ニュース一覧

News

2017.06.07 

日本語コース

その他

古典文学からツイッターまでありとあらゆる日本語を対象として、多角的に考察します。日本語とはどのような言語なのか、その本質に迫ります。

 

中﨑崇ゼミ

日本語コースのゼミである中﨑ゼミは、我々が日々当たり前のように使用している現代日本語を研究対象として、ことばの意味や機能、決まり(ルール)を明らかにすることを目的としています。無意識に使用している日本語ですが、「なぜそのことばを使うのか」「なぜそのことばは使えないのか」「そのことばとこのことばはどこが違うのか」といった問いを投げかけられると正確に答えられないことがほとんどです。このような問いに答えるためには、自分のことばを内省するだけでなく、実際に使用された日本語を使って言語事実を観察し、その言語事実から仮説を考え、その仮説を別の資料を使って検証することが必要です。中﨑ゼミでは、このような地道な作業を繰り返し、2年間かけてある一つの日本語に関する問いの答えを見つけていってもらいます。

卒業論文完成までの具体的なスケジュールは次の通りです。

3年前期:卒業論文のテーマ決定・テーマに関連する先行研究の調査

3年後期:先行研究のまとめと問題点の分析・データの採集と調査結果の発表

4年前期:調査結果と考察の発表(各学生2回以上)

4年後期:調査結果と考察の発表(各学生2回以上)・卒業論文提出

岩田美穂ゼミ

岩田ゼミでは、言葉の多様性の観点から日本語を深く追求していくことを目的としています。日本語と言われる言葉が「全て」同じ言語だと思っている人は多いでしょう。しかし、古典語と現代語は同じ日本語ですが、大きく異なります。現代語の中でも、例えば男性と女性の使う言葉は全て同じと言えるでしょうか?東京の人が使う言葉と大阪の人が使う言葉と岡山の人が使う言葉は同じでしょうか?言葉は、使われる時代や人、場面、地域などによって、様々なヴァリエーションが存在するのです。それらのヴァリエーションには、どのような違いがあるのか。そして、なぜ違うのか。ゼミでは、自分たちの身の回りにある様々な言葉の中から課題を見つけ、言語資料の調査を通して、上記のような問いに対する答えを探していきます。

我々の日常には、言葉が溢れています。そのような膨大な言葉の集積を研究対象とする日本語学は、単純な単語を一つ調べるだけでも非常に時間がかかります。そのため、本ゼミでは3年次から卒業論文のテーマを決め、調査を開始し、2年をかけて論文としてまとめていきます。

戻る