就実大学・就実短期大学

表現文化学科

薬学部長メッセージ

 

薬学部長から薬学を志す受験生の皆さんへ

 

就実大学 薬学部長

坪井 誠二

 

受験生の皆さん、将来、人のために尽くしたい、人から必要とされる仕事に就きたいと思ったことはありませんか。人の健康を守る医療に係わる仕事は、信頼と安心を与える素晴らしい職業です。その中でも、薬剤師は「くすり」という化学物質で病の人を治療する職業です。しかし、「くすり」は単なる化学物質ではありません。その開発や薬物治療において、その先には必ず患者さんの姿があることを忘れてはいけません。「くすり」は生体作用が強いので、使い方次第で有害な作用が現れることがあります。薬剤師が最も信頼される職業の一つになっているのは、医師と協働して適切な「くすり」を選択し、患者さんに安心して「くすり」を使えるように指導できるからです。そのような薬剤師になってみたいと思いませんか。本学薬学部では、患者さんに信頼され地域社会の健康と福祉に貢献できる薬剤師、医療の担い手となる高度な専門能力を持った薬剤師を育てるために、充実した学びの環境を整えています。

医療の現場では、調剤、服薬指導、薬歴管理、医薬品情報の収集などはもちろんのこと、薬剤師はチーム医療の一員として医師や看護師などの医療従事者と協力し、患者の症状に最適な薬物治療の処方(剤形、用量、用法など)を提案しています。また、高度医療に対応できる専門薬剤師(がん専門薬剤師、精神科専門薬剤師、感染制御認定薬剤師など)として、より質の高いオーダーメイドの薬物治療に貢献しています。さらに、高齢化社会で在宅医療や緩和医療が広がっており、薬の専門家という立場から健康状態や生活状況を確認し、病気や健康に関する身近な相談相手となるなど地域医療の担い手として活躍しています。このように、社会から求められる薬剤師の職能は年々拡大しています。

このような役割を担う薬剤師になるためには、基盤となる科学の基礎を学ぶことはもちろんですが、病気や薬に関する高度で専門的な知識、技能、態度を身に付け、さらに医療人としての「人間力」も高めなければなりません。就実大学薬学部では、充実した設備と経験豊富な教員陣で、6年一貫のきめ細かな医療薬学教育を実践、展開しています。特に、病院や薬局での長期実務実習により、医療スタッフと対等に議論するコミュニケーション能力や実践的な問題解決能力を身に付けた「考える力」を持つ医療人を育てています。そこから、これまでに医療人としての心構えを持った優れた薬剤師が育ち、病院や薬局だけでなく医薬品の研究開発や保健福祉行政などの医療関連の現場でも即戦力として活躍しています。

私たち教員一同、皆さんの将来の目標や夢が叶えられるように、最大限の努力をします。ぜひ、希望に燃えた多くの方が本学の扉をたたかれんことを願っています。