就実短期大学 3 ポリシー

人材育成の目標

就実短期大学は、教育基本法及び就実学園の建学の精神に基づき、専門の学芸を教授するとともに、幅広く深い教養を培い、創造的な知性と豊かな人間性を涵養し、もって社会に貢献する有為な人材を育成することを目的としている。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定及び学位授与の方針)

本学の所定の単位を修め、次の学修成果を身につけた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 「去華就実」の精神に基づき、「実地有用」の人材として社会で活躍できる
  2. 専門的な知識や技術を身につけ、自ら問題解決をすることができる
  3. 地域社会が必要とする常識と応用力を備えた社会人基礎力が身についている

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)

本学の教育理念に基づき、次の方針に沿って特色ある教育を実践する。

  1. 教育内容
    1. ① 豊かな人間性と社会性を支える広い教養を育成する
    2. ② 専門的な知識・理論だけでなく実践力を育成する
    3. ③ 問題解決の方法をさぐり、自ら学び、的確に他者に伝達する能力を育成する
    4. ④ 社会人として必要となる社会人基礎力や応用力を育成する
  2. 教育方法
    1. ⑤ 実習・演習による体験型カリキュラムの履修により実践力を身につける
    2. ⑥ 少人数制の演習科目により、自ら学び、的確に他者に伝達する能力を育成する
    3. ⑦ アクティブラーニングを取り入れた教育方法を少人数教育を中心に実施する
  3. 評価
    1. ⑧ 学生の教育評価は各科目のシラバスに定める成績評価基準によっておこなう

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)

本学の教育理念を理解した、次のような人材を、広く国内外から受け入れる。

  1. 人間(子ども、人間生活、健康)に興味がある人
  2. 自ら問題を解決しようとする意欲がある人
  3. 地域社会に貢献したいと考えている人
  4. 入学後、授業・学生生活などに積極的に取り組みたいと考えている人
  5. 入学後の修学に必要な高等学校卒業相当の基礎学力を有している人