就実大学・就実短期大学

表現文化学科

生命薬学部門


氏 名 坪井 誠二(つぼい せいじ)
所属学科・職名 薬学科・教授 (薬学部長)
学位 薬学博士
学位論文名 「S-(1,2-Dicarboxyethyl)glutathione の生物活性に関する研究」
主要担当科目 生化学Ⅱ(構造と触媒作用),生化学Ⅲ(生体エネルギーと代謝)他
主要担当科目概要 タンパク質は生細胞中最も多量に存在する高分子であり,細胞の全ての部分に含まれている。これらのタンパク質のアミノ酸配列及び立体構造と機能との関連,また,生理作用との関係について分子レベルから考える。生体で行われているエネルギー獲得のための代謝経路,特に,糖質,脂質及びアミノ酸等の基本的な代謝経路について考える。また,この様な代謝がホルモン等によりどの様に制御されているのか,病態との関係について考察する。
専門分野 生化学
所属学会 日本薬学会,日本生化学会
研究キーワード 睡眠,概日リズム,レドックス制御,グルタチオン,メラトニン
研究題目 ○グルタチオンによるレドックス制御に関する研究 :生体におけるグルタチオンを介するレドックス制御について,特に酵素を中心に構造と機能の面から解析する。
○松果体におけるメラトニン合成の調節機構に関する研究:松果体における慨日リズムホルモンであるメラトニン合成の律速酵素である serotonin N-acetyltransferase について,その制御機構を解析する。
○発酵乳ホエーによるメラトニン合成の調節機構に関する研究:発酵乳ホエー抽出物による,メラトニン合成の律速酵素である serotonin N-acetyltransferase の制御機構を解析する。
主要研究業績 ・Arima,J., Uesugi, Y., Tsuboi, S., Yatsushiro, S., Iwabuchi, M. and Hatanaka, T. Modulation of Streptomyces Leucine Aminopeptidase by Calcium. IDENTIFICATION AND FUNCTIONALANALYSIS OF KEY RESIDUES IN ACTIVATION AND STABILIZATION BY CALCIUM J. Biol. Chem., 281, 5885-5894 (2006)
・Tsuboi, S. . Elevation of glutathione level in rat hepatocytes by hepatocyte growth factor via induction of γ-
glutamylcysteine synthetase J. Biochem., 126, 815-820 (1999)
・Tsuboi, S., Matsumoto, H., Jackson, K.W., Tsujimoto, K., Williams, T., Yamazaki, A. . Phosphorylation of an Inhibitory Subunit of cGMP Phosphodiesterase in Rana catesbiana Rod Photoreceptors I.CHARACTERIZATION OF THE PHOSPHORYLATION J. Biol. Chem. 269, 15016-15023 (1994)
・Tsuboi, S., Matsumoto, H., Yamazaki, A Phosphorylation of an Inhibitory Subunit of cGMP Phosphodiesterase in Rana catesbiana Rod Photoreceptors II. A POSSIBLE MECHANISM FOR THE TURNOFF OF cAMP PHOSPHODIESTERASE WITHOUT GTP HYDROLYSIS J Biol. Chem., 269, 15024-15029 (1994)
・Yamazaki, A., Yamazaki, M., Tsuboi, S., Kishigami,A., Umbarger, K.O., Madland, W.T., Hayashi, F. . Regulation of G Protein Function by an Effector in GTP-dependent Signal Transduction; An Inhibitory Subunit of cGMP-Phosphodiesterase Inhibits GTP Hydrolysis by Transducin in Vertebrate Rod Photo-receptors J. Biol. Chem. 268, 8899-8907 (1993)
氏 名 塩田 澄子(しおた すみこ)
所属学科・職名

薬学科・教授 (薬学科長)

