就実大学・就実短期大学

privacypolicy

個人情報保護方針

学校法人就実学園における個人情報保護に関する基本方針

平成18年4月1日

 

学校法人就実学園(以下「学園」)は、個人の人格尊重の理念の下に個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報保護の基本方針を以下のように定め、個人情報保護の適切な取扱いに努めます。

 

1.個人情報保護に係る法令の遵守

学園は、「個人情報保護に関する法律」(平成15年法律第57号)(以下「個人情報保護法」)及び関係法令を遵守し、学園の取り扱う個人情報の保護に努めます。

 

2.個人情報利用目的の特定

学園は、学生・生徒等若しくはその保護者又は学園の教職員等から個人情報を取得する場合においては、その利用目的を具体的に特定します。利用目的を変更する場合は、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行いません。

 

3.個人情報の利用目的による制限

学園は、あらかじめ本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはしません。

 

4.個人情報の適正管理

学園は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止、その他の個人情報の安全管理のために、次により必要かつ適切な措置を講じます。

  • (1)組織的安全管理措置

    個人情報保護のための人員の配置、内部規定の整備とその運用が確実に行われるための監査体制の整備を行います。

  • (2)人的安全管理措置

    実際に個人情報を取り扱うこととなる教職員等を限定し、当該教職員等に対し個人情報の適切な管理を行うよう意識の啓発を図り、その取扱いに関する教育・研修を行います。

  • (3)技術的・物理的安全管理措置

    学内のコンピュータシステムへの外部からの不正な侵入を防止するためのシステム構築、第三者に容易に個人情報を識別されないために行う情報の暗号化及び個人情報を含む帳簿等の保管庫の設置など、個人情報の取扱いに関する安全措置を講じます。

 

5.適正な取得

学園は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得しません。

 

6.第三者提供の制限

学園は、個人情報保護法第23条第1項各号に定める場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しません。

 

7.委託先の監督

学園は、個人情報の取り扱いの全部又は一部を他に委託する場合、取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行います。

 

8.個人情報漏えいへの対策

学園は、個人情報の漏えいが生じた場合、本人に対して迅速に通知するとともに、安全管理上問題ないと考えられる範囲において公表し、類似事件の発生を予防し、合わせて学園の個人情報保護に対する信頼性の確保に努めます。

 

9.開示等の請求

学園は、個人情報保護法第25条その他関係法令に定める場合を除き、本人の請求に応じて、個人情報の利用目的の通知や保有個人情報の開示等の適切かつ速やかな対応に努めます。本人の請求に応じない場合も、その旨を遅滞なく通知し、理由を説明するよう努めます。

 

10.本人の利便を考慮した適切な措置

学園は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止、その他の個人情報の安全管理のために、次により必要かつ適切な措置を講じます。

  • (1)学園は、本人に対し、開示等の求めに関し、その対象となる保有個人データを特定するに足りる事項の提示を求めます。この場合において、学園 は、本人が容易かつ的確に開示等の求めをすることができるよう、当該保有個人データの特定に資する情報の提供その他本人の利便を考慮した適切な措置を講じ ます。
  • (2)学園は、個人情報の取扱いに係る受付窓口、受付方法、本人確認方法を周知し、手続きが円滑に行われるよう努めます。

 

11.苦情への対応

学園は、教育研究機関としての社会的責任を深く認識し、個人情報の取扱いにおいても、基本的人権を最大限尊重すべく、その取扱いに係る苦情の適切かつ迅速な処理に努めます。

 

12.個人情報保護規定の策定、維持、改善

学園は、上に定めた指針を実効あるものにするため、「個人情報保護規定」及び「個人情報保護管理要領」を定めるとともに、個人情報取扱台帳を整備し、個人情報保護の取組みの継続的な見直しを行うことにより、その改善に努めます。