ニュース一覧

News

2019.10.11 

浅利准教授が『山陽新聞(夕刊)』に「読書三昧」の連載を始めました

教員の研究・社会活動

 2019年10月8日付山陽新聞夕刊「読書三昧」に、浅利尚民准教授のお薦めする書籍が掲載されました。第一回目となる今回は、黒田日出男『国宝神護寺三尊とは何か』(角川選書、2012年)について紹介されています。このコーナーは交代でお薦めの本を紹介するもので、あと4回の掲載が予定されています。

戻る