就実大学・就実短期大学

表現文化学科

基礎薬学部門


氏 名 片岡 洋行(かたおか ひろゆき)
所属学科・職名 薬学科教授・大学院医療薬学研究科教授/(就実大学・就実短期大学 学長)
学位 薬学博士(東北大学)
学位論文名 「ガスクロマトグラフィーによるタウリンおよび代謝関連化合物の分析法に関する研究」
主要担当科目 臨床分析技術(学部)/疾病診断分析薬学特論(大学院)
主要担当科目概要
臨床分析技術では、臨床分析の精度管理や生体試料の取り扱い、分離分析法の代表であるクロマトグラフフィーや電気泳動法による混合物からの目的成分の分離理論及び検出法など、臨床現場で利用されている様々な分析技術の原理、測定法及び定量分析への応用、さらに物理的診断法の概要について講義する。/疾病診断分析薬学特論では、がんや生活習慣病など様々な疾病の診断やそれらの発症の過程及び要因の解析、薬物治療の解析などにおいて繁用されるバイオマーカーや、薬物・毒物及びそれらの代謝物などの各種分離分析法の原理と特性について、実際の応用例を示しながら講述する。
専門分野 物理系薬学(分析化学)、環境系薬学(衛生化学)、健康科学、疫学・予防医学
所属学会
日本薬学会、日本分析化学会、クロマトグラフィー科学会、日本臨床化学会、環境ホルモン学会、日本法中毒学会、日本食品衛生学会、日本食品化学会、日本環境変異原学会、日本環境化学会、日本薬剤師会ほか
研究キーワード
固相マイクロ抽出、クロマトグラフィー、質量分析、自動前処理技術、ハイスループット分析、分子認識、薬毒物分析、受動喫煙、終末糖化産物、発がん物質、多環芳香族炭化水素、ヘテロサイクリックアミン、マイコトキシン、生体ガス、ストレスホルモン、酸化ストレス、バイオマーカー
研究題目
○固相マイクロ抽出に基づく薬毒物の全自動オンライン分析システムの開発
○疾病診断や健康影響を評価するためのバイオマーカーの検索と非侵襲的分析法の開発
○生活環境中における有害化学物質の存在及び生体汚染モニタリング
○ヘルスケア簡易診断分析用サンプリングデバイスの開発と実用化
○分子認識ポリマーの開発とバイオミメティック分析への応用
主要研究業績
・ Kataoka H., Mizuno K., Oda E., Saito A., Determination of the oxidative stress biomarker urinary 8-hydroxy-2’-deoxyguanosine by automated on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography−tandem mass spectrometry. J. Chromatogr. B, 1019: 140–146 (2016).
・Kataoka H., Solid-phase microextraction techniques for biomedical analysis. (Review) Bioanalysis, 7(17): 2135–2144 (2015).
・Kataoka H, Inoue T., Ikekita N., Saito K., Development of exposure assessment method based on the analysis of urinary heterocyclic amines as biomarkers by on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-tandem mass spectrometry. Anal. Bioanal. Chem., 406: 2171–2178 (2014).
・ Kataoka H., Saito K, Kato H., Masuda K., Noninvasive analysis of volatile biomarkers in human emanations for health and early disease diagnosis. Bioanalysis, 5 (11): 1443-1459 (2013).
・ Kataoka H., Ehara K., Yasuhara R., Saito K., Simultaneous determination of testosterone, cortisol and dehydroepiandrosterone in saliva by stable isotope dilution on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography−tandem mass spectrometry. Anal. Bioanal. Chem., 405: 331-340 (2013).
・ Kataoka H., Ishizaki A., Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Foods and Herbal Medicines: Analysis and Occurrence (Chapter 2), in Handbook of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons: Chemistry, Occurrence and Health Issues (ISBN 978-1-62257-473-5), Edited by Guilherme C. Bandeira and Henrique E. Meneses (Nova Science Publishers, Inc., New York), 45-82 (2013).
・ Kataoka H., Column Switching Sample Preparation (Chapter 2.29), in Comprehensive Sampling and Sample Preparation. Vol. 2, Edited by Janusz Pawliszyn and Heather Lord, (Elsevier, Academic Press: Oxford, UK), 649-676 (2012).
・ Kataoka H., Miyake M., Saito K., Mitani K., Formation of heterocyclic amine-amino acid adducts by heating in a model system. Food Chem., 130 (3): 725-729 (2012).
・ Kataoka H., Saito K., Recent advances in SPME techniques in biomedical analysis, J. Pharm. Biomed. Anal., 54: 926-950 (2011).
・Kataoka H., Solid-phase microextraction – Recent developments and future trends in pharmaceutical and biomedical analysis. Anal. Sci., 27 (9) 893-905 (2011).
氏 名 鈴木 利典(すずき としのり)
所属学科・職名 薬学科・教授
学位 博士(学術)
学位論文名 「グアニン特異的DNA損傷の分子論的解明」
主要担当科目 無機化学,有機薬化学Ⅰ
主要担当科目概要 薬を化合物として捉えるために必要な基本事項および基本概念を学ぶことを目的とした講義である。まず,生体にとって重要な無機物質を構成する元素とその化合物,そして無機医薬品について学習する。また,錯体の基本概念を習得し,医薬品として用いられる錯体について学ぶ。さらに,混成軌道,共鳴,酸塩基など,有機化学を学ぶ上で基礎となる概念について学ぶ。
専門分野 核酸化学,有機化学,無機化学
所属学会 日本化学会,日本生化学会,日本癌学会,日本薬学会,日本環境変異原学会、日本酸化ストレス学会
研究キーワード DNA,アミノ酸,尿酸,ハロゲン,活性窒素種,活性酸素種
研究題目 ○活性酸素種および活性窒素種による核酸およびアミノ酸の反応
○HOBrおよびHOClと生体関連分子の反応
○紫外線による核酸およびアミノ酸の反応を促進する化合物の検索
○チオールと反応する食材中に含まれる化合物の検索
主要研究業績 (1)Suzuki, T., Kitabatake, A., Koide, Y. (2016) Reaction of thymidine with hypobromous acid in phosphate buffer. Chem. Pharm. Bull. 64, 1235–1238.
(2)Suzuki, T., Yasuhara, N., Ueda, T., Inukai, M., Mio, M. (2015) Reaction of acetaldehyde with 5-aminolevulinic acid via dihydropyrazine derivative. Chem. Pharm. Bull. 63, 126–129.
(3)Suzuki, T., Kosaka, A., Inukai, M. (2013) Formation of 8-S-L-cysteinylguanosine from 8-bromoguanosine and cysteine. Bioorg. Med. Chem. Lett. 23, 3864–3867.
(4)Suzuki, T., Nakamura, A., Inukai, M. (2013) Reaction of 3’,5’-di-O-acetyl-2’-deoxyguansoine with hypobromous acid. Bioorg. Med. Chem. 21, 3674–3679.
(5)Suzuki, T., Kaya, E., Inukai, M. (2012) Effects of halides on reaction of nucleosides with ozone. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 31, 461–473..

