就実大学・就実短期大学

表現文化学科

吉備地方文化研究所 『実隆公記』を読む会 第100回記念イベント「戦国を語ろう!」開催予定!!

おかげさまをもちまして、『実隆公記』を読む会は、3月4日(土)に第100回を迎えることができました。つきましては、下記の要領で記念イベントを開催する予定です。

第一線の講師陣でお送りします。よろしく、ご参加ください。

詳細については、追って情報をお知らせいたします。

 


講演会およびシンポジウム:「戦国を語ろう!」

日時:2017年6月10日(土)13:00~

場所:就実大学 S101講義室

内容:1.講演

大田壮一郎氏(立命館大学)「応仁・文明の乱と公家・寺社の動向」

伊藤幸司氏(九州大学)「三条西実隆と遣明船」

天野忠幸氏(天理大学)「三好長慶と織田信長」

2.シンポジウム&「何でも聞いてみよう!」のコーナー

講演内容についての質疑と討論、さらに日頃から聞いてみたかった戦国時代について

の疑問について、講師陣からお答えを頂きます。

その他:申し込み不要、参加無料

 

We will hold a symposium to commemorate the 100th time meeting of study on SANJONISHI Sanetaka’s diary as following.

We will invite the”best of best” lecturers.

Anyone can participate in our sympsium for free.

 

Lectures and Symposium “Let’s talk on Japanese Sengoku Warriors era !”

Time and Date : 13:00 ~ , 10th, June, 2017

Place : S101 room of Shujitsu University

Contents : Part 1 – Lectures

OHTA Souichirou (Ritsumeikan University)

“Some movements of Court Nobles, Buddhism Temples and Shinto Shrines

through Onin~Bunmei battle time, later 15th century”

ITOH Kouji (Kyushu University)

“The Relationship between SANJONISHI Sanetaka and the Ships dispatched

to Ming Dynasty”

AMANO Tadayuki (Tenri Universty)

“The Relationship between MIYOSHI Nagayoshi and ODA Nobunaga; the political power of Miyoshi-clan in Kinai region as the premise of ODA military goverment in later 16th century”

Part2 – Symposium and Question time

Anyone can ask lecturers any questions on Sengoku Warriors era.

※We will inform some more details later.