学位 博士(薬学)
学位論文名 「細菌細胞の薬剤耐性系阻害剤の探索とその作用機序」
主要担当科目 微生物薬品化学、臨床微生物学
主要担当科目概要 微生物に特有の構造と機能の他微生物により引き起こされる感染症の予防と治療について薬剤師が必要とする知識を習得する。感染症の治療薬としての抗菌薬, 抗真菌薬,抗ウイルス薬,抗寄生虫薬の特徴を学び,作用機序や臨床応用が説明できるようにする。また感染症を起こす臨床微生物の病原因子、症状、予防、治療、感染防止対策など学ぶ。
専門分野 病原微生物学、感染防止対策
所属学会 日本薬学会,日本細菌学会,日本化学療法学会,日本ブドウ球菌研究会,米国微生物学会
研究キーワード 抗菌薬,耐性菌,MRSA,緑膿菌,院内感染,病原因子,バイオフィルム
研究題目
1. 細菌の病原因子の解明と減弱させる物質の探索
院内感染の原因菌となる黄色ブドウ球菌と緑膿菌について,感染症に関わる病原因子の解析と病原性や感染性を減弱させる物質の探索を行う。これらの物質は常在細菌叢を乱さない,耐性菌を出現させない等の利点をもつ。
2. 国内外における多剤耐性菌による感染症の動向と感染対策における薬剤師の役割。
主要研究業績 1. Liu MH, Otsuka N, Noyori K, Shiota S, Ogawa W, Kuroda T, Hatano T, Tsuchiya T.Synergistic Effect of Kaempferol Glycosides Purified from Laurus nobilis and Fluoroquinolones on Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus. Biol Pharm Bull.32(3):1189-1192(2009)
2. Otsuka N, Liu MH, Shiota S, Ogawa W, Kuroda T, Hatano T, Tsuchiya T.(2008) Anti-methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA) compounds isolated from Laurus nobilis. Biol Pharm Bull. 31(9) 1794-1797.(2008)
3. Hatano T, Tsugawa M, Kusuda M, Taniguchi S, Yoshida T, Shiota S, Tsuchiya T. Enhancement of antibacterial effects of epigallocatechin gallate, using ascorbic acid. Phytochemistry. Sep 20.(2007)
4. Horiuchi K, Shiota S, Hatano T, Yoshida T, Kuroda T, Tsuchiya T. Antimicrobial activity of oleanolic acid from Salvia officinalis and related compounds on vancomycin-resistant enterococci (VRE). Biol Pharm Bull.30(6):1147-1149.(2007)
5. Horiuchi K, Shiota S, Kuroda T, Hatano T, Yoshida T, Tsuchiya T. Potentiation of antimicrobial activity of aminoglycosides by carnosol from Salvia officinalis. Biol Pharm Bull 30(2):287-290.(2007)

氏 名 中西 徹(なかにし とおる)
所属学科・職名 薬学科・教授
学位 農学博士
学位論文名 「ペプチド伸長因子-2(EF-2)遺伝子のクローニング,発現並びに毒素耐性機構の解明」
主要担当科目 放射薬品化学,遺伝子工学
主要担当科目概要 放射薬品化学:放射線や放射性同位元素は,創薬の基本となるバイオテクノロジーの研究,そして病気の診断および治療に広く使用されている。放射薬品化学では,この放射線や放射性同位元素についての基礎的知識を身につけると共に,特に薬剤師に必須な知識である放射性医薬品について,その用途や取扱い,管理等を詳しく学ぶ。
遺伝子工学: 次世代シークエンサー、ゲノム編集技術の登場やiPS細胞の利用により、遺伝子工学は医療において大きな革命をもたらしつつある。またパーソナルゲノム時代の到来でヒトの一生にも影響を与えるようになったこの遺伝子工学について,歴史的背景からひもとき,その基礎と応用さらに将来展望についてわかりやすくかつ専門的に解説する。
専門分野 生化学・分子生物学
所属学会 日本生化学会,日本分子生物学会,日本薬学会,硬組織再生生物学会,日本食品衛生学会, 日本理科教育学会, 大学教育学会, 日本アイソトープ協会,日本パスツール協会, Eular(欧州リウマチ学会)
研究キーワード 関節リウマチ,テトラスパニン,iPS細胞, DNAチップ,次世代シークエンサー,餘慶寺米、キャリア教育、反転授業
研究題目 1)DNAチップを用いて関節リウマチ滑膜細胞より単離したテトラスパニンの一種が関節リウマチ発症に関与し,その治療の新規かつ有効な標的となりうる分子であることを世界で初めて発見した。この分子の生体での作用の解明やこの分子の働きを阻害する新規リウマチ治療薬の開発を目指す。
2)ヒトiPS細胞の樹立並びに培養と分化誘導を行い、遺伝子発現等の網羅的解析、薬物スクリーニングへの応用並びに分化メカニズムの解明等を行う。また、マウスiPS細胞の培養・観察を通じて理科のキャリア教育を推進し、理系への親和性やリテラシーを高める活動につなげる。
3)餘慶寺千手観音の胎内より発見された寛永2年収穫の江戸米(餘慶寺米:赤米,ジャポニカ)のゲノム解析を実施し,このイネが脱粒性をもたないうるち米栽培種であることや, そのSSR解析からこのイネが現在の日本晴に近いことを明らかにした。さらに次世代シークエンサーSolid4を用いてこの米の全ゲノム解析を行い,日本晴の塩基配列との比較検討を行う。
主要研究業績 ・Nakanishi T Analysis of the nucleotide sequence of genomic DNA from Yokeiji rice preserved in the head part of senjyu-kannon. Foods Food Ingred J 216, 342-345, 2011
・Nakagawa S, Arai Y, Mori H, Matsushita Y, Kubo T, Nakanishi T. Small interfering RNA targeting CD81 ameliorated arthritis in rats. Biochem Biophys Res Commun 388, 467-472, 2009
・中西 徹 ポストゲノムと神経薬理研究 日本神経精神薬理学雑誌 29, 181-188, 2009
・Matsuoka Y, Yokoyama M, Kobayashi H, Omori M, Itano Y, Morita K, Mori H, Nakanishi T. Expression profiles of BDNF splice variants in cultured DRG neurons stimulated with NGF. Biochem Biophys Res Commun 362, 682-688, 2007
・Mima S, Tsutsumi S, Ushijima H, Takeda M, Fukuda I, Yokomizo K, Suzuki K, Sano K, Nakanishi T, Tomisato W, Tsuchiya T, Mizushima T Induction of claudin-4 by nonsteroidal anti-inflammatory drugs and its contribution to their chemopreventive effect. Cancer Res 65, 1868-1876, 2005
・Nakanishi T Japan may seek embryo cells from overseas. Nature 405, 882, 2000
・Nakanishi T, Kohno K, Ishiura M, Ohashi H, Uchida T Complete nucleotide sequence and characterization of the 5′-flanking region of mammalian elongation factor 2 gene. J Biol Chem 263, 6384-6391,1988