氏 名 増田 和文(ますだ かずふみ)
所属学科・職名 薬学科・准教授
学位 博士(薬学)
学位論文名 「Cytochrome P450 2D6とBunitrolol及びBufuralolの相互作用に関する計算化学的研究-活性中心におけるPhe-120, Glu-216及びGlu-222の役割-」
主要担当科目 溶液の平衡と化学反応速度論 熱力学と物理平衡
主要担当科目概要

「溶液の平衡と化学反応速度論」:
原子・分子の集合体である気体・液体・固体および2成分系の溶液の性質,各相の相互関係(相変化・相平衡)を学んだ後,物質の変化の過程である化学反応速度論と化学平衡論を学ぶ。

「熱力学と物理平衡」:
「溶液の性質と反応速度論」において学んだ気体・液体・固体の諸性質,化学反応および平衡の原理は熱力学第一,二,三法則によって理解できる。本講義では,まず内部エネルギー,エンタルピー,エントロピー,自由エネルギー,化学ポテンシャルという新しい概念を学び,そこからいかに平衡理論,溶液の性質,界面化学,化学電池等に関する諸法則が誘導されるかを理解する。

専門分野 物理化学
所属学会 日本薬学会,日本化学会,日本バイオイメージング学会ほか
研究キーワード 計算化学,分子シミュレーション,Cytochrome P450
研究題目 (1) Cytochrome P450の薬物代謝機構に関する研究
Cytochrome P450は,多種多様の基質の酸化的代謝を担うヘム含有モノオキシゲナーゼの総称で,その代謝反応は,疎水性低分子を水酸化したり,脱アルキル化することが主な反応であり,薬物代謝反応の約8割に関与するとも言われている。この代謝機構を計算機化学の立場から予測し,これを部位特異的変異導入法にフィードバックすることでさらに精度の高い機構を明らかにして,テーラーメード医療の基礎へとつなげる。

