教育学部
初等教育学科

人材の養成及びその他教育研究上の目的

乳幼児保育・幼児教育・小学校教育・特別支援教育に関する専門性と実践力を有する人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

初等教育学科においては、教育学部のディプロマ・ポリシーを踏まえた上で、次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与する。

  1. すべての子供のよさを多角的な視点から見極め、また、自らの生き方で教えるための土台となりうる多様な領域の教養を有している。
  2. 乳幼児保育・幼児教育・小学校教育・特別支援教育の現場で活躍するに十分な専門的知識とスキルを修得している。
  3. 乳幼児保育・幼児教育・小学校教育・特別支援教育を担う者としての責任とやりがいを自覚し、自ら学び続けようとする態度や協働精神・奉仕精神を十分に身に付けている。
  4. 修得した知識や技術を、乳幼児保育・幼児教育・小学校教育・特別支援教育の現場の状況に応じて活用し、新たに生まれた課題を解決する方法を考えて効果的に実践することができる。

なお、本学科を卒業するためには、4年以上在学し、総合教養教育科目20単位、外国語教育科目6単位、専門教育科目62単位を含む、124単位以上の単位を修得しなければならない。

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

目標とする人材育成のため、初等教育学科では、本学科のディプロマ・ポリシーの1~4に対応させ、次に示す観点で教育課程を編成する。

  1. 「初年次教育Ⅰ・Ⅱ」を重点科目として,各分野の学士の基礎となる学修内容を広く身に付けるための科目を配置する。
  2. 各分野の教育法を重点科目として,各自の進路に向かって専門知識とスキルを修得するための科目を配置する。
  3. 演習科目を重点科目として,教育者としての責任と自らの適性を自覚し,学び続けようとする態度や協働・奉仕精神を身に付けるための科目を配置する。
  4. 学修の集大成としての「卒業研究」や学外実習を重点科目として,自己課題を把握し,改善して実践に生かす力を身に付けるための科目,及び免許取得のための科目を配置する。

アドミッション・ポリシー 2022年度


(入学者の受入れ方針)

<求める学生像>
初等教育学科の目的は,乳幼児保育・小学校教育・特別支援教育を担う人材の育成である。よって,本学科では,子供が好きで,子供とのふれあいや教え育てることに喜びを見いだすことができる人を求める。

<入学者に求める知識・技能・能力・態度>
入学者には,以下のような,学部教育に必要な基礎的資質・能力を有していることを求める。

  1. 乳幼児保育・幼児教育・小学校教育・特別支援教育の専門家を目指す意欲の強い人
  2. 学内外において,自らの可能性に挑戦する,あるいは誰かを支える活動に自主的に参加し,努力したり仲間と協力したりした実績を有している人
  3. 伝えたいことを,根拠を示しながら筋道を立てて表現できる人
  4. 入学後の修学に必要な基礎学力(主に国語と外国語)を有している人