氏 名 末丸 克矢(すえまる かつや)
所属学科・職名 薬学科・教授
学位 薬学博士
学位論文名 「ニコチン長期投与によるラットの行動特性に関する薬理学的研究」
主要担当科目 公衆衛生学、精神神経科学
主要担当科目概要 公衆衛生学は、病気を治療する過程よりも、それ以前に病気に罹らないことに主眼を置いた分野であり、身体的・精神的健康の増進をはかり、生命や生活を守る科学・技術を学ぶ学問である。本講義では,保健統計,疫学,感染症や生活習慣病とその予防などに関する基本的知識を学ぶ。
専門分野 行動薬理学、精神神経学、疫学
所属学会 日本医療薬学会(日本医療薬学会指導薬剤師),日本薬理学会(評議員),日本TDM学会(評議員),日本薬学会,日本神経精神薬理学会,日本緩和医療薬学会
研究キーワード 行動解析,発達障害,てんかん
研究題目
発達障害の動物モデルを用いた高次脳機能障害に関する研究
てんかん動物モデルを用いた新規治療薬の探索
腸炎動物モデルを用いた新規治療薬の探索
疫学
主要研究業績
・Takechi K, Suemaru K, Kiyoi T, Tanaka A, Araki H. The α4β2 nicotinic acetylcholine receptor modulates autism-like behavioral and motor abnormalities in pentylenetetrazol-kindled mice. Eur J Pharmacol. 775:57-66 (2016).
・Nakajima N, Watanabe S, Kiyoi T, Tanaka A, Suemaru K, Araki H. Evaluation of edaravone against radiation-induced oral mucositis in mice. J Pharmacol Sci. 127(3):339-343 (2015).
・Tasaka Y, Yasunaga D, Kiyoi T, Tanaka M, Tanaka A, Suemaru K, Araki H. Involvement of stimulation of α7 nicotinic acetylcholine receptors in the suppressive effect of tropisetron on dextran sulfate sodium-induced colitis in mice. J Pharmacol Sci. 127(3):275-283 (2015).
・Tanaka A, Takechi K, Watanabe S, Tanaka M, Suemaru K, Araki H. Convulsive liability of cefepime and meropenem in normal and corneal kindled mice. Antimicrob Agents Chemother. 58(8):4380-4383 (2014).
・Watanabe S, Suemaru K, Nakanishi M, Nakajima N, Tanaka M, Tanaka A, Araki H. Assessment of the hamster cheek pouch as a model for radiation-induced oral mucositis, and evaluation of the protective effects of keratinocyte growth factor using this model. Int J Radiat Biol. 90(10):884-891(2014).
・Tanaka A, Takechi K, Watanabe S, Tanaka M, Suemaru K, Araki H. Comparison of the prevalence of convulsions associated with the use of cefepime and meropenem. Int J Clin Pharm. 35(5):683-687 (2013).

