就実大学・就実短期大学

表現文化学科

実験動物飼育室

各種様式

 

実験動物搬入・飼育依頼書記入例

 

動物実験計画書記入例

 

動物実験報告書記入例

 

学外利用者申請書

 

実験動物施設利用登録申請書

 

平成28年度 就実大学薬学部動物実験に関する実績

 

実験計画書の承認件数   新規 3件,継続 8件

 

飼養動物種及び飼養数

 

動物種 飼養匹数
マウス 遺伝子組換え 0
上記以外 1373
ラット 遺伝子組換え 0
上記以外 593
その他 0

 

教育訓練実施件数(人数)   2件(119名)

実施日   平成28年4月12日   117名

 

      平成28年5月16日     2名

 

 

平成28年度自己点検評価(PDF)

 

平成28年度外部検証報告書(PDF)

 

平成28年度外部検証証明書(PDF)

 

 

※平成29年度実験動物施設運営委員会・実験動物委員会報告に基づき作成しています。

 

 


平成27年度 就実大学薬学部動物実験に関する実績

 

実験計画書の承認件数   新規 6件,継続 10件

 

飼養動物種及び飼養数

 

動物種 飼養匹数
マウス 遺伝子組換え 0
上記以外 1147
ラット 遺伝子組換え 0
上記以外 340
その他 0

 

教育訓練実施件数     3件(70名)

 

平成27年12月2日   8名

 

平成27年12月24日   41名

 

平成28年3月11日   21名

 

※平成28年度実験動物施設運営委員会報告に基づき作成しています。

 

平成28年度実験動物慰霊祭

平成28年6月14日(火)14時より、薬学部動物供養碑前において本年度の就実大学薬学部実験動物慰霊祭を開催しました。梅雨の合間の晴れ空のもと、教職員及び学生を合わせて143名が参列し、本学の教育・研究に供された実験動物に対する感謝と追悼の意を捧げました。

祭典は片岡洋行学長の挨拶の後、教職員代表より、教育・研究の発展が動物の犠牲の上に成り立っていることを再認識し、その動物たちの犠牲を無駄にしないように改めて感謝の念をもって教育・研究に従事することを誓う慰霊の言葉が述べられました。引き続き、参列者による献花が行われ、坪井誠二薬学部長からの閉式の辞をもって、厳粛のうちに終了しました。

 

献花の様子

動物供養碑

 

ページトップへ

平成26年度 就実大学薬学部動物実験に関する実績

 

実験計画書の承認件数   新規 4件,継続 11件

 

飼養動物種及び飼養数

 

動物種 飼養匹数
マウス 遺伝子組換え 0
上記以外 1546
ラット 遺伝子組換え 0
上記以外 258
その他 0

 

教育訓練実施件数     8件

 

※平成27年度実験動物施設運営委員会報告に基づき作成しています。

 

平成27年度実験動物慰霊祭

平成26年6月9日(火)14時から薬学部動物供養碑前において、本年度の就実大学薬学部実験動物慰霊祭を開催しました。梅雨の合間の曇り空のもと、教職員及び学生を合わせて144名が参列し、本学の教育・研究に供された実験動物に対する感謝と追悼の意を捧げました。

祭典は片岡洋行学長の挨拶の後、教職員代表より、教育・研究の発展が動物の犠牲の上に成り立っていることを再認識し、その動物たちの犠牲を無駄にしないように改めて感謝の念をもって教育・研究に従事することを誓う慰霊の言葉が述べられました。引き続き、参列者による献花が行われ、坪井誠二薬学部長からの閉式の辞をもって、厳粛のうちに終了しました。

 

献花の様子

動物供養碑

 

ページトップへ

平成25年度 就実大学薬学部動物実験に関する実績

 

実験計画書の承認件数   新規 4件,継続 11件

 

飼養動物種及び飼養数

 

動物種 飼養匹数
マウス 遺伝子組換え 0
上記以外 950
ラット 遺伝子組換え 0
上記以外 170
その他 0

 

教育訓練実施件数     7件

 

※平成26年度実験動物施設運営委員会報告に基づき作成しています。

 

平成26年度実験動物慰霊祭

平成26年6月10日(火)14時から薬学部動物供養碑前において、教職員及び学生を合わせて117名が参列する中、本年度の就実大学薬学部実験動物慰霊祭を開催しました。今年はやや曇り空ではありましたが、雨を心配することもなく開催することができました。

慰霊祭は、薬学部で教育・研究に供された実験動物に対する感謝と追悼の意を表すために、薬学部実験動物飼育施設開設翌年より毎年行っています。

祭典では、薬学部長ならびに教員代表より、教育・研究の発展が動物の犠牲の上に成り立っていることを再認識し、その動物たちの犠牲を無駄にしないように改めて感謝の念をもって教育・研究に従事することを誓う慰霊の言葉が述べられました。引き続き、参列者による献花が行われ、学長からの閉式の辞をもって、厳粛のうちに終了しました。

 

献花の様子

動物供養碑

 

ページトップへ

就実大学薬学部動物実験委員会規程

就実大学薬学部動物実験委員会委員構成

就実大学薬学部実験動物施設管理運営規定

就実大学薬学部動物実験指針

 

ページトップへ