ニュース

お知らせ新型コロナ|本学の対応について

10月18日以降の授業形態について

2021-10-08

令和3年10月8日

就実大学・就実短期大学 学長 桑原和美

 

岡山県の緊急事態宣言解除に伴い、8月17日以降「レベル3」としていた本学の活動制限レベルを、10月11日から「レベル2」に変更します。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためにオンライン中心で授業を実施してきましたが、10月11日から17日までを移行期間とし、10月18日以降はA 科目(全期間オンデマンド型オンライン授業)を除いて原則、対面形式で実施します。なお、それぞれの授業形態については、本学ホームページに掲載される教務課からの告知文で確認してください。

 

現在、岡山県や近隣地域の感染状況は緊急事態宣言・まん延防止措置発出時に比べると大きく改善され、本学学生のワクチン接種率も7割に近い状況です。しかし、今後の状況は必ずしも楽観できるものではありません。対面授業を再開するにあたっては、学生の皆さんとご家族、教職員の安全を守り、安心して学生生活を送ることができるよう、講義室の内外に関わらず、密集・密接を回避し、黙食、マスクの着用、手指の消毒や検温を励行等の感染防止ルールを順守して行動するようお願いします。

以上