氏 名 渡辺 雅彦(わたなべ まさひこ)
所属学科・職名 薬学科・教授
学位 博士(農学)
学位論文名 「ニトロアレーン及び芳香族アミンに高感受性を示すSalmonella typhimuriumエームス試験菌株の新しい誘導株の樹立」
主要担当科目 環境衛生学
主要担当科目概要 私達は生態系の一員として,環境因子の影響を受けながら生活している一方,近年の人間活動の発展はその環境を大きく変えてしまうほどになっている。このため,人と環境の相互関係を知り,環境保全に努めることは,私達の健康を守る上で大変重要である。本講義では,生活環境を保全,維持するために,それらに影響を及ぼす自然現象,人為的活動を理解し,環境汚染物質などの成因人体への影響,汚染防止,汚染除去などに関する基本的知識を身につける。
専門分野 遺伝・ゲノム動態 ,病態医化学,公衆衛生学・健康科学
所属学会 日本環境変異原学会、日本癌学会、日本薬学会、昆虫DNA研究会他
研究キーワード 多段階発がん、突然変異、体細胞進化、用量反応関係、発がんモデル、安全性・有効性評価
ミスマッチDNA,モンシロチョウ,集団遺伝
研究題目 ○発がん過程における突然変異の検出
○発がんとその抑制
○遺伝毒性物質のリスク評価
○食品・医薬品の安全性・有効性評価
主要研究業績 ・Watanabe, M. (2016) Smoking: additional burden on aging and death. Genes Environment., 38:3.
・渡辺雅彦、阿蘓寛明、末丸克矢 (2015) 大気微粒子の概要と健康リスク 就実大学薬学雑誌 2, 18-30.
・Nakano, T., Takahashi-Nakaguchi, A, Yamamoto, M. and Watanabe, M. (2014) Pierisins and CARP-1: ADP-ribosylation of DNA by ARTCs in butterflies and shellfish. Curr. Top. Microbiol. Immunol., 384, 127-149.
・Yamamoto, M., Takahashi-Nakaguchi, A., Matsushima-Hibiya, Y., Nakano, T., Totsuka, Y., Imanishi, S., Mitsuhashi, J., Watanabe, M., Nakagama, H., Sugimura, T. and Wakabayashi, K. (2011) Nucleotide sequence and chromosomal localization of the gene for pierisin-1, a DNA ADP-ribosylating protein, in the cabbage butterfly Pieris rapae. Genetica, 139, 1251-1258.
・Nagao, M., Ishikawa, S., Nakagama, H. and Watanabe, M. (2008) Extrapolation of the animal carcinogenesis threshold to humans. Genes Environ., 160-165.
・Watanabe, M. (2008) Threshold-like dose-response relationships in a modified linear-no-threshold model: application of experimental data and risk evaluation. Genes Environ., 30, 17-24.
・Moriyama, K., Suzuki, T., Negishi, K., Graci, J., Thompson, C., Cameron, C. and Watanabe, M. (2008) Effects of introduction of hydrophobic group on ribavirin base on mutation induction and anti-RNA viral activity. J. Med. Chem., 51, 159-166.

氏 名 工藤 季之(くどう としゆき) 研究室HP(学内限定)
所属学科・職名 薬学科・准教授
学位 博士(理学)
学位論文名 「鳥類のアロマターゼ遺伝子と転写調節因子SF-1/Ad4BPに関する研究」
主要担当科目 分子生物学1(分子生物学の基礎)
主要担当科目概要 本講義では,基礎生物学,生化学の知識を前提として,遺伝子に関するより高度な内容を講述する。薬学分野における分子生物学的知識の基盤となるため,十分に理解することが重要であり,予習は不可欠である。あらかじめ指定した範囲を教科書により予習し,理解が不十分な部分を講義で補うという学習方法を推奨する。理解度と知識の定着を確認するための課題を与えるので,それにより自ら学習方法の改善に努めてほしい。コアカリC9(2)のほぼ全ての内容に対応し,一部さらに先端的な内容を含む。
専門分野 生物科学,ゲノム科学,薬学
所属学会 日本分子生物学会,日本動物遺伝育種学会,日本内分泌攪乱化学物質学会,日本知財学会,バイオロジクスフォーラム,日本薬学会
研究キーワード 分子生物学,細胞生物学,ゲノム医化学,応用ゲノム学,生物系薬学
研究題目 ○テロメラーゼによる細胞の不死化(細胞が人工的な条件下で不死化にいたる機構を,テロメラーゼの作用を中心として解析する)
○鳥類の性決定機構の解明(鳥類をモデルとして,性決定機構の遺伝子レベルでの解析を行うことで,複雑な遺伝子発現のカスケードを生命現象へと結びつける)
主要研究業績
. Taniuchi S, Maeda K, Kudo T, Takahashi S, Takeuchi S,
“Identification of mammalian Pit-1w, possibly involved in spermatogenesis in mice”, Gen Comp Endocrinol. 173: 289-294 (2011)
. Sutou S, Kunishi M, Kudo T, Kuwano K, Takagi Y, Sierant M, Sano M, Miyagishi M, “Knockdown of severe acute respiratory syndrome corona virus (SARS-CoV) genes by small interfering RNA (siRNA) using siRNA-expression vectors and synthetic double-stranded RNA (dsRNA) as a model for siRNA design”, Genes and Environ. 31: 15-23 (2009)
. 高木建次(監訳)『翻訳「バイオエレクトロニクス~理論から応用まで~」』,株式会社NTS,2008〔2,12章を翻訳〕
. Sutou S, Kunishi M, Kudo T, Pimprapar Wongsrikeao, Miyagishi M, Otoi T, “Knockdown of the bovine prion gene PRNP by RNA interference (RNAi) technology”, BMC Biotech. 7: 44 (2007)
. Murakami I, Takeuchi S, Kudo T, Sutou S, Takahashi S, “Corticotrophin-releasing hormone or dexamethasone regulate rat proopiomelanocortin transcription through Tpit/Pitx-responsive element in its promoter”, J. Endocrinol. 193: 279-290 (2007)