 

(2) カチオン性ポルフィリンとDNAの相互作用に関する研究
これまでにカチオン性ポルフィリンはDNAに結合してその構造をB型(右巻き)からZ型(左巻き)に転移させることを,CDスペクトルなどの分光学的手法や粘度,融点,原子間力顕微鏡(AFM),分子モデリングなどにより研究してきた。今後さらに結合様式や構造転移の機構を明らかにすることにより,部位特異的な結合をするポルフィリンの設計に発展させていく。

主要研究業績
1) S. Yamaori, Y. Okushima, K. Masuda, M. Kushihara, T. Katsu, S. Narimatsu, I. Yamamoto, K. Watanabe, “Structural requirements for potent direct inhibition of human cytochrome P450 1A1 by cannabidiol: Role of pentylresorcinol moiety”, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 36(7) , 1197–1203 (2013)
2) H. Kataoka, K. Saito, H. Kato, K. Masuda, “Non-invasive analysis of volatile biomarkers in human emanations for health and early disease diagnosis”, Bioanalysis, 5(11), 1443–1459 (2013)
3) H. Kataoka, T. Inoue, K. Saito, H. Kato, K. Masuda, “Analysis of heterocyclic amines in hair by on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-tandem mass spectrometry”, Analytica Chimica Acta, 786, 54–60 (2013)
4) K. Mayumi, N. Hanioka, K. Masuda, A. Koeda, S. Naito, A. Miyata, S. Narimatsu, “Characterization of marmoset CYP2B6: cDNA cloning, protein expression and enzymatic functions”, Biochemical Pharmacology, 85(8), 1182–1194 (2013)
5) 勝 孝, 駒越圭子, 増田和文, 加藤久登, 井上 剛, “センサーを用いる薬物作用の in situ モニタリング”, BUNSEKI KAGAKU, 62(2), 121–130 (2013)

氏 名 齋藤 啓太(さいとう けいた)
所属学科・職名 薬学科・講師
学位 博士(薬学)
学位論文名 「霊長類CYP2C酵素の構造と機能に関する研究:CYP2C19を中心にして」
主要担当科目 分子の構造と化学結合
主要担当科目概要 原子の構造,電子配置を理解したうえで,いかにして原子と原子が結合して分子を形成するかについて学ぶ。特に,有機化学に直結する共有結合について,混成軌道の概念を理解することが主眼の一つである。また,分子どうしも互いに力を及ぼしあい,この分子間力によって沸点の違い,表面張力などが発生することを理解する。
専門分野 分析化学,代謝化学
所属学会 日本薬学会,日本分析化学会,日本環境化学会,クロマトグラフィー科学会,環境ホルモン学会,日本薬物動態学会
研究キーワード 分析化学,代謝化学
研究題目
○固相マイクロ抽出(SPME)法による効率的前処理法と自動分析システムの開発: GCキャピラリーカラムを抽出デバイスとする新しいインチューブSPME法を考案し、サンプリングから抽出、濃縮、分離、検出、データ処理までを自動化したオンライン分析システムを開発し、薬毒物、環境汚染物質などの分析に応用している。
○呼気、皮膚ガスや唾液による簡易健康診断法の開発:非侵襲的な方法を用いて、疾病やストレスの簡易診断するための簡便迅速な測定法の開発を目指している。
○薬物代謝酵素シトクロムP450の機能解明:食品や環境成分との相互作用を簡便迅速に測定できる実験系の構築やCYP分子種の基質特異性の違いについて酵素の活性中心構造の解明を目的としている。
主要研究業績
. Saito K, Okamura K, Kataoka H. (2008) Determination of musty odorants, 2-methylisoborneol and geosmin, in environmental water by headspace solid-phase microextraction and gas chromatography-mass spectrometry. J. Chromatogr. A, 1186: 434-437.
. Saito K, Uemura E, Ishizaki A, Kataoka H. (2010) Determination of perfluorooctanoic acid and perfluorooctane sulfonate by automated in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-mass spectrometry. Anal. Chim. Acta., 658: 141-146.
. Saito K, Yagi K, Ishizaki A, Kataoka H. (2010) Determination of anabolic steroids in human urine by automated in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-mass spectrometry. J. Pharm. Biomed. Anal., 52: 727-733.
. Saito K, Ikeuchi R, Kataoka H. (2012) Determination of ochratoxins in nuts and grain samples by in-tube solid-phase microextraction coupled with liquid chromatography-mass spectrometry. J. Chromatogr. A, 1220: 1-6.

