教育学部
初等教育学科

人材育成の目標

乳幼児保育・初等教育に関する専門知識・技能を教授することによって、乳幼児期から思春期までの人格の基礎形成期の子どもを、広い視野と複数の視点をもって教え導き考えさせることに専門性と実践力を発揮できる保育者・教育者を養成する。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

初等教育学科においては、教育学部のディプロマ・ポリシーを踏まえた上で、次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与する。

  1. 広く豊かな教養と誠実な人間性を備え、教育に関する確かな知識と技能をもち、子どもを「教え導き考えさせる」ことに専門性と実践力を発揮することができる
  2. 教育を担う者としての使命感・責任感・情熱を持ち続け、協働精神・奉仕精神をもって共生社会の一員として適切な行動ができる
  3. 初等教育・乳幼児保育に関わる地域の課題について地球的視野をもって考察し、その解決に向けて企画力・実践力・応用力を発揮することができる
  4. 子ども一人ひとりの心身の発達上の課題に気づき、その解決や援助について、複数の視点から主体的・積極的に取り組むことができる
  5. 教育者としての資質能力の維持向上に向けて生涯にわたり自己研鑽に努めることができる

なお、本学科を卒業するためには、4年以上在学し、総合教養教育科目20単位、外国語教育科目6単位、専門教育科目62単位を含む、124単位以上の単位を修得しなければならない。

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

目標とする人材育成のため、初等教育学科では、教育学部のカリキュラム・ポリシーを踏まえたうえで、次のような観点で教育課程を編成する。

  1. 専門科目は、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状及び保育士資格の資格取得要件科目を中心に編成する
  2. 専門科目においては小学校教科及び保育内容に関する選択科目を充実させ、学生の関心に応じて得意分野を伸ばす
  3. 小学校教育系科目については、小学校教諭免許の取得を考慮し、教職に関する科目に加えて教科に関する科目をバランスよく学修するよう指導する。グローバル社会にも対応できる教員養成に資するよう「児童英語」「児童英語教育法」を配置する。各自の得意分野(教科)を持たせるために、その教科の選択科目や関連する幼児教育系科目、さらにゼミナールで教科内容の理解を深めるよう指導する
  4. 幼児教育系については、幼稚園教諭免許の取得を考慮するが、併せて保育士資格の取得を促すよう履修指導する。保育内容5領域のバランスの良い履修を促すが、各自の得意分野(保育内容領域)を持つために、その選択科目や関連する小学校教科科目、ゼミナールで保育内容の理解を深めるよう指導する
  5. 教育・保育現場で発揮できる実践力を獲得させるため、演習・実習科目を多く用意する。模擬教室・模擬保育室等の特別教室を使用し臨場感ある環境で模擬授業(模擬保育)を積極的に導入する
  6. 学外実習の他に体験学習科目を置き、教育・保育現場で必要な知識・技能を実際的に学び、現場体験に裏付けられた職業意識を動機づける
  7. 特別支援教育、健康教育、心理相談などに応じられる能力をさらに研くことを希望する学生には、他学科受講を勧める

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

初等教育学科の目的は、乳幼児教育・初等教育を担う人材の育成である。乳幼児・児童期は環境の影響を強く受けるので、教育者・保育者の責任はそれだけに重いが、子どもたちの純真な心にふれ、成長の瞬間に立ち会える喜びを体験できる尊いやりがいのある仕事の1つである。本学科では、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格(2019年度からは特別支援学校教諭一種免許状も)が取得できる教育課程を用意し、子どもの教育・保育に実践力を発揮し、将来の地域の指導的立場に立つことのできる教員・保育士を養成する。以上のような学科の特質から、本学科では次のような人を求める。

  1. 子どもが好きで、子どもとのふれあいや教え育てることに喜びを見いだせる人
  2. 乳幼児保育、幼児教育、初等教育の専門家を目指す意欲の強い人
  3. 子どもの幸せのために、知識を広げ、技能を高め、思考を深めることに意欲的な人
  4. 人格や発達の多様性を受け入れ、一人ひとりの成長可能性を信じることのできる人
  5. 人と人の絆を大切にし、人を導いたり支えたりすることに勇気をもって挑戦する人
  6. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人