就実大学・就実短期大学 受験生応援サイト

デジタルパンフレット 資料請求をする アクセス

各学科の最新情報 News

吉備地方文化研究所 史料講読会

吉備地方文化研究所 『実隆公記』を読む会はデータ交流により継続中です!

2021-09-16

日程:2021年10月1日

  『実隆公記』を読む会は、データ交流により継続しています。

 2007年から毎月一度の休みもなく会を継続し、2021年6月には、記念すべき第150回を迎えました。

  下記の要領となりますので、新規でご参加ご希望の方はご連絡ください。

 

データ内容

(1)『実隆公記』本文テキスト

(2)当該部分の注釈(人名・事項)

(3)当該部分の訓読文および現代語訳

 

 毎月下旬、以上のデータをお送りしますので、ご質問ご意見をお寄せください。

 とりまとめて、再送信いたします。

 

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年~13年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

連絡先 就実大学 人文科学部 苅米 一志(かりこめ ひとし)
電話(直通) 086-271-8174(不在のこともあります)
e-mail  kari@shujitsu.ac.jp

 

We continue the meeting of study on "SANJOHNiSHI Sanetaka's diary" by exchange of the data on internet. Since 2017 we have held the meeting every month without a single break and we have had a memorable 150th session in June, 2021(its datum correponds to vol.150). If you hope to participate in our meeting newly, please mail to the staff without hesitating. 

Contents of the data

1.Text of the diary

2.Annotation of the text (on the characters and subjects)

3.Translation in Classical and Contemporary Japanese

We will send the above data at the end of every month, please write back if you have any questions on the data and then we will reconsider and send the corrected version.

Staff : KARIKOME Hitoshi, a Professor at Faculty of Human studies
Telephone (direct) : 086-271-8174 (not in room all day)
e-mail : kari@shujitsu.ac.jp

Information : We have digital data of commentary-notes on the articles from 1474 to 1481 of the Diary, and distribute it by e-mail. If you need it, please mail to the staff.