氏 名 山川 直樹(やまかわ なおき)
所属学科・職名 薬学科・講師
学位 博士(薬学)
学位論文名 「カチオン性二量化ポルフィリンのDNA結合性と光切断活性」
主要担当科目 有機薬化学, 生命と生活の化学
主要担当科目概要
○有機薬化学
病気の予防や治療をするために欠かすことができない多くの医薬品の製造に関連する基本的な有機化学反応を学び、反応機構についても理解を深める
○生命と生活の化学
生命体であるヒトと生活環境をとりまく化学物質との関わりについて、化学の目を通して理解を深める
専門分野 創薬化学, 医薬品製造化学
所属学会 日本薬学会, 日本薬学会医薬化学部会ほか
研究キーワード メディシナルケミストリー
研究題目
○副作用を起こしにくい非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の開発研究
○肺線維症副作用を起こしにくい肺癌治療薬の開発研究
○薬剤性肺障害を起こしにくい抗リウマチ薬の開発研究
○慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の開発研究
主要研究業績
. Yamakawa N, Suzuki K, Yamashita Y, Katsu T, Hanaya K, Shoji M, Sugai T, Mizushima T. Structure-activity relationship of celecoxib and rofecoxib for the membrane permeabilizing activity. , Bioorg. Med. Chem. 22: 2529-2534(2014)
. Yamakawa N, Suemasu S, Watanabe H, Tahara K, Tanaka KI, Okamoto Y, Ohtsuka M, Maruyama T and Mizushima T, “Comparison of pharmacokinetics between loxoprofen and its derivative with lower ulcerogenic activity, fluoro-loxoprofen.” Drug Metab. Pharmacokinet. 28: 118-124 (2013)
. Yamakawa N, Suemasu S, Okamoto Y, Tanaka K, Ishihara T, Asano T, Miyata K, Otsuka M and Mizushima T, “Synthesis and biological evaluation of derivatives of 2-{2-Fluoro-4-[(2-oxocyclopentyl)-methyl]phenyl}propanoic acid: nonsteroidal anti-inflammatory drugs with low gastric ulcerogenic activity”, J. Med. Chem. 55: 5143-5150 (2012)
. Yamakawa N, Suemasu S, Matoyama M, Tanaka K, Katsu T, Miyata K, Okamoto Y, Otsuka M and Mizushima T, “ Synthesis and biological evaluation of loxoprofen derivatives”, Bioorg. Med. Chem. 19: 3299-3311(2011)
. Yamakawa N, Suemasu S, Matoyama M, Kimoto A, Takeda M, Tanaka, K, Ishihara T, Katsu T, Okamoto Y, Otsuka M and Mizushima T, “Properties and synthesis of 2-{2-Fluoro (or Bromo)-4-[(2-oxocyclopentyl)methyl]phenyl}-propanoic acid: nonsteroidal anti-inflammatory drugs with low membrane permeabilizing and gastric lesion-producing activities”, J. Med. Chem. 53: 7879-7882(2010)
. Yamakawa N, Suemasu S, Kimoto A, Arai Y, Ishihara T, Yokomizo K, Okamoto Y, Otsuka M, Tanaka K and Mizushima T, “Low direct cytotoxicity of loxoprofen on gastric mucosal cells”, Biol. Pharm. Bull. 33: 398-403(2010)

