薬学部
薬学科

人材の養成及びその他教育研究上の目的

生命の尊厳を基盤とした強い使命感と高い倫理観のもとに、人々の健康を守る最良の医療薬学教育・研究を行い、医療・福祉に貢献できる高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた薬剤師を育成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

薬学部では「生命の尊厳を基盤とした強い使命感と高い倫理観のもとに、人々の健康を守る最良の医療薬学教育・研究を行い、医療・福祉に貢献できる高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた薬剤師を育成する」ことを教育研究上の目的としている。この目的を実現するため、カリキュラム・ポリシーに従って設定した科目を履修し、186単位以上の単位を修得し、以下に示す基本的な資質を身につけた学生に卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与する。

  1. 豊かな人間性と教養、倫理観を有し、医療の担い手として薬剤師の義務と法令を遵守できる
  2. 患者・生活者の立場や見解を理解し尊重して、適切な行動・態度をとることができる
  3. 薬の専門家として、医療情報を収集し、提供するためのコミュニケーションができる
  4. チーム医療に積極的に参画し、協働して最適かつ最新の薬物治療を実践し提案できる
  5. 探求心、創造力、判断力と問題発見・解決能力を有し、医療薬学の進歩に貢献できる
  6. 生涯にわたり自己研鑽に努め、医療の高度化や多様性、社会環境の変化に対応できる
  7. 薬剤師の職能を理解し、新たな職能の発見や開拓、次世代の人材育成に貢献できる
  8. 薬剤師に必要な科学の基本的知識・技能・態度に加え、その専門性を磨くことができる
  9. 地域の保健・医療に参画・連携して、人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献できる
  10. 薬物療法において、安全かつ有効な医薬品の使用を推進する薬剤師業務を実践できる

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

「生命の尊厳を基盤とした強い使命感と高い倫理観のもとに、人々の健康を守る最良の医療薬学教育・研究を行い、医療・福祉に貢献できる高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた薬剤師を育成する」という目的に従い、ディプロマ・ポリシーに掲げた薬剤師に求められる基本的な資質を身につけるために、以下のような総合教育から専門の基礎、応用、臨床へと展開する薬学教育カリキュラムを編成している。これらはつながりをもった科目群から構成され、相互に関連しながら順次的に学ぶことにより、薬学・医療の専門知識・技能・態度だけでなく、さらに対象となる患者への心配りとコミュニケーション能力を身につけ、最終的に研究マインドと医療マインドへと発展する10の資質を修得できる学修成果基盤型教育(Outcome-based education, OBE)となっている。

