就実大学・就実短期大学

表現文化学科

センター長メッセージ

6年制薬学教育を受けた卒業生が、薬剤師国家試験に合格し、社会で活躍し始めました。

これからの社会が求める薬剤師は、薬の専門家に加えて、チーム医療の中で薬に責任をもつ医療従事者になっていくことが予想されます。医薬品は化学物質ですが、薬と向き合う薬剤師は化学物質の向こう側に、真のステークホルダーである病気に苦しむ患者がいることを十分に理解している豊かで温かい心を持っています。患者によりよく効く薬、今までの薬よりも安全に使える薬、今まで治療薬がなかった疾患に対する薬など、さまざまな薬が必要とされ、新しい薬が次々に世に出てきています。しかし、薬は、正しく、適正に使用しなければ、十分な有効性は発揮されず、望ましい安全性も確保されません。病院薬剤実習センターでは、病院での調剤業務などの経験者である各教員がそれぞれの研究テーマに基づき、最先端の研究を行い、5年生や6年生の卒業研究を指導しています。また、4年生でのOSCE前に、長期実務実習で必要とされる実技と心構えを習得するために、実際の病院や薬局と比べても孫色のない調剤室、DI室、TDM室、模擬病室での実習を指導しています。大学での実習と長期実務実習の現場での実習は、これからの薬剤師に求められる高度の技術と、チーム医療でのチーム内のコミュニケーション、患者とのコミュニケーションを身に付けた薬剤師の育成に役立っています。

臨床薬学教育研究センター長

小野 浩重