就実大学・就実短期大学

表現文化学科

専門教育分野

薬学総合教育科目

各専門分野の知識・技能を蓄積するための基盤を構築するとともに、薬剤師に求められる倫理観や教養など人間性の涵養を図ります。

 

物理系薬学

医薬品や生体に関わる化学物質の性質や量の測定についての基本的な知識・技能と、影響を与える諸因子に関する基礎的知識・技能を修得します。

担当教員:教授・片岡洋行、准教授・増田和文、講師・齋藤啓太、助教・石﨑厚、助教・加藤久登

 

化学系薬学

医薬品に必要な化学物質の構造と反応性に関する一般則や生薬の薬効成分を理解し、生体分子の機能と医薬品の作用を化学構造と関連づけて理解します。

担当教員:教授・鈴木利典、講師・山川直樹、講師・森山圭、講師・佐々木寛朗

 

生物系薬学

生命体の成り立ちを個体・器官・細胞レベルで理解し、生体構成物質の構造と生体内変化や機能調節、生体防御機構などの生命現象を解析する知識を修得します。また、病原微生物によって引き起こされる感染症や免疫疾患、各種遺伝子疾患の発症を分子レベルで理解し、疾患の予防・診断・治療・創薬の基礎を学びます。

担当教員:教授・坪井誠二、教授・中西徹、教授・塩田澄子、准教授・工藤季之、准教授・平岡修、准教授・守谷智恵、助教・川上賀代子、助教・山田陽一、助教・山﨑勤

 

衛生系薬学

栄養素や環境汚染物質など、ヒトや社会集団の健康維持・疾病予防に関わる諸因子を化学的側面から理解。食品の安全性や衛生管理などについても学習します。

担当教員:教授・末丸克矢、教授・渡辺雅彦、准教授・平本一幸、講師・阿蘓寛明、助教・吉川弥里

 

薬理・治療系薬学

疾病の原因と病態、薬効プロセスに関する基礎知識を理解し、医薬品の適正使用に必要な知識・技能を修得。薬物治療を適切に行う能力を身につけます。

担当教員:教授・西村多美子、教授・見尾光庸、教授・小山眞也、教授・洲崎悦子、教授・森秀治、講師・豊村隆男、助教・原愛、助教・渡邊政博

 

薬剤系薬学

薬物の吸収・分布・代謝・排泄機構を理解し、医薬品を有効かつ安全に使用するための品質保証、最適な剤形、投与方法、適正処方などの知識を修得します。

担当教員:教授・丹羽俊朗、准教授・松尾浩民、准教授・古林呂之、助教・井上大輔

 

臨床系薬学

服薬指導、薬局経営・管理など薬剤師として必要な知識を修得するとともに、医薬情報の収集・検索・伝達などの実践的技術と知識を学びます。

担当教員:教授・柴田隆司、教授・手嶋大輔、教授・出石啓治、教授・小野浩重、准教授・島田憲一、講師・加地弘明、講師・毎熊隆誉、講師・髙見陽一郎