と改めて理解することができました。

 

 

 

総合歴史学科 准教授

松崎 博子

 

 ドイツ連邦共和国首相の座をまもなく退くアンゲラ・メルケルさんの講演集『わたしの信仰:キリスト者として行動する』を最近読みました。難民受入れに積極的な態度を示し、実践し、行動に移してきたメルケルさんをわたしはこれまで肯定的に捉えていました。けれども、その思想背景や理由についてまったく把握していないことに気づきました。政界引退間近ということで注目の集まるこの時機に、メルケルさんの関連書籍に目を通すことで、彼女についてよりよく知りたいと思いました。

 少し調べてみるだけで、メルケルさんに関する研究書(邦訳)は数多く出版されていることがわかりました。最新刊の評伝なども手に取りましたが、なかでもとくにご自身の言葉で綴られた本書の内容に感心しました。

 本書で展開される主張と議論は、プロテスタントとしていかに生きるかというメルケルさんの日々の思考と実践そのものでした。そこから紡ぎ出される言葉は、日本に暮らすわたし、キリスト者ではないわたしの心にも響きました。

 訳文が美しく読みやすいこともあり、本書の全部が素晴らしいのですが、とくにいまここでご紹介したい文章を以下に引用します。

 

* 

 

 寛容が意味するのはけっして勝手な行動ではありません。寛容は、人が自分のアイデンティティをしっかりと自覚しつつ、それが隔絶ではなく、他者に対する自覚的な率直さや好奇心となるところから生まれてきます。そうなって初めて、わたしたちはほんとうに他者と関わることができ、他者をあるがままに受け入れ、彼らの多様性を自分の生を豊かにしてくれるものとして感じることができるのです。他者への尊敬を持ちつつ批判も許されるような相互の対話においてのみ、わたしたちの価値観は生き生きと保たれていきます。

 国家と教会は、わたしたちの国家理解によれば互いに独立を保っていますから、わたしたちはみな自分の価値基盤に対して自分で責任を持つのです。ドイツ基本法〔憲法〕の前文が「神と人の前での責任を自覚して」という言葉で始まっているのは偶然ではありません。その言葉によって、わたしたちの基本法も法律と憲法という制度を超えていく価値秩序のなかに埋め込まれていることが明言されています。この価値秩序を保ちつつ改革することが、国家、教会、社会がそれぞれの方法で認識すべき共通の任務です。誰もが、それに貢献すべく呼びかけられているのです。(pp.132-133

 

 

 

 上記引用部分の第一段落おわりに現れる「わたしたちの価値観」について、メルケルさんはこれを別のところでは「普遍的な価値観」と表現しています。次はわたしの解釈ですが、絶対的な価値観を信奉するのではなく、あらゆる価値観の相対化を図り、その過程で各個人の内面に築き上げられるのが普遍的な価値観であろうと思います。その基盤は、メルケルさんによれば「相互の対話」であり、わたしの専門分野である図書館学に引きつければ、通時的共時的な(時代を超え、地域を超えた)価値観を体現する図書館書架上の資料群ということになります。

 高邁な理念を掲げ高らかに謳いあげることに終始せず、つねに日々の実践が伴うところにプロテスタントとして生きるメルケルさんらしさを感じることが出来ました。

 訳者あとがきによれば、本書原著は初版も第2版も総選挙の時期に出版されたということで、ドイツの有権者おもにキリスト者の支持を集めるために刊行されたものと捉えることができます。それでもプロテスタントの信条と生き様がひしひしと伝わるこの一冊はメルケルさんの人となりを知り、一国の首相を長年務めた人物を身近に感じるには最適の書だと思いましたので、おすすめします。

画像は出版社HPより引用