氏 名 森山 圭(もりやま けい)
所属学科・職名 薬学科・講師
学位 博士(薬学)
学位論文名 「両義的塩基対形成による正確な遺伝情報伝達の阻害とその応用に関する研究」
主要担当科目 有機構造解析学,医薬品化学
主要担当科目概要 有機構造解析学では,各種分光分析法,核磁気共鳴スペクトル分析法,質量分析法,粉末X線回折測定法などを中心に,測定原理,測定装置,測定法を概説し,スペクトルデータから構造解析への応用について講述する.医薬品化学では,医薬品の合成に汎用される官能基の導入反応や相互変換反応,炭素骨格構築法,保護基の導入などについて,実際の医薬品合成での応用例を示しながら解説する.
専門分野 分光分析学,製剤学
所属学会 日本分光学会
研究キーワード ラマン分光法,結晶多型,固体物性,固形製剤、ケミカルイメージング
研究題目
○結晶面イメージングによる製剤中原薬の晶癖・粒子径分析と溶出挙動解析
○アルキン修飾による製剤添加剤のラマン可視化法の開発
○製剤ラマンイメージングデータベースの構築
○院内製剤の調製法と原薬分散状態の関連性に関する分析
○非晶質製剤の経時変化追跡
主要研究業績
Moriyama, K., Takami, Y., Uozumi, N., Okuda, A., Yamashita, M., Yokomizo, R., Shimada, K., Egawa, T., Kamei, T., Takayanagi, K. “Assessment of drug content uniformity of atropine sulfate triturate by liquid chromatography-tandem mass spectrometry, X-ray powder diffraction, and Raman chemical imaging.” J Pharm Health Care Sci, 2, 4 (2016)
・Yamashita, M., Sasaki, H., Moriyama, K. “Vapor Phase Alkyne Coating of Pharmaceutical Excipients: Discrimination Enhancement of Raman Chemical Imaging for Tablets” J. Pharm. Sci., in press
・Hanada, T., Takami, Y., Moriyama, K., Oro, M., Ogawa, T., Moriyasu, H., Inoue, Y., Kanemitsu, A., Kawamoto, E., Nagase, A., Hamahara, A., Yamamoto, A., Shimada, K., Takahashi, M., Egawa, T. “Prevention of the exposure by cyclophosphamide oral tablet” J Pharm Health Care Sci, 1, 20 (2015)
・川本英子,浜原安奈,兼光朝子,髙見陽一郎,森山圭,花田貴惠,井上結夏,長瀨彩花,山本温子,小川壮寛,江川孝,島田憲一”フルオロウラシル内服薬のPTPシート汚染原因の検討” 医療薬学,41,630-635 (2015)
Moriyama, K., Furuno, N., Yamakawa, N. “Crystal face identification by Raman microscopy for assessment of crystal habit of a drug” Int. J. Pharm., 480, 101-106 (2015)
Moriyama, K., Suzuki, T., Negishi, K., Graci, J.D., Thompson, C.N., Cameron, C.E., Watanabe, M. “Effects of introduction of hydrophobic group on ribavirin base on mutation induction and anti-RNA viral activity” J. Med. Chem., 51, 159-166 (2008)
・Kimoto, M., Moriyama, K., Yokoyama, S., Hirao, I. “Cytostatic evaluations of nucleoside analogs related to unnatural base pairs for a genetic expansion system” Bioorg. Med. Chem. Lett., 17, 5582-5585 (2007)
・Suzuki, T., Moriyama, K., Otsuka, C., Loakes, D., Negishi, K. “Template properties of mutagenic cytosine analogues in reverse transcription” Nucleic Acids Res., 34, 6438-6449 (2006)
Moriyama, K., Kimoto, M., Mitsui, T., Yokoyama, S., Hirao, I. “Site-specific biotinylation of RNA molecules by transcription using unnatural base pairs” Nucleic Acids Res., 33, e129 (2005)
Moriyama, K., Otsuka, C., Loakes, D., Negishi, K. “Highly efficient random mutagenesis in transcription-reverse-transcription cycles by a hydrogen bond ambivalent nucleoside 5′-triphosphate analogue: potential candidates for a selective anti- retroviral therapy” Nucleosides, Nucleotides, Nucleic Acids, 20, 1473-1483 (2001)
氏 名 佐々木 寛朗(ささき ひろあき)
所属学科・職名 薬学科・講師
学位 博士(薬学)
学位論文名 「ビフラボノイドのアトロプ異性及びβ-secretase阻害活性」
主要担当科目 天然物化学,生薬学
主要担当科目概要 天然物化学,生薬学
専門分野 天然物化学,生薬学
所属学会 日本薬学会,日本生薬学会
研究キーワード ビフラボノイド,アルツハイマー病,βセクレターゼ(BACE1)
研究題目 ○天然有機化合物のX線結晶構造解析

○β-secrease阻害物質の探索

○ビフラボノイドの新規配糖体の合成

主要研究業績

Sasaki H., Kitoh Y., Tsukada M., Miki K., Koyama K., Juliawaty L. D., Hakim E. H., Takahashi K., Kinoshita K., “Inhibitory activities of biflavonoids against amyloid-β peptide 42 cytotoxicity in PC-12 cells.“, Bioorg Med Chem Lett., 25, 2831-2833 (2015).