氏 名 平岡 修(ひらおか おさむ)
所属学科・職名 薬学科・准教授
学位 博士(薬学)
学位論文名 「顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)受容体活性化機序の解明」
主要担当科目 基礎生物学演習
主要担当科目概要 代表的な生体構成分子である糖質,脂質,アミノ酸,ビタミン,そして核酸の構造と機能を学びながら,それらの分子が,生体を構成する最小単位である細胞においてどのような役割を担って生命活動に寄与しているかを学ぶ。
専門分野 タンパク質科学,蛋白工学
所属学会 日本薬学会 日本生物工学会 日本薬局学会 日本蛋白質科学会 日本薬剤師会 岡山県薬剤師会
研究キーワード マラリア,G-CSF,病原性真菌
研究題目 ○抗真菌作用を有する化合物の検索とその作用機序の解明
○顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)受容体に対する低分子リガンドの創製
○抗癌剤,抗マラリア剤などの化学療法剤開発のための基礎研究
主要研究業績

・Osamu Hiraoka, Takuya Terai, Moe Kohno, Shigeru Sugiyama. Genetically engineered monomeric streptavidin for designing a new detection systems based on monovalent biotin interaction. The Shujitsu University Journal of Pharmaceutical Sciences Volume 3, 16-26 (2016)

・Sugiyama S., Shimizu N., Kakinouchi K., Hiraoka O., Matsumura H., Yoshikawa H.Y., Takahashi Y., Maruyama M., Yoshimura M., Adachi H., Takano K., Murakami S., Inoue T., Murata M. and Mori Y. Development of protein seed crystals reinforced with high-strength hydrogels. CrystEngComm. 17, 8064-8071 (2015)

・Hiraoka O, Hiraoka K. A Study of Pharmacists’ Job Satisfaction, Organizational Commitment, and Social Support in Organizational Management. The Shujitsu University Journal of Pharmaceutical Sciences Volume 2, 63-67 (2015)

・Hiraoka O, Takashima Y, Sakamoto S, Sugiyama S, Morita M, Wataya Y, Kim H.-S. Functional expression and characterization of EF-hand endoplasmic reticulum-resident calcium-binding Protein, PfERC from Plasmodium falciparum in Escherichia coli for crystallization. The Shujitsu University Journal of Pharmaceutical Sciences Volume 1, 42-50 (2014)

・Mori K, Hiraoka O, Ikeda M, Ariumi Y, Hiramoto A, Wataya Y, Kato N. Adenosine kinase is a key determinant for the anti-HCV activity of ribavirin. Hepatology 58 (4) 1236-44 (2013)

・Morita M., Sanai H., Hiramoto A., Sato A., Hiraoka O., Sakura T., Kaneko O., Masuyama A., Nojima M., Wataya Y., Kim H.-S. Plasmodium falciparum endoplasmic reticulum-resident calcium binding protein is a possible target of synthetic antimalarial endoperoxides, N-89 and N-251. Journal of Proteome Research October 12, Volume 11, Issue 11 4765-5108 (2012)

・Sato A., Kawai S., Hiramoto A., Morita M., Tanigawa N., Nakase Y., Komichi Y., Matsumoto M., Hiraoka O., Hiramoto K.,Tokuhara H., Masuyama A., Nojima M., Higaki K., Hayatsu H.,Wataya Y., Kim H.-S. Antimalarial Activity of 6-(1,2,6,7-Tetraoxaspiro[7.11] nonadec-4-yl)hexan-1-ol (N-251) and Its Carboxylic Acid Derivatives. Parasitology Intertional No.60, 488-92 (2011)

・Sato A., Hiramoto A., Morita M., Matsumoto M., Komichi Y., Nakase Y., Tanigawa N., Hiraoka O., Hiramoto K., Hayatsu H., Higaki K., Kawai A., Masuyama A., Nojima M., Wataya Y., and Kim H.-S. Antimalarial activity of endoperoxide compound 6-(1,2,6,7-tetraoxaspiro [7.11] nonadec-4-yl) hexan-1-ol. Parasitology Intertional No.60, 270-3 (2011)

・Sato A., Hiramoto A., Uchikubo Y., Miyazaki E., Satake A., Naito T., Hiraoka O., Miyake T., Kim H.-S.., Wataya Y. Gene expression profiles of necrosis and apoptosis induced by 5-fluoro-2′-deoxy-uridine. Genomics. 92 : 9-17 (2008)

・Aly NS., Hiramoto A., Sanai H., Hiraoka O., Hiramoto K., Kataoka H., Wu JM., Masuyama A., Nojima M., Kawai S., Kim H.-S., Wataya Y. Proteome analysis of new antimalarial endoperoxide against Plasmodium falciparum. Parasitol Res. 100 : 1119-1124 (2007)


