就実大学・就実短期大学

表現文化学科

学会・セミナー

学会・セミナー2015

日本薬学会生物系薬学部会主催 「第27回微生物シンポジウム」

世話人:塩田澄子(就実大学)、黒田照夫(岡山大学大学院) 事務局:山田陽一(就実大学)

 

平成27年9月4~5日、就実大学S館において、標記シンポジウムを開催しました。第27回のテーマは「微生物薬学の未来に向けた研究と教育の在り方」でした。

シンポジストとして、大学研究者の藤永由佳子先生(金沢大学)、臨床現場から田中裕章先生(香川大学医学部付属病院)、行政から大塚菜緒先生(国立感染症研究所)を招き、「微生物薬学」の分野で活躍する3名に、それぞれの立場で、研究と教育や求められる人材と資質を話していただきました。

特別講演はテーマを「微生物薬学分野の創薬研究」として、企業から巻秀樹先生(塩野義製薬(株))、大学から関水和久先生(東京大学)にご講演いただきました。シンポジウム、特別講演とも多彩な分野からの興味深い講演であったと参加者の皆さんから高い評価を得ることができました。

一般研究発表では、基礎、疫学、臨床と幅広い分野から23演題が集まりました。病院からも2演題の発表があり、「微生物薬学」にふさわしい研究成果の発表の場を提供することができたと思います。

全演題で活発な質疑応答が行われ、休憩時間もお茶やお菓子をつまみながら議論が続けられました。参加者75名のうち、61名が懇親会にも出席し、情報共有と親睦も図れたと思います。薬学の微生物学分野の研究者や薬剤師が集まり、ともに学び、交流した貴重な2日間になりました。

 


活発な質疑応答の様子

発表する山田先生

世話人と学生スタッフ一同

 

 

学会・セミナー2014

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015にて、薬学部5年生の浜原安奈さんが優秀演題賞を受賞しました

平成27年3月14〜15日に、京都市にて開催された日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015にて、薬学部5年生の浜原 安奈さん(総合医療薬学講座)が優秀演題賞を受賞しました。

 

本研究は抗がん剤内服薬が患者や医療従事者に及ぼす被曝の影響を調査したものであり、研究内容と共に浜原さんのプレゼンテーションが高く評価され受賞となりました。

 

(受賞演題)

Cyclophosphamide及びfluorouracil内服薬のPTPシート汚染とその防止方法の検討

浜原 安奈、髙見 陽一郎、森山 圭、花田 貴恵、川本 英子、兼光 朝子、井上 結夏、長瀬 彩花、山本 温子、小川 壮寛、江川 孝、島田 憲一

 

 

 

川上 賀代子 助教が2014年度日本農芸化学会中四国支部奨励賞を受賞しました。

薬学科基礎薬学分野(生化学)の川上 賀代子 助教が、2014年度日本農芸化学会中四国支部奨励賞を受賞しました。

 

川上助教の「茶ポリフェノールの吸収と生理機能に関する研究」が日本農芸化学会中四国支部奨励賞として選考されました。

 

本受賞に関連して、2014年9月26、27日に徳島大学常三島キャンパスで開催された日本農芸化学会中四国第40回講演会にて受賞講演を行い、授賞式が執り行われました。

 

受賞講演の様子

奨励賞の賞状

 

 

野上 愛 助教が和漢医薬学会奨励賞を受賞しました。

薬学科応用薬学分野(薬効解析学)の野上 愛 助教が、2014年和漢医薬学会奨励賞を受賞しました。

 

和漢医薬学会奨励賞は、当学会誌に優れた研究、将来性のある研究の原著論文を発表した著者に授与されるもので、野上助教の下記の論文が受賞対象論文として選考されました。

 

Nogami, A. et al. Effect of Yokukansan on memory disturbance in an animal model of cerebrovascular dementia, Journal of Traditional Medicines, 30, 164-175 (2013)

 

本受賞に関連して、2014年8月30日から31日まで幕張メッセ国際会議場で開催された第31回和漢医薬学会学術大会にて受賞講演を行い、授賞式が執り行われました。

 

 

受賞講演の様子

奨励賞の賞状

 

 

 

第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウムにおいて、井上 大輔 助教が優秀発表賞を受賞しました。

2013年11月23,24日に仙台で開催された、第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(主催:日本薬学会医療薬科学部会)において、薬学科応用薬学分野(薬物動態学)の井上 大輔 助教が、一般口演で優秀発表賞を受賞しました。また、本受賞に際して、2014年6月28,29日に東京で開催された医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウムにおいて、受賞講演を行い、授賞式が執り行われました。

 