Sasaki H., Kitoh Y., Miki K., Kinoshita K., Koyama K., Kaneda M., Takahashi K., “Structure-Activity Relationships of Biflavonoids for β-Secretase (BACE-1) Inhibitory Activity“, Heterocycles, 85, 2749-2756 (2012)
Sasaki H., Miki K., Kinoshita K., Koyama K., Juliawaty L. D., Achmad S. A., Hakim E. H., Kaneda M., Takahashi K., “β-Secretase (BACE-1) inhibitory effect of biflavonoids“, Bioorg. Med. Chem. Lett., 20, 4558-4560 (2010)
Sasaki H., Miki K., Koyama K., Kinoshita K., Takahashi K., “New biflavonooids from Cephalotaxus harringtonia var. fastigiata (Cephalotaxaceae)“, Sasaki H., Miki K., Koyama K., Kinoshita K., Takahashi K., Heterocycles, 75, 939-946 (2008)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏 名 石﨑 厚(いしざき あつし)

所属学科・職名 薬学科・助教

学位 薬学修士

学位論文名 「インチューブ固相マイクロ抽出/蛍光検出高速液体クロマトグラフ法に基づく多環芳香族炭化水素類のオンライン分析システムの開発とその応用」

主要担当科目 基礎薬学実習

主要担当科目概要 医薬品の物理化学的性質などに関する実験及び医薬品成分の定量分析関する実験を通して、物理化学や分析化学の基本的な考え方を習得する。

専門分野 分析化学

所属学会 日本薬学会,日本分析化学会

研究キーワード

研究題目 ○固相マイクロ抽出(SPME)法による効率的前処理法とオンライン自動分析システムの開発
主要研究業績

Ishizaki A, Saito K, Kataoka H, “Analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons contamination in tea products and crude drugs.”, Anal. Methods, 3: 299-305 (2011).

Ishizaki A, Saito K, Hanioka N, Narimatsu S, Kataoka H, “Determination of polycyclic aromatic hydrocarbons in food samples by automated on-line in-tube solid-phase microextraction coupled with high performance liquid chromatography-fluorescence detection”. J. Chromatogr. A, 1217: 5555–5563 (2010).


 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏 名 加藤 久登(かとう ひさと)

所属学科・職名 薬学科・助教

学位 博士(薬学)

学位論文名 「光増感剤による細菌および赤血球の細胞膜機能の光不活性化機構の解析」

主要担当科目 基礎薬学実習

主要担当科目概要 物理化学および分析化学に関する実験を行い、基本的操作法、実験技術を習得する。また、実験を通して物理系薬学分野の理解を深める。

専門分野 物理化学

所属学会 日本薬学会,日本分析化学会

研究キーワード 光増感剤,電気化学センサー,細胞膜

研究題目 ○光増感剤による細胞の光不活性化機構の解析
主要研究業績

加藤久登,駒越圭子,勝 孝,片岡洋行, “クロリンによる細菌および赤血球の細胞膜機能の光不活性化”, 就実大学薬学雑誌, 3, 37-46, (2016)

・勝 孝,駒越圭子,増田和文,加藤久登,井上 剛,“センサーを用いる薬物作用の in situ モニタリング”, 分析化学, 62, 121-130, (2013)

H. Kato, K. Komagoe, Y. Nakanishi, T. Inoue, T. Katsu, “Xanthene dyes induce membrane permeabilization of bacteria and erythrocytes by photoinactivation”, Photochem. Photobiol., 88, 423-431 (2012)

・K. Komagoe, H. Kato, T. Inoue, T. Katsu, “Continuous real-time monitoring of cationic porphyrin-induced photodynamic inactivation of bacterial membrane functions using electrochemical sensors”, Photochem. Photobiol. Sci., 10, 1181-1188, (2011)

H. Kato, K. Komagoe, T. Inoue, T. Katsu, “In situ monitoring of photodynamic inactivation of the membrane functions of bacteria using electrochemical sensors”, Anal. Sci., 26, 1019-1021 (2010)