氏 名 守谷 智恵(もりたに ちえ)
所属学科・職名 薬学科・准教授
学位 博士(薬学)
学位論文名 「生体膜に存在するアニオン能動輸送系の解析 -Cl- 輸送性 ATPase 及び sulfate permease の分子生物学的研究」
主要担当科目 生体情報化学
主要担当科目概要 細胞レベル生命の活動について理解を深めるために,細胞の構造と機能,生体膜の構造,生体膜を介した物質の輸送,ホルモンや神経伝達物質といったシグナル(情報)の細胞内伝達機構などについて分子レベルで理解する。
専門分野 生化学,分子生物学
所属学会 日本生化学会,日本薬学会,日本分子生物学会,岡山県薬剤師会
研究キーワード 酸化ストレス,グルタチオン,レドックス制御
研究題目 抗酸化ストレス物質の探索, 酵素のレドックス制御に関する研究,低酸素ストレス応答機構の解明
主要研究業績 ・Otsuka C, Minami I, Oda K, “Hypoxia-inducible genes encoding small EF-hand proteins in rice and tomato”, Biosci Biotech Biochem, 74 (2010)
Yung CW, Okugawa Y, Otsuka C, Okamoto K, Arimoto S, Loakes D, Negish K, ・Negishi T, ” Influence of neighbouring base sequences on the mutagenesis induced by 7,8-dihydro-8-oxoguanine in yeast”Mutagenesis, 2 (2008)
・Suzuki T, Moriyama K, Loakes D, Otsuka C, Negishi, K,” Template properties of mutagenic cytosine analogues in reverse transcription” Nucleic Acids Res, 34 (2006)

氏 名 平本 一幸(ひらもと かずゆき)
所属学科・職名 薬学科・准教授
学位 学術博士
学位論文名 「ヘテロサイクリックアミンによるDNA損傷とその修飾」
主要担当科目 衛生化学1、衛生化学2
主要担当科目概要 衛生化学1では栄養素と栄養化学に関する内容を、衛生化学2では食品衛生に関する内容を講義している。
専門分野 衛生化学
所属学会
日本環境変異原学会, 日本酸化ストレス学会, 日本薬学会
研究キーワード 活性酸素、フリーラジカル、DNA損傷
研究題目
環境中、特に食品成分による生体成分の傷害作用とその機構の解明。および、傷害防止策の検索。
緑茶成分によるアレルギー抑制作用。
主要研究業績
. K. Hiramoto, T. Ohkawa, N. Oikawa, K. Kikugawa, Is nitric oxide (NO) an antioxidant or a prooxidant for lipid peroxidation? Chem. Pharm. Bull., 51, 1046-1050 (2003)
. K. Kikugawa, Y. Yasuhara, K. Ando, K. Koyama, K. Hiramoto, M. Suzuki, Protective effect of supplementation of fish oil with high n-3 polyunsaturated fatty acids against oxidative stress-induced DNA damage of rat liver in vivo. J. Agric. Food Chem., 51, 6073-6079 (2003)
. K. Kikugawa, Y. Yasuhara, K. Ando, K. Koyama, K. Hiramoto, M. Suzuki, Effect of supplementation of n-3 polyunsaturated fatty acid on oxidative stress-induced DNA damage of rat hepatocytes. Biol. Pharm. Bull., 26, 1239-1244 (2003)
. K. Hiramoto, Y. Yasuhara, K. Sako, K. Aoki, K. Kikugawa, Suppression of free-radical-induced DNA strand breaks by linoleic acid and low density lipoprotein in vitro. Biol. Pharm. Bull., 26, 1129-1234 (2003)
. K. Kikugawa, K. Hiramoto, T. Ohkawa, Effects of oxygen on the reactivity of nitrogen oxide species including peroxynitrite. BIOL. Pharm. Bull., 27, 17-23 (2004)

氏 名 阿蘓 寛明(あそ ひろあき)
所属学科・職名 薬学科・講師
学位 博士(自然科学)
学位論文名 「Vibrio vulnificus における鉄獲得系の分子遺伝学的研究」
主要担当科目 衛生薬学実習
主要担当科目概要 疾病の予防を主眼とする衛生薬学において,薬剤師として身につけておくべき事項を実習を通じて習得する科目です。人体と環境の関係を数値化し,客観的に把握するために必要な手法を身につけることができます。主に環境衛生学,毒性学の部分を担当します。
専門分野 公衆衛生学
所属学会 日本薬学会・SHR学会
研究キーワード 生活習慣病
研究題目 ○生活習慣病におけるモデル動物を利用した疾患マーカーの検索
( Genetic Biomarkers in the serum from model animals )
生活習慣病は,遺伝的因子,環境的因子の複数の因子が関わり,理解を難しくしています。ヒトにおける高血圧,脳卒中に対してモデル動物であるSHR,SHRSPを用い,主に血清,尿等代謝物を質量分析計を利用して網羅的に解析し,疾病を代表する因子を見いだします。
主要研究業績 ・Aso H., Miyoshi S., Nakao H., Okamoto K., Yamamoto S. ” Induction of an outer membrane protein of 78kDa in Vibrio vulnificus cultured in the presence of desferrioxamine B under iron-limiting conditions” FEMS Microbiol lett. 2002 Jun 18; 212(1): 65-70.
・Funahashi T., Tanabe T., Aso H., Nakao H., Fujii Y., Okamoto K., Narimatsu S., Yamamoto S. An iron-regulated gene required for utilization of aerobactin as an exogenous siderophore in Vibrio parahaemolyticus. Microbiology 2003 May; 149(Pt 5): 1217-1225.
・Tanabe T, Naka A, Aso H, Nakao H, Narimatsu S, Inoue Y, Ono T, Yamamoto S. A novel aerobactin utilization cluster in Vibrio vulnificus with a gene involved in the transcription regulation of the iutA homologue. Microbiol Immunol. 2005;49(9):823-34.
・Ying CJ, Noguchi T, Aso H, Ikeda M, Yamori Y, NaraY. The role of Cytochrome P-450 in Salt-Sensitive Stroke in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats. Hypertens Res. 2008; 31:1821-1827.
・Yi W., Fu P., Fan Z., Aso H., Tian C., Meng Y., Liu J., Yamori Y., Nara Y., Ying CJ. Mitochondrial HMG -CoA synthase partially contributes to antioxidant protection in the kidney of stroke-prone spontaneously hypertensive rats Nutrition 2010; 26: 1176-80.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏 名 川上 賀代子(かわかみ かよこ)