2013年11月23日 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム

【優秀発表賞(一般口演)受賞発表題目】

「Estimation of Nasal Drug Absorption Using A New Prediction System Considering Nasal Physiologic Function」Daisuke Inoue, Tomoyuki Furubayashi, Ken-ichi Ogawara, Toshikiro Kimura, Kazutaka Higaki, Hidemasa Katsumi, Toshiyasu Sakane, Akira Yamamoto, Toshiro Niwa

 

2014年6月29日 医療薬科学シンポジウム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム

【若手研究者受賞講演】

「生理的機能を考慮した経鼻吸収予測システムの構築」 井上大輔

 

 

受賞講演の様子

優秀発表賞の賞状

 

 

 

学会・セミナー2011

第124回日本薬学会中国四国支部例会

平成23年1月29日(土)に第124回日本薬学会中国四国支部例会が就実大学薬学部にて開催されました。
特別講演として,岡本基教授(岡山 大学大学院保健学研究科)による「統合失調症薬物治療の現状と疾患モデル」および片岡洋行教授(本学薬学部)による「固相マイクロ抽出法の開発とバイオメ ディカル分析への新展開」のご講演がなされ,県内外の薬剤師の先生方をはじめ多数の参加者があり,フロアからの活発な意見交換なども頂戴しました。
就実大学薬学部では,今後もこのような学術活動を通じて社会に貢献して参りたいと考えています。


薬学会例会の様子

 


学会・セミナー2010

日本薬学会第130年会

日本薬学会第130年会は「安心と安全を担う薬学: 創薬から医療に亘る最前線研究」をテーマに、岡山大学薬学部、就実大学薬学部が主体となって、2010年3月28、29、30日の三日間に渡り、岡山コン ベンションセンター、桃太郎アリーナ、岡山大学、および就実大学の会場で開催されました。
岡山では32年ぶりの開催ですが、1万人を超える多数 の参加者を得て、無事、成功裡に終了致しました。就実会場では前日の27日の日本薬学会総会、ウエルカムレセプション等から始まり、会期中、特別講演、シ ンポジウム、一般講演、ランチョンセミナー等、広範な発表が行なわれました。皆様のご協力に感謝致します。

就実大学 スタッフ一同



 

 


 

 


 

 

 


学会・セミナー2009

第18回日本バイオイメージング学会

学術集会:平成21年9月3日(木)13:00~5日(土)11:00 「原点から未来へ:イメージングの懸け橋を渡そう」

日本バイオイメージング学会(学会員約380名)の第18回総会を、就実大学 洲崎悦子(薬学部人体構成学)が会頭をつとめて開催致しました。中国・四国・九州地区では初めての開催であったこともあり、学会員の他、学会員以外の参加も多数得ることができ、大変盛会となりました。皆様の御協力に心よりお礼を申し上げます。













特別講演は「再生医療からバイオイメージングまでを支えるDDS技術」と題して田畑泰彦先生(京都大学再生医科学研究所)が活性因子や薬物の作用する生体環境の重要性について熱く語って下さいました。
その他、4つのシンポジウムや一般演題46題、奨励賞講演、ランチョンセミナーの発表があり、活発な情報交換と討論が繰り広げられました。








御講演中の田畑泰彦 先生




懇親会には学会員の他、就実大学薬学部の教員も多数参加し、和やかな中で交流を深めました。五味田学部長からは、学会歓迎の言葉と共に岡山の歴史や風物 の紹介もありました。学会を手伝ってくれた就実大学薬学部の学生達も、田畑先生と間近に話を交わすことができて感激でした。







懇親会の一場面



公開講座:平成21年9月5日(土)13:00~17:00「明日をになう君達へ~バイオイメージングと理工系分野へのいざない~」

併設展示:平成21年9月5日(土)12:00~18:00「オワンクラゲ蛍光の展示館:研究者とっておきのGFP写真と光る動物たち」


学会終了後には、一般の参加者を対象とした公開講座と展示が行われ、高校生、中学生やご近所の方々が来場して下さいました。顕微鏡とイメージング、分子を視る、体内を覗く内視鏡、オワンクラゲ蛍光GFPを利用した研究についての講演が行われました。

御講演中の西村いくこ先生 高校生司会による質問セッション

西村いくこ先生(京都大学)の御講演後には、女子高校生司会による「西村先生に直接聞いてみよう!」という質問セッションも行われ、女性研究者に聞いてみたいことや生物学に対する疑問などについて活発な質問が出され、熱いひと時となりました。


GFP蛍光を実演されている

菊地和也先生

GFP蛍光を発するオワンクラゲ(左)

触手を伸ばして気持ちよさそうに泳ぐオワンクラゲ(右)

また、菊地和也先生(大阪大学)は、GFPの発光を実演しながらGFPやそのバリエーション物質がどの様に開発されノーベル化学賞に結びついたかを秘話を 交えて講演されました。一方、公開展示では、山形県鶴岡市加茂水族館から奥泉副館長さんと共にオワンクラゲもやってきて、かわいくも繊細な姿を見せてくれ ました。


第18回日本バイオイメージング学会 会頭
就実大学薬学部 人体構成学
洲崎 悦子



特別講演会 ”How to synthesize an Oligoribonucleotide?”