  1. 医療人としての豊かな人間性、主体性、思考力・表現力を身につける幅広い総合教育
  2. 医療の目的を理解して、協働性と患者への思いやりを持った医療人としての倫理教育
  3. 優れたコミュニケーション能力及び問題発見・判断・解決能力を養成するためのPBL教育
  4. 専門教育で培った知識・技能・態度を応用し、実践力を身につけるための実務実習教育
  5. 専門教育をより広く深く理解して自己研鑽していくための基礎力となる薬学準備教育
  6. 薬剤師に必要な研究マインドや問題発見・解決能力を醸成するための薬学卒業研究教育
  7. 薬学を科学の一分野として理解し、医療・臨床薬学専門教育へとつながる薬学基礎教育
  8. 健康と疾病に関わる栄養や環境要因を理解して、疾病を予防するための衛生薬学教育
  9. 人体の構造や機能、疾患の病態生理、薬理作用、薬物治療を理解するための医療薬学教育
  10. 医薬品の体内動態や代謝機序を理解し、最適な薬剤設計を考えるための応用薬学教育
  11. 医薬品情報、病態と薬物療法を理解し、医薬品を適正に使用するための臨床薬学教育
  12. 最新の先端医療と科学の進歩を学び、キャリア形成につなげるためのアドバンスト教育
  1. 薬剤師としての心構え CP(1) / 患者・生活者本位の視点 CP(2) / コミュニケーション能力 CP(3) / チーム医療への参画 CP(4)
    医療人としての豊かな人間性、主体性、思考力・表現力を身につけるための幅広い総合教育科目を1年次から各学年で学年進行に応じて開講する。
    医療の目的を理解して、協働性と患者への思いやりを持った医療人としての心構えを学ぶ倫理教育科目を1年次に開講する。薬学対話演習では、早期臨床体験として薬局・病院を訪問し、医療人としての態度やチーム医療における薬剤師の役割を学修する。
    優れたコミュニケーション能力及び問題発見・判断・解決能力を養成するためのPBL教育科目を1年次から各学年で開講する。科学的知識に基づくコミュニケーション能力を身につけるための科目を履修し、また、模擬患者とのロールプレイを通じて、患者に寄り添う態度や技能を修得する。
    専門教育を学修することによって培った知識・技能・態度を応用し、実践力を身につけるための実務実習事前学習・統合型演習を4年次に開講する。4年次までに修得した知識・技能・態度を薬学共用試験(CBT・OSCE)で評価した後、4年次末~5年次にかけて、長期実務実習(薬局実習・病院実習)において実践する。
    この科目群の評価は、筆記試験、口頭試験、小テスト、レポート課題、取組み態度、ルーブリック、実技チェックリスト、プロダクト評価、ポートフォリオにより総合的に評価する。
  2. 自己研鑽 CP(5) / 研究能力・教育能力 CP(6)
    専門教育をより広く深く理解して自己研鑽していくための基礎力となる薬学準備教育に関する科目を1年次前期に開講する。数学、物理、化学、生物の基礎演習を履修し、専門教育をよりよく理解するための基礎力を固め、また、自己研鑽に努める学習習慣を身につける。
    薬剤師に必要な研究マインドや問題発見・解決能力を醸成するための薬学卒業研究教育科目を開講する。4年次からは研究室に配属となり、6年次までの3年間に卒業研究課題に取り組む。主体的に協働して取組む態度を養い、さらには後輩や次世代の人材育成に貢献できる力を培う。生涯にわたり自己研鑽に努め、医療の高度化や多様性、社会環境の変化に対応できる力を養う。
    この科目群の評価は、筆記試験、口頭試験、小テスト、レポート課題、取組み態度、ルーブリックにより総合的に評価する。
  3. 基礎的な科学力 CP(7)
    薬学を科学の一分野として理解し、医療・臨床薬学専門教育へとつながる薬学基礎教育に関する科目を1年次~4年次に開講する。1年次より薬学の基礎となる知識・技能を修得するための幅広い講義・実習・演習を履修する。学年進行に応じて、医療領域で求められるレベルの高い知識・技能へと発展する広い領域の講義・実習・演習を履修する。
    この科目群の評価は、筆記試験、口頭試験、小テスト、レポート課題、取組み態度、ルーブリック、実技試験により総合的に評価する。
  4. 地域の保健・医療における実践的能力 CP(8)
    健康と疾病に関わる栄養や環境要因を理解して、疾病を予防するための衛生薬学教育科目を2年次~4年次に開講する。公衆衛生や食品衛生、環境衛生、また、環境毒性に関する講義・実習・演習を履修する。
    この科目群の評価は、筆記試験、小テスト、レポート課題、取組み態度により総合的に評価する。
  5. 薬物療法における実践的能力 CP(9)・(10)・(11)
    人体の構造や機能、疾患の病態生理、薬理作用、薬物治療を理解するための医療薬学教育に関する科目を2年次~4年次に開講する。人体の構造や機能、疾患の特徴や病理、薬の特徴や薬理作用機序及び疾患に対する薬物治療に関する講義・実習・演習を履修する。
    医薬品の動態や生体内代謝機序を理解し、最適な薬剤設計を考えるための応用薬学教育に関する科目を2年次~4年次に開講する。薬剤学や製剤学及び薬物代謝に関する講義・実習・演習を履修する。
    医薬品情報、病態と薬物療法を理解し、医薬品を適正に使用するための臨床薬学教育に関する科目を3年次~4年次に開講する。薬学臨床に関連する応用・実践的な薬剤師職能、医薬品情報や処方解析、医療統計に関する講義・演習を履修する。
    この科目群の評価は、筆記試験、小テスト、レポート課題、取組み態度、ルーブリックにより総合的に評価する。
  6. 自己研鑽 CP(12)
    最新の先端医療と科学の進歩を学び、キャリア形成につなげるためのアドバンスト教育科目を2年次~5年次に開講する。専門教育を学修することによって培った広い知識を深く理解し、さらに応用していくための力を養うことを目的とした多様な講義の中から、興味のあるものを選択して履修する。最新の情報を入手し、医療の高度化に適応し、キャリア形成につなげていく。
    この科目群の評価は、筆記試験、口頭試験、小テスト、レポート課題、取組み態度、ルーブリック、プレゼンテーションに対する質疑応答により総合的に評価する。