所属学科・職名 薬学科・助教

学位 博士(農学)

学位論文名 「茶ポリフェノールの吸収と生理機能に関する研究」

主要担当科目 生物系薬学実習Ⅰ

主要担当科目概要 生体を構成する物質(蛋白、酵素等)の構造と機能を研究するために必要とされる基本操作や技術とともに実習の進め方と考え方を習得する。

専門分野 食品機能学

所属学会 日本農芸化学会,日本栄養・食糧学会,日本食品免疫学会

研究キーワード グルタチオン,抗酸化,腸管免疫,ポリフェノール

研究題目

○細胞内グルタチオン上昇活性物質の探索

○腸管免疫賦活作用をターゲットとした食品によるアレルギー予防の研究

主要研究業績

K. Kawakami, P. Li, M. Uraji, T. Hatanaka, H. Ito. “Inhibitory effects of pomegranate extracts on recombinant human maltase-glucoamylase.”, J. food sci., 79, H1848-53 (2014)
K. Kawakami, H. Nishida, N. Tatewaki, K. Eguchi-Kasai, K. Anzai, T. Eitsuka, T. Konishi, M. Hirayama. “Persimmon leaf flavonols enhance the anti-cancer effect of heavy ion radiotherapy on murine xenograft tumors.” J. Cancer Therapy, 4, 1150-7 (2013)

K. Kawakami, S. Aketa, H. Sakai, Y. Watanabe, H. Nishida, M. Hirayama. “Antihypertensive and vasorelaxant effects of water-soluble proanthocyanidins from persimmon leaf tea in spontaneously hypertensive rats.” Biosci. Biotechnol. Biochem., 75, 1435-9 (2011)

K. Kawakami, Y. Shibukura, T. Kanno, T. Furuki, S. Aketa, M. Hirayama. “Identification of 2”-galloylated flavonol 3-O-glycosides accumulating in developing leaves of persimmon (Diospyros kaki Thunb.).” Phytochem. Anal., 22, 403-10 (2011)

K. Kawakami, S. Aketa, M. Nakanami, M. Hirayama. “Major water-soluble polyphenols, proanthocyanidins, in leaves of persimmon (Diospyros kaki) and their alpha-amylase inhibitory activity.” Biosci. Biotechnol. Biochem., 74, 1380-5. (2010)

・2014年度日本農芸化学会中四国支部奨励賞受賞(2014)

・日本食品科学工学会第55回大会若手優秀発表賞 (2008)


氏 名 山﨑 勤(やまさき つとむ)
所属学科・職名 薬学科・助教
学位 理学博士
学位論文名 Clostridium perfringens由来のフィブロネクチン結合タンパクとフィブロネクチンの相互作用」
主要担当科目 生物系薬学実習I
主要担当科目概要 抗原と抗体の相互作用を通じて免疫学的微量定量法の原理を学び、さらにコミュニケーション能力の向上や問題解決能力の醸成を目的とする。
専門分野 免疫学
所属学会 生物試料学会、日本細菌学会、日本寄生虫学会
研究キーワード 関節リウマチ、iPS細胞
研究題目 ○関節リウマチ滑膜細胞の発症に関与すると考えられるテトラスパニンの一種に対する抗体の解析や、影響を与える低分子のスクリーニングを行い、新規リウマチ治療薬や検査薬の開発を目指す。
○iPS細胞の樹立や培養系を確立し、分化誘導を行ってそれに伴う遺伝子発現変化等を網羅的に解析する。
主要研究業績 ・Katayama S, Tagomori M, Morita N, Yamasaki T, Nariya H, Okada M, Watanabe M, Hitsumoto Y. Determination of the Clostridium perfringens-binding site on fibronectin. Anaerobe. Aug;34:174-81(2015)
・Hitsumoto Y, Morita N, Yamazoe R, Tagomori M, Yamasaki T, Katayama S. Adhesive properties of Clostridium perfringens to extracellular matrix proteins collagens and fibronectin. Anaerobe. Feb;25:67-71. (2014)
・Arumugam TU, Takeo S, Yamasaki T, Thonkukiatkul A, Miura K, Otsuki H, Zhou H, Long CA, Sattabongkot J, Thompson J, Wilson DW, Beeson JG, Healer J, Crabb BS, Cowman AF, Torii M, Tsuboi T. Discovery of GAMA, a Plasmodium falciparum merozoite micronemal protein, as a novel blood-stage vaccine candidate antigen. Infect Immun Nov;79(11):4523-32. (2011)
Yamasaki T, Katayama S, Hitsumoto Y, Nogami Y. Localization and function of the fibronectin binding protein of Clostridium perfringens. J Anal Bio-Sci, 33:173-178. (2010)
Yamasaki T, Hitsumoto Y, Katayama S, Nogami Y. Fibronectin-binding proteins of Clostridium perfringens recognize the III1-C fragment of fibronectin. Microbiol Immunol. Apr;54(4):221-7.(2010)