多数のご参加ありがとうございました。

Wolfgang Pfleiderer教授 (ドイツ, Konstanz大学)の特別講演会は6月15日(月)就実大学で予定通り開催され、119名の学生、教職員の出席者があり、充実した内容で盛会裏に終えることが出来ました。
多くの皆様方にご支援・ご協力をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

 

フライデラー教授を紹介する山本啓司教授
フライデラー教授
講演会 フライデラー教授講演会

特別講演会のお知らせ

講師: Prof. Wolfgang Pfleiderer (ドイツ, Konstanz大学)
日時:平成21年6月15日(月) 13:10-14:40
場所:就実大学 B館B307講義室
言語: 英語

 

W. フライデラー教授はヘテロ環化合物、特にプリン、ピリミジン、プテリジン、オリゴヌクレオチド及び天然物の合成・生理活性研究、更には有機電気化学、光化 学など広範な分野で顕著な業績をあげておられ、世界的に非常に著名です。国際ヘテロ環化学会、国際核酸化学会、国際プテリジン学会の会長も歴任されまし た。また、これらの分野進展への卓越した貢献者に贈られる“International Award of Heterocyclic Chemistry”, “F. G. Hopkins Award for Pteridine Chemistry”などの国際学会賞も受賞されています。
多数の皆様方のご来聴を歓迎いたします。


主催: 日本薬学会中国四国支部
協賛: 就実大学国際交流センター・就実大学薬学部
後援: 岡山日独協会
連絡先: 就実大学薬学部 山本 啓司 (Tel 086-271-8253)


印刷用ファイルダウンロード

こちらよりダウンロードしてください。(PDFファイル)

 

学会・セミナー2008

就実大学薬学部セミナーが開かれました(平成20年8月8日)

平成20年8月8日(金)午後6時半から、日本薬学会中国四国支部主催 就実大学薬学部セミナーが開かれました。講演者は米国ダートマス大学医学部教授 HM Swartz先生AB Flood先生です。
保健政策及び社会学教授のFlood先生は“Using Health Services Research to Inform US Health Policy”(合衆国の保健政策を周知するための保健サービス研究の利用)に ついて、連邦政府や議会の注目を集めているダートマス大学での健康保健政策研究のお話をされました。患者が求めるよい医療とはなにか、患者がエビデンスに 乏しい治療を医師に求めていないかとの問題提起がなされ、その解決法としてエビデンスに基づく治療を患者に広めるためのアカデミアや規制当局の試みについ て最新の情報をご提供いただきました。
また、放射線医学及び生理学教授のSwartz先生は“In vivo EPR, from animals to human subjects”(生体内EPR(電子常磁性共鳴法)―動物実験から臨床研究まで―)に ついて、生体内EPR(電子磁気共鳴)の開発と利用についてお話されました。特にEPRが生体内の酸素濃度を測定するよい方法であり、従来の装置よりも低 周波数のLバンド装置の開発により、虚血再灌流障害、糖尿病性末梢血管障害、などの部位と程度を測定できるとのことでした。

各先生のご講演後、先生方のご研究が医療現場においてどのような改善の可能性を示せるのかなど、活発な質疑応答が行われました。講演会後に、演者の先生方より、大変活発な議論ができ今回の講演会は有意義であったとのご感想をいただきました。
また、本講演会は、日本薬剤師会研修センター研修認定薬剤師制度1単位の集合研修であり、岡山市の病院や薬局に勤務される薬剤師の方々にも多数ご参加いた だきました。お集りいただいた薬剤師の方々からは、職業人として英語の必要性を再認識するよい機会となったこと、薬学の新しい情報に触れ、勉強のモチベー ションが上がったことなどのご意見が寄せられました。

就実大学薬学部では、今後も、地域の薬剤師の方々の研修の一環として役立つ講演会を企画し、実施してまいりたいと存じます。


Flood教授ご講演。
演題:“Using Health Services
Research to Inform US Health Policy”
(合衆国の保健政策を周知するための
保健サービス研究の利用)
Swartz教授ご講演。
演題:“In vivo EPR, from animals
to human subjects”
(生体内EPR(電子常磁性共鳴法)
―動物実験から臨床研究まで―)

熱心な質疑応答がなされ、大変有意義な講演会となりました。

両先生と記念撮影。

国際交流委員会