就実大学・就実短期大学

表現文化学科

薬学への招待

救命救急講習・高齢者疑似体験

1年次生の「薬学への招待」で、救命救急講習会と高齢者疑似体験を行いました。(平成26年5月23日)

【救命救急講習会】
本年度も昨年に引き続き、心臓病センター榊原病院外科部長兼救急部長の津島義正先生をはじめ16名のスタッフの先生方をお迎えして、救命救急の意義、胸骨圧迫による心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)の操作方法の講習会を開催しました。この講習会は、薬学部1年次生の「薬学への招待」で、医療人にふさわしい行動・態度をとるために必要な心構えを身につけることを目的として、毎年実施しています。学生からは、「助かる確率が大きく変わってくるので、本当に大事なことなんだなと思いました」や「医療に携わる者として、きちんとした知識をもって率先して行動できるようになりたい」といった感想が寄せられました。
心肺蘇生法の説明を受ける学生達 心肺蘇生の練習風景

【高齢者疑似体験】
高齢者疑似体験セット『うらしま太郎』を装着し,手足の関節の動き,視界,聴覚が非常に制限された状態で買い物やお薬の取り出しなどを体験をしました。介添えの人がいないと階段の上り下りも辛く、高齢者の方の不自由さと同時に、介護者の気配りについても身をもって体験することができました。
体が重くて動きにくいです・・・。 足下が見えない!!
ん・・・いくら入ってるの? 錠剤1錠出すのもひと苦労です。

【車椅子体験】
車椅子の使い方には気をつけないといけないことがたくさんあります。
昨年に引き続き、教育学部の郷木義子先生に、車椅子の講習をしていただきました。車椅子は乗る人だけでなく介助をする人の負担も軽くする必要があります。また、車椅子のしくみだけでなく、車椅子の押し方のコツ、また車椅子に乗っている人に対し介助者が配慮すべきことについても説明して頂きました。「普段の何気無い行動が困難になっている」、「困っている高齢者に出会った時には、積極的に自分から声をかけて手助けしたい」などの感想が聞かれ、有意義な体験ができました。
足を引いてしっかりと肩につかまってくださいね。 腰をひくときは組んだ腕をしっかり持って!

日ごろ体験するこのない高齢者疑似体験や車椅子体験を通して、高齢者あるいは体の不自由な患者さんへの思いやりを持って接することの大切さを学びました。
薬学部 対話演習委員会

1年次生の「薬学への招待」で、救命救急講習会と高齢者疑似体験を行いました。(平成25年5月17日)

【救命救急講習会】
昨年に続き、心臓病センター榊原病院外科部長兼救急部長の津島義正先生をはじめ16名のスタッフの先生方をお招きしてご指導いただきました。将来の医療従事者としての最低限の救命知識と技術を習得するとともに、医療人にふさわしい行動・態度をとるために必要な心構えを身につけることを目的とし、毎年実施しています。
講習会では、救命救急の意義、胸骨圧迫による心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)の操作方法について教えていただきました。「今まで実際にAEDを使ったことがなかったので、実習できてよかった」や「将来、医療現場で今日の経験を活かしたい」といった感想が寄せられました。
心肺蘇生法の説明を受ける学生達 心肺蘇生の練習風景

【高齢者疑似体験】
高齢者疑似体験セットを装着し,手足の関節の動き,視界,聴覚が非常に制限された状態で買い物や服薬など日常生活を想定した体験をしました。介添えの人がいないと階段の上り下りも辛く、高齢者の方の不自由さを身をもって体験することができました。
セットの装着は3人がかりで。 みんなに支えられて階段を下りました。
これって何円玉・・・?? 全然見えない! 先生、薬が出せません(泣)

【車椅子体験】
郷木先生の説明を真剣に聞いている学生さん達
車椅子体験では、教育学部の郷木義子先生に、車椅子についての講習をしていただきました。車椅子は乗る人だけでなく介助をする人の負担も軽くする必要があり、負担の少ない乗降方法を学びました。また、車椅子のしくみや車椅子の押し方のコツ、また車椅子に乗っている人に対し介助者が配慮しないといけないことについても説明して頂きました。「実際に乗ってみるとちょっとした段差がとても怖かった」、「車椅子を押すのにこんなにいろんなことに気を配らないといけないとは思わなかった。」などの感想が聞かれ、有意義な体験ができました。
足を引いてしっかりと肩につかまってくださいね。 周りに危険がないかよく確認して押しています。

日ごろ体験するこのない高齢者疑似体験や車椅子体験を通して、高齢者あるいは患者さんへの思いやりや医療人としての心構えを学ぶことができました。
薬学部 対話演習委員会

1年生の「薬学への招待」において、救急救命講習会および高齢者疑似体験を行いました(平成24年5月18日)

まず「救命救急講習会」では、心臓病センター榊原病院外科部長兼救急部長の津島義正先生をはじめとして「NPO救命おかやま」の9名のスタッフの先生方をお招きしてご指導いただきました。将来の医療従事者としての最低限の救命知識と技術を習得すると同時に、生命に関わる医療人となることを自覚し、それにふさわしい行動・態度をとるために必要なこころ構えを身につけることを目的とし、毎年実施しています。
救命救急の意義、胸骨圧迫による心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)の操作方法、そしてシナリオに基づいた救命など、わかりやすく教えていただきました。
講習会を通して、「自分にもできる自信がついた」、「心肺蘇生が必要な状況に遭遇したら、勇気をだして人命を救いたい」、「人を助けたいという気持ちが大切なのだと思った」、「これまでにも講習会を受けたことがあったが、今回は医療人となるという気持ちをもって取り組むことができた」など、感想を述べてくれ、有意義な講習会となりました。
心肺蘇生法の説明を受ける学生達

シナリオに沿った心肺蘇生の練習風景
「強く・早く・絶え間なく」

次は、「高齢者疑似体験・車椅子体験」です。
高齢者疑似体験セットを装着すると,手足の関節の動き,視界,聴覚が著しく制限されました。この状態で買い物や服薬,飲水など日常生活を想定した体験をしました。介添えの人がいないと階段の上り下りも辛いことを経験し、こんなに大変だったの?と高齢者の方に対する認識が大きく変わりました。
えーこんなに見づらいの?
高齢者の皆さんのご苦労を実感しました。
平地はまだいいけど階段は。。。。
今年から新たに車椅子体験を取り入れました。教育学部郷木義子先生に、車椅子に乗る人や介助をする人の負担を軽くする乗降車方法、車椅子の押し方のコツなど教えていただきました.また車椅子に乗っている人は不安がっているので、これから何をするか、介助者は声掛けをするなどしっかりと配慮してあげることが大切と学びました。車椅子を押してみると、ちょっとした段差にも苦労しましたが、教えられたコツを生かし、また乗っている人への言葉がけをしっかり行いながら、より、快適に車椅子に乗ってもらえるよう介助できるようになりました。
力のない人でもコツをつかめば無理なく乗せることができます。 段差ありますよーなど、声掛けが大切です。
「実際に車椅子に乗ってみて初めて怖さや不安さが良く理解できた」とか、「今後高齢者の方と接する際には、自分ができる手助けを進んで行っていきたい」などの感想が聞かれました。日ごろ体験するこのない高齢者疑似体験や車椅子体験を通して、相手への思いやりとか、医療人としての心構えなど学んでもらえたことと思います。
薬学部 対話演習委員会