氏 名 山田 陽一 (やまだ よういち)
所属学科・職名 薬学科・助教
学位 博士(薬学)
学位論文名 「黄色ブドウ球菌の多剤排出ポンプの遺伝子クローニングと性質」
主要担当科目 生命薬学実習II、生物学(短期大学)
主要担当科目概要 微生物取扱いの基本(滅菌・消毒法,無菌操作、培地の作製,培養法)を習得し、さらに細菌の単離、同定を行う。また分子生物学の基本である遺伝子組換えについての基本技術も修得する。
専門分野 微生物学
所属学会 日本薬学会、日本細菌学会、日本医療薬学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会、日本ブドウ球菌研究会、American Society for Microbiology
研究キーワード 薬剤耐性、抗菌薬、MRSA、バイオフィルム、殺菌・消毒
研究題目 〇薬剤耐性菌の出現と自然消滅
〇バイオフィルム形成阻害物質の解析
〇薬剤耐性機構の解析
主要研究業績

・ Suzuki N, Ohtaguro N, Yoshida Y, Hirai N, Matsuo H, Yamada Y*, Imamura N, Tsuchiya T (*corresponding author) A Compound Inhibits Biofilm Formation of Staphylococcus aureus from Streptomyces. Biol. Pharm. Bull. 38(6):889-892 (2015).

Yamada Y, Tikhonova E B, Zgurskaya H I YknWXYZ Is an Unusual Four-Component Transporter with a Role in Protection against Sporulation-Delaying-Protein-Induced Killing of Bacillus subtilis. J. Bacteriol. 194:4386-4394 (2012).

・ Tikhonova E B, Yamada Y, Zgurskaya H I Sequential Mechanism of Assembly of Multidrug Efflux Pump AcrAB-TolC. Chem. Biol. 18:454-468 (2011).

・ Ge Q*, Yamada Y*, Zgurskaya H I (*equal contributed) The C-terminal domain of AcrA is essential for the assembly and function of the multidrug efflux pump AcrAB-TolC. J. Bacteriol. 191:4365-4371 (2009).


氏 名 吉川 弥里 (よしかわ みさと)
所属学科・職名 薬学科・助教
学位 博士(薬学)
学位論文名 「聴覚におけるガングリオシドの役割」
主要担当科目 衛生薬学実習
主要担当科目概要 栄養素や食品衛生学、毒性学および環境衛生学の分野における実習を行い、薬剤師として身に付けておくべき公衆衛生の知識や技能を習得する。
専門分野 精神神経薬理学
所属学会 日本薬理学会、日本神経科学学会、日本薬学会
研究キーワード 環境、生活習慣病、精神神経疾患、疫学
研究題目 〇疫学的研究
〇病態モデルによる病因解明
主要研究業績 ・Soeda Y., Yoshikawa M, Almeida OF., Sumioka A., Maeda S., Osada H., Kondoh Y., Saito A., Miyasaka T., Kimura T., Suzuki M., Koyama H., Yoshiike Y., Sugimoto H., Ihara Y., Takashima A. Toxic tau oligomer formation blocked by capping of cysteine residues with 1,2-dihydroxybenzene groups. Nat. Commun., 6:10216 (2015)
Yoshikawa M, Go S., Suzuki S., Suzuki A., Katori Y., Morlet T., Gottlieb SM., Fujiwara M., Iwasaki K., Strauss KA., Inokuchi J. Ganglioside GM3 is essential for the structural integrity and function of cochlear hair cells. Hum. Mol. Genet., 24, 2796-2807 (2015)
・Go S., Yoshikawa M, Inokuchi J. Glycoconjugates in the mammalian auditory system. J. Neurochem., 116, 756-763 (2011)
Yoshikawa M, Go S., Takasaki K., Kakazu Y., Oohashi M., Nagafuku M., Kabayama K., Sekimato J., Suzuki S., Takaiwa K., Kimitsuki T., Matsumoto N., Komune S., Kamei D., Saito M., Fujiwara M., Iwasaki K., Inokuchi J. Mice lacking ganglioside GM3 synthase exhibit complete hearing loss due to selective degeneration of the organ of Corti. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 106, 9483-9488 (2009)