人文科学部
総合歴史学科

人材育成の目標

総合歴史学科は、日本史、アジア史、ヨーロッパ・アメリカ史、歴史遺産の4コースで構成される。歴史を学び、修得した知識を基に、現代の諸状況を把握して問題の解決を図り、文化的背景の異なる人々の立場を理解して豊かな人間関係を築き、社会の発展に貢献できる人物を育成することを、目標にしている。

ディプロマ・ポリシー

(卒業認定及び学位授与の方針)

本学科に4年以上在学し、所定の単位を含めた124単位以上を修得し、次の基準を満たした学生に卒業を認定し、学士(人文科学)の学位を授与する。

  1. 世界の諸地域における歴史の理解と修得した知識を基に、現代世界の状況を正確に把握し、社会の発展のために貢献することができる
  2. 直面した問題の解決にあたって、自ら考える材料を収集し、比較・検討して結論と解決方法を導き出すことができる
  3. 文化的背景の異なる個々人の立場を理解し、適切な協調力と表現力をもって、豊かな人間関係を築くことができる
  4. 卒業後も歴史への興味と学修能力を維持し、人生のさまざまな側面に活用できる

カリキュラム・ポリシー


(教育課程編成の方針)

世界の歴史への幅広い知識と深い理解力を身につけ、実践的なコミュニケーションを通して、社会に貢献できる能力の育成のため、次の方針により教育課程を編成する。

  1. 新入生の大学生活への迅速な順応、学修スキルの修得及び主体的学びの姿勢を育成するため、適切な初年次教育を実施する
  2. 幅広い教養と視野を身につけるための総合教養教育科目とともに、本学科のディプロマ・ポリシーに沿った専攻コース(日本史、アジア史、ヨーロッパ・アメリカ史、歴史遺産)と専門教育科目を設ける
  3. 異文化を理解・尊重し、協調関係を築くコミュニケーション力の修得をはかるために、外国語科目を設ける。特に、英語科目を充実させている
  4. 論文作成に向けた準備、その過程における口頭発表と質疑応答を通して、論理的・批判的思考力と表現力を育成するため、各専攻コースに演習科目を設ける
  5. 本学科の学修成果として、卒業研究を必修とする

アドミッション・ポリシー


(入学者の受入れ方針)

総合歴史学科は、少人数制を特徴とするきめ細やかな教育・研究指導体制を備え、社会で活躍できる能力を身につけた学生の育成を目指している。その教育理念に共感し、ともに社会の発展に関わる意欲をもつことを前提とした上で、次のような条件を満たす学生を広く求めることとする。

  1. 歴史の学修への意欲と動機づけが強く、明確な問題意識を持つ人
  2. グローバル時代に活躍できる言語の運用能力と、幅広い教養の修得を目指す人
  3. 世界のさまざまな事象に関して、強い関心と探求心を持つ人
  4. 幅広く柔軟な人間性と協調性を有し、周囲と良好な関係を築くことができる人
  5. 自分の考えや行動に責任を持ち、それを明確に表現することができる人
  6. 本学科の学修を開始するにあたり、基礎的な学力を有する人