アドミッション・ポリシー 2022年度


(入学者の受入れ方針)

薬学部では,「生命の尊厳を基盤とした強い使命感と高い倫理観のもとに,人々の健康を守る最良の医療薬学教育・研究を行い,医療・福祉に貢献できる高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた薬剤師を育成する」という目的に従い,薬剤師として求められる基本的な資質をベースに10項目からなるディプロマ・ポリシー(DP)とカリキュラム・ポリシー(CP)を設定して,人材の育成を行っています。

<求める学生像>
DP に求める資質を身につけるためには,本学の教育の目的をよく理解し,高校教育課程での理科科目(特に化学・生物・物理)はもちろん,数学・国語や英語などの基礎学力が必要となります。その上で,医療人としての自覚をもった信頼される薬剤師になって,広く社会に貢献したいという強い意欲をもつ人を求めます。

<入学者に求める知識・技能・能力・態度>

    〇関心・意欲・主体性

  1. 医療人として人々の健康と福祉に貢献したいという強い意志
  2. 目標を掲げ,主体的に学ぼうとする学習意欲と高い向学心
  3. 探求心と洞察力をもち,新しい課題に柔軟に取り組む意欲
  4. 〇知識・技能

  5. 薬学専門科目の学修に必要な理科,数学等の基礎的な学力
  6. 〇思考力・判断力・態度

  7. 高校レベルの論理的思考力やそれに基づく判断力・行動力
  8. 〇コミュニケーション能力・表現力・協働性

  9. 基礎的コミュニケーション能力と相手を理解し対応する力

<入学前に必要な学習>
薬学の基礎となるサイエンスに興味・関心をもち,継続して学ぶ態度を身につけておくことが望まれます。高校で学ぶ教科・科目,特に理科(化学・生物・物理),数学,国語,英語の基礎学力は薬学を学ぶ上で必須です。

<入試方法についての方針>
薬学部では,アドミッション・ポリシーに掲げるような人材を求めて,次の①~⑥の多様な選抜を行っています。配点など詳細は募集要項を確認してください。

  1. 総合型選抜(基礎学力型)では,将来薬剤師になるという強い意志をもち,化学の知識を有するだけでなく,自己を表現する力とコミュニケーション能力ももち合わせる総合的な学力をもつ人を求めています。
    適性試験(化学)により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。調査書や志望理由書の記載内容により,向学心や意欲,行動力などを,面接により,判断力,表現力,主体的に学習に取り組む態度や協働性を評価します。
  2. 学校推薦選抜(基礎学力型)では,化学の十分な知識や技能をもち,それをもとにした論理的な思考力をもち合わせ,主体的に学ぼうとする意欲と向学心のある人を求めています。
    適性検査(化学)により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。調査書の記載内容により,向学心や意欲,行動力などを評価します。
  3. 学校推薦選抜(小論文型)では,科学的な知識をもとに問題点を見つけて,解決のための思考力や判断力を持つ人を求めています。また,自分の考えを上手に表現し,他と協働して学び,向上していける人を求めています。
    小論文により,知識,表現力や課題解決に必要となる思考力,判断力を評価します。調査書の記載内容により,向学心や意欲,行動力などを,また面接により,主体的に学習に取り組む態度や協働性を評価します。
  4. 一般選抜(前期)では,薬学を学ぶための多様な学力を持つ人を求めています。薬学を学ぶために必要な化学または生物の知識力・思考力を重視した上で,英語または数学の力を併せもつ人を選びます。
    A日程では,学科試験(化学・英語)により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。
    B日程では,学科試験(化学または生物及び英語または数学)により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。
  5. 一般選抜(後期)では,科学の基本的な知識を有することに加え,小論文を評価することにより論理的な思考力や問題解決への判断力をもって意欲的に取り組める人を求めています。小論文により,知識,表現力や課題解決に必要となる思考力,判断力を評価します。大学入学共通テストの成績(化学,生物,物理または数学)により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。
  6. 共通テスト利用選抜では,自然科学分野,国語,英語やリスニングなど,多様な能力をもち,新しい課題に柔軟に取り組むための基礎力のある人を求めています。
    大学入学共通テストの成績により,基礎学力・知識及び思考力を評価します。一部入試区分では,これに加え調査書の記載内容により,向学心や意欲,行